DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(9.28) 結果

7位NC8連敗から脱出

 

トゥサン 1-5 KT (水原)

(勝)ソ・ヒョンジュン 5勝6敗  (敗)パク・チョンギ 2敗

 KTは1回裏にトゥサンの先発パク・チョンギから5番ホイングと7番ホ・ドファンのタイムリーで4点を先制した。トゥサンは2回表にKTの先発ソ・ヒョンジュンから相手のエラーの間に1点を返した。KTの2番手パク・シヨンは6回表を無失点に抑えた。KTは6回裏にトゥサンの2番手キム・ミンギュからホ・ドファンのタイムリーで1点を追加した。KTの3番手イ・デウン(元千葉ロッテ)は7回表を無失点に抑えた。

 トゥサンの3番手の高卒新人チェ・スンヨンは7回裏に追加点を与えなかった。KTの4番手チョ・ヒョヌは8回表を無失点に抑えた。トゥサンの4番手クォン・ヒィは8回裏に追加点を与えなかった。KTの5番手キム・ジェユンは9回表を無失点に抑え首位KTが勝利した。5回を1失点に抑えたソ・ヒョンジュンは5勝目。KT打線ではホ・ドファンが3打点と活躍。4位トゥサンでは先発パク・チョンギが5回4失点で降板し打線がつながらなかった。

 

 

SSG 7-2 サムソン (大邱

(勝)チョ・ヨンウ 3勝7敗1S  (敗)ノ・ソンホ 2敗

本塁打) SSG : チェ・ジョン 28号、ナム・テヒョク 1号  サムソン : オ・ジェイル 22号 

 サムソンは1回裏にSSGの先発チョ・ヨンウから3番オ・ジェイルの本塁打で1点を先制した。SSGは5回表にサムソンの先発の高卒新人イ・ジェヒィから8番イ・ジェウォンのタイムリーで1-1の同点に追いつき、6回表にサムソンの2番手ノ・ソンホから3番チェ・ジョンと6番ナム・テヒョクの本塁打で4点を勝ち越し逆転した。SSGの2番手キム・テフンは6回裏を無失点に抑えた。サムソンの3番手ムン・ヨンイクは7回表まで追加点を与えなかった。SSGの3番手ソ・ジニョンは7回裏を無失点に抑えた。

 サムソンの4番手イ・サンミンは8回表に追加点を与えなかった。SSGの4番手パク・ミンホは8回裏を無失点に抑えた。SSGは9回表にサムソンの5番手イ・ジェイクから代打キム・ガンミンのタイムリーなどで2点を追加した。サムソンは9回裏にSSGの5番手の大卒新人チャン・ジフンからオ・ジェイルのタイムリーで1点を返したが、6位SSGが勝利した。5回を1失点に抑えたチョ・ヨンウは3勝目。SSG打線ではナム・テヒョクが3安打1本塁打2打点と活躍。2位サムソンでは打線がつながらなかった。

 

 

ロッテ 2-5 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・ユンシク 6勝4敗  (セーブ)コ・ウソク 1勝3敗27S  (敗)キム・ドギュ 1勝1敗

 LGは1回裏にロッテの先発イ・スンホンから4番チェ・ウンソンのタイムリー、相手のボークで2点を先制した。ロッテはは4回表にLGの先発ぺ・ジェジュンから相手のエラーで1点を返し、5回表にLGの2番手キム・ユンシクから6番アン・チホンのタイムリーで2-2の同点に追いついた。LGは6回裏にロッテの2番手キム・ドギュから代打の高卒新人イ・ヨンビンと8番ユ・ガンナムのタイムリーなどで3点を勝ち越した。LGの3番手キム・デユと4番手イ・ジョンヨンは8回表を無失点に抑えた。

