DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

WBSC U-23ワールドカップ、オランダ代表戦で大会初勝利

 メキシコで開催中の2021 WBSC U-23ワールドカップに出場中の野球韓国代表は現地時間9月24日(韓国時間9月25日)、オープニングラウンドグループB第2戦でオランダ代表と対戦した。7イニング制の今大会の野球韓国代表はプロ野球の選手と大学生、高校生の混成チームである。

 韓国代表の先発チョ・ウン(ハンファイーグルス)は1回表に1点を先制されると、代わった韓国代表の2番手イム・ジュンヒョン(LGツインス)は味方のエラーで2点を追加された。韓国代表は2回表に1点を奪われ、4回表に韓国代表の3番手キム・インボム(キウムヒーローズ)がピンチを招くと代わった韓国代表の4番手ユン・テヒョン(仁川高・2022年新人1次ドラフトでSSGランダースより指名)は2点を追加された。韓国代表は4回裏にカン・ドンヒョン(慶星大・2022年新人2次ドラフトでトゥサンベアースより指名)のタイムリーや相手の暴投で2点を返した。

 韓国代表の5番手チョ・ウォンテ(善隣インターネット高・2022年新人2次ドラフトでLGツインスより指名)は6回表に1点を追加された。韓国代表は7回裏にキム・ドンヒョク(江陵嶺東大・2022年新人2次ドラフトロッテジャイアンツより指名)とイム・ジョンチャン(ハンファイーグルス)のタイムリー、コ・ミョンジュン(SSGランダース)の犠牲フライで7-7の同点に追いついた。韓国代表の6番手イ・ジュンホ(成均館大)と7番手キム・ゴヌ(SSGランダース)はタイブレーク方式の延長8回表まで無失点に抑えた。

 韓国代表は8回裏にキム・ドヨン(光州東城高・2022年新人1次ドラフトでキアタイガーズから指名)の内野ゴロの間に8-7で逆転サヨナラ勝ちし、大会初勝利をあげた。通算成績を1勝1敗とした韓国代表は現地時間9月25日(韓国時間9月26日)、オープニングラウンドB第3戦でパナマ代表と対戦する。

 

(文責 : ふるりん)