DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(9.23) 結果

4位トゥサン6連勝  キウム6連敗から脱出、5位に浮上

 

ハンファ 1-3 KT (水原)

(勝)ペ・ジェソン 9勝6敗  (セーブ)キム・ジェユン 4勝3敗28S   (敗)ファン・ヨングク 1敗

 ハンファの先発ナム・ジミンは3回裏まで無失点に抑えた。ハンファの2番手ユン・デギョンは5回裏まで無失点に抑えた。KTの先発ペ・ジェソンは6回表まで無失点に抑えた。KTは6回裏にハンファの3番手ファン・ヨングクと4番手キム・ジョンスからチャンスを作ると、代わったハンファの5番手キム・ボムスから5班ホイングの内野ゴロ、相手のエラーの間に2点を先制した。KTの2番手パク・シヨンは7回表を無失点に抑えた。

 KTは7回裏にハンファの6番手ソン・ユンジュンからチャンスを作り、代わったハンファの7番手オ・ドンウクから2番ファン・ジェギュンのタイムリーで1点を追加した。ハンファの8番手キム・ギタクは追加点を与えなかった。KTの3番手チュ・グォンは8回表を無失点に抑えた。ハンファの9番手チョン・ウラムは8回裏に追加点を与えなかった。ハンファは9回表にKTの4番手キム・ジェユンから7番チャン・ウンホのタイムリーで1点を返したが、首位KTが勝利した。ペ・ジェソンは9勝目。最下位ハンファは必死の継投も実を結ばなかった。

 

 

サムソン 7-4 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)ペク・チョンヒョン 13勝4敗  (セーブ)オ・スンファン 2敗34S  (敗)イ・ミンホ 7勝8敗

本塁打) サムソン : カン・ミンホ 16号、オ・ジェイル 21号、イ・ウォンソク 9号

 サムソンは2回表にLGの先発イ・ミンホから4番カン・ミンホの本塁打で1点を先制し、4回表にカン・ミンホのタイムリー、5番オ・ジェイルと7番イ・ウォンソクの本塁打で4点を追加した。LGは4回裏にサムソンの先発ペク・チョンヒョンから5番イ・ジェウォンと6番キム・ミンソンのタイムリーで2点を返した。サムソンは6回表に相手の暴投で1点を追加した。サムソンは7回表にLGの2番手チェ・ソンフンからチャンスを作り、代わったLGの3番手ペク・スンヒョンからオ・ジェイルのタイムリーで1点を追加した。サムソンの2番手ウ・ギュミンは7回裏途中から登板した。

 サムソンの3番手の高卒新人イ・スンヒョン(背番号54)は8回裏を無失点に抑えた。LGの4番手チェ・ジソンは9回表に追加点を与えなかった。LGは9回裏にサムソンの4番手シム・チャンミンから相手のエラー、代わったサムソンの5番手オ・スンファン(元阪神)から代打ムン・ボギョンのタイムリーで計2点を返したが、2位サムソンが勝利した。7回途中まで2失点に抑えたペク・チョンヒョンは最多勝争いトップタイの13勝目。サムソン打線ではカン・ミンホが3安打1本塁打2打点、オ・ジェイルが1本塁打3打点と活躍。3位サムソンでは先発イ・ミンホが6回6失点で降板した。

 

 

トゥサン 3-1 キア  (光州)

(勝)クァク・ピン 3勝6敗  (セーブ)キム・ガンニュル 2勝15S  (敗)ハン・スンヒョク 3敗

 トゥサンは5回表にキアの先発ハン・スンヒョクから相手のエラーで1点を先制した。キアの2番手パク・チンテは6回表に追加点を与えなかった。トゥサンの先発クァク・ピンは6回裏途中まで無失点に抑え、2番手イ・ヒョンスンに交代した。トゥサンは7回表にキアの3番手イ・ジュニョンからチャンスを作ると、代わったキアの4番手ホン・サンサムから5番ヤン・ソックァンへの押し出しの死球で1点を追加した。トゥサンは8回表にキアの5番手ソ・ドグォンから1番チョン・スビンの犠牲フライで1点を追加した。

 トゥサンの3番手ホン・ゴンヒィは8回裏まで無失点に抑えた。キアの6番手の大卒新人パク・コヌは9回表に追加点を与えなかった。キアは9回裏にトゥサンの4番手キム・ガンニュルから6番キム・テジンのタイムリーで1点を返したが、4位トゥサンが勝利し引き分け2つを挟んで6連勝となった。クァク・ピンは3勝目。9位キアでは先発ハン・スンヒョクが5回1失点で降板し打線がつながらなかった。