 ロッテの3番手の高卒新人キム・ジヌクと4番手キム・デウは7回裏まで追加点を与えなかった。LGの5番手チョン・ウヨンは8回表を無失点に抑えた。ロッテの5番手チン・ミョンホは8回裏に追加点を与えなかった。LGの6番手コ・ウソクは9回表を無失点に抑え、3位LGが勝利し引き分け1つを挟み3連勝となった。キム・ユンシクは6勝目。LG打線ではユ・ガンナムが3安打1打点と活躍。8位ロッテでは打線がつながらなかった。

 

 

キウム 1-1 ハンファ  (大田)

本塁打) キウム : パク・ピョンホ 17号  ハンファ : ペク・ヨンファン 4号

 キウムは2回表にハンファの先発カーペンターから4番パク・ピョンホの本塁打で1点を先制した。キウムの先発ヨキシュは6回裏まで無失点に抑えた。ハンファの2番手ユン・ホソルは7回表に追加点を与えなかった。ハンファは7回裏にキウムの2番手の大卒新人キム・ソンジンから7番ペク・ヨンファンの本塁打で1-1の同点に追いついた。

 ハンファの3番手チュ・ヒョンサンと4番手キム・ジョンスは8回表を無失点に抑えた。キウムの4番手キム・ジェウンは8回裏を無失点に抑えた。ハンファの5番手オ・ドンウクと6番手チョン・ウラムは9回表を無失点に抑えた。キウムの5番手キム・テフンは9回裏を無失点に抑え、試合は9回を終えても同点だったが規定により引き分けとなった。

 

 

キア 9-10 NC  (昌原)

(勝)キム・ジンソン 2勝2敗1S  (セーブ)イ・ヨンチャン 3敗8S  (敗)パク・チンテ 3勝3敗

本塁打) NC : チョン・ミンス 3号、カン・ジンソン 6号

 NCは1回裏にキアの先発イム・ギヨンから6番ノ・ジンヒョクのタイムリーで2点を先制し、4回裏に2番チョン・ミンス本塁打などで4点を追加した。キアは5回表にNCの先発ソン・ミョンギから2番キム・ソンビンのタイムリー、4番タッカーの犠牲フライで4点を返すと、代わったNCの2番手キム・ジンソンから7番キム・ミンシクの2点タイムリーで6-6の同点に追いついた。NCは5回裏にキアの2番手パク・チンテから7番カン・ジンソンの満塁本塁打で4点を勝ち越した。キアの3番手キム・ヒョンスは追加点を与えなかった。

 NCの3番手キム・ヨンギュは6回表途中から登板し無失点に抑えた。キアは7回表にNCの4番手ウォン・ジョンヒョンから代打ユ・ミンサンの内野ゴロの間に1点を返し、4番手キム・ヒョンジュンは7回裏まで追加点を与えなかった。キアは8回表にNCの5番手リュ・ジヌクからタッカーと6番キム・テジンのタイムリーで2点を返した。キアの5番手イ・ジュニョンは8回裏に追加点を与えなかった。NCの6番手イ・ヨンチャンは9回表を無失点に抑え、7位NCが勝利し8連敗から脱出した。9位キアは6点差を追いつくも勝ち越せなかった。キア打線ではキム・ソンビンが3安打3打点、キム・テジンが4安打1打点と活躍。

 

f:id:takefumif:20210929035447j:plain

カン・ジンソンの満塁本塁打でNCは8連敗から脱出 https://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202109280100194760012790&servicedate=20210928

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(9月28日時点)

            試合   勝   敗   分  勝率

1.KT     117  68  44  5     .607

2.サムソン   122  64  50  8  .561

3.LG     114  61  48  5  .560

4.トゥサン   115  57  53  5  .518

5.キウム    121  59  57  5  .509

6.SSG    121  56  56  9  .500

7.NC     115  54  57  4  .486

8.ロッテ       119    53     62    4     .461

9.キア        114    44     64       6     .407

10.ハンファ     122    44        69     9     .389

 

 (文責 : ふるりん