 

 

NC 1-4 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)アン・ウジン 4勝7敗  (セーブ)キム・テフン 3勝2敗8S  (敗)イ・ジェハク 4勝6敗

 キウムは3回裏に頭部への死球で退場となったNCの先発イ・ジェハクから代わったNCの2番手キム・ヨンギュから2番キム・ヘェソンのタイムリー、相手のエラーで2点を先制した。NCの3番手ムン・ギョンチャンは5回裏まで追加点を与えなかった。NCは6回表にキウムの先発アン・ウジンから1番チョン・ミンスのタイムリーで1点を返した。キウムの2番手キム・ジェウンは無失点に抑えた。キウムは6回裏にNCの4番手イム・ジョンホから5番ソン・ソンムンのタイムリー、代わったNCの5番手リュ・ジヌクから6番パク・ピョンホのタイムリーで計2点を追加した。

 キウムの3番手の大卒新人キム・ソンジンは7回表を無失点に抑えた。NCの6番手ウォン・ジョンヒョンは7回裏途中から登板し追加点を与えなかった。キウムの4番手イ・スンホは8回表を無失点に抑えた。NCの7番手ホン・ソンミンと8番イ・ヨンチャンは8回裏に追加点を与えなかった。キウムの5番手キム・テフンは9回表を無失点に抑え、キウムが勝利し引き分け1つを挟んでの6連敗から脱出し単独5位に浮上した。6回途中まで1失点に抑えたアン・ウジンは4勝目。先発イ・ジェハクが3回途中2失点で降板したNCは5連敗で7位に後退。NC打線ではチョン・ミンスが3安打1打点と活躍。

f:id:takefumif:20210924011634j:plain

アン・ウジン(キウム)は4勝目 https://www.joongang.co.kr/article/25009162

 

 

ロッテ 8-9 SSG  (仁川)

(勝)キム・テッキョン 5勝3S  (敗)キム・ウォンジュン 3勝4敗27S

本塁打) ロッテ : チョン・フン 13号  SSG : チュ・シンス 17,18号

 ロッテは1回表にSSGの先発オ・ウォンソクから3番チョン・ジュヌと5番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)のタイムリーで3点を先制した。SSGは1回裏にロッテの先発パク・セウンから1番チュ・シンス先頭打者本塁打、4番チェ・ジュファンと8番イ・ジェウォンのタイムリーなどで4-3と逆転した。ロッテは2回表に4番チョン・フンのタイムリーで4-4の同点に追いつき、4回表にSSGの2番手ソ・ドンミンからチョン・フンの本塁打で5-4と逆転した。SSGは4回裏にチュ・シンスのこの試合2本目の本塁打で7-5と逆転すると、代わったロッテの2番手ナ・ギュナンから6番キム・ソンヒョンのタイムリーで1点を追加した。SSGの3番手の大卒新人チャン・ジフンは6回表まで無失点に抑えた。

 ロッテは7回表にSSGの4番手パク・ミンホから8番アン・ジュンヨル、2番ソン・アソプ、チョン・ジュヌのタイムリーで8-8の同点に追いつき、3番手ク・スンミンは7回裏を無失点に抑えた。SSGの5番手ソ・ジニョンは8回表、ロッテの4番手チェ・ジュニョンは8回裏、SSGの6番手キム・テッキョンは9回表を無失点に抑えた。SSGは9回裏にロッテの5番手キム・ウォンジュンからイ・ジェウォンのタイムリーでサヨナラ勝ちし6位に浮上した。SSG打線ではチュ・シンスが4安打2本塁打4打点、イ・ジェウォンが3安打2打点と活躍。8位ロッテはいったん同点に追いつくも勝ちきれなかった。ロッテ打線ではチョン・ジュヌが3安打2打点と活躍。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(9月23日時点)

            試合   勝   敗   分  勝率

1.KT     113  67  42  4     .615

2.サムソン   118  62  48  8  .564

3.LG     110  58  48  4  .547

4.トゥサン   111  55  51  5  .519

5.キウム    117  57  56  4  .504

6.SSG    116  54  54  8  .500

7.NC     111  53  54  4  .495

8.ロッテ       114    52     59    3      468

9.キア        110    42     62       6     .404

10.ハンファ     118     42       68    8     .382

 

 (文責 : ふるりん