DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(9.21) 結果

首位KT、2位サムソン3連勝  トゥサン4連勝で4位浮上

 

KT 11-5 キア (光州)

(勝)クエバス 8勝4敗  (敗)パク・チュンピョ 2勝4敗

本塁打) KT : ホイング 7号  キア : チェ・ヒョンウ 11号

 キアは1回裏にKTの先発クエバスから3番チェ・ヒョンウの2試合連続本塁打、7番キム・テジンのタイムリーで4点を先制した。KTは2回表にキアの先発キム・ヒョンスから1番チョ・ヨンホと3番カン・ベッコのタイムリーで4-4の同点に追いついた。キアは2回裏に2番キム・ソンビンの犠牲フライで1点を勝ち越した。KTは3回表にキアの2番手パク・チュンピョから7番チョン・ソンホ、9番シム・ウジュンのタイムリー、2番ファン・ジェギュンの犠牲フライで8-5と逆転した。KTは4回表にキアの3番手イ・ミヌから5番ホイングの本塁打で1点を追加した。

 KTは7回表にチョ・ヨンホのタイムリーなどで2点を追加した。キアの4番手コ・ヨンチャンは8回表に追加点を与えなかった。KTの2番手イ・チャンジェは8回裏を無失点に抑えた。キアの5番手キム・ヒョンジュンは9回表に追加点を与えなかった。KTの5番手シム・ジェミンは9回裏を無失点に抑え、首位KTが勝利し3連勝となった。7回を5失点に抑えたクエバスは8勝目。KT打線ではチョン・ソンホが3安打1打点と活躍。9位キアは序盤での失点が響いた。

f:id:takefumif:20210921213922p:plain

エバス(KT)は7回5失点も8勝目 http://isplus.live.joins.com/news/article/article.asp?total_id=24145582



 

サムソン 11-9 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)チェ・チェフン 4勝7敗  (セーブ)オ・スンファン 2敗33S  (敗)フランコ 9勝6敗

本塁打) サムソン : ク・ジャウク 19号、キム・ドンヨプ 3号  ロッテ : ハン・ドンヒィ 13号

 サムソンは1回表にロッテの先発フランコから3番ク・ジャウクの本塁打、6番イ・ウォンソクのタイムリーで2点を先制し、3回表に5番キム・ドンヨプのタイムリーで1点を追加した。ロッテは3回裏にサムソンの先発チェ・チェフンから2番ソン・アソプのタイムリーで2点を返すと、3番チョン・ジュヌの内野ゴロの間に3-3の同点に追いついた。サムソンは5回表にフランコからキム・ドンヨプの本塁打で2点を勝ち越すと、代わったロッテの2番手キム・ドギュから2番ピレラ(元広島)のタイムリーで3点を追加した。

 ロッテは5回裏に4番アン・チホンのタイムリーで1点を返し、3番手イ・ガンジュンは6回表まで追加点を与えなかった。ロッテは7回裏にサムソンの2番手ウ・ギュミンからチョン・ジュヌのタイムリーで1点を返した。サムソンの3番手シム・チャンミンは無失点に抑えた。サムソンは8回表にロッテの4番手ナ・ギュナンからキム・ドンヨプと6番カン・ハヌルのタイムリーで3点を追加した。ロッテは8回裏にサムソンの4番手ムン・ヨンイクから9番マチャドとソン・アソプのタイムリーなどで3点を返し、5番手チョン・ソンジョンは9回表まで追加点を与えなかった。

 ロッテは9回裏にサムソンの5番手オ・スンファン(元阪神)から7番ハン・ドンヒィの本塁打で1点を返したが、2位サムソンが勝利し3連勝となった。7回途中まで4失点に抑えたチェ・チェフンは4勝目。サムソン打線ではキム・ドンヨプが4安打1本塁打4打点と活躍。8位ロッテでは先発フランコが5回途中6失点で降板した。ロッテ打線ではソン・アソプが3安打3打点、チョン・ジュヌが4安打2打点、1番シン・ヨンスが3安打と活躍。

 

 

LG 6-15 ハンファ  (大田)

(勝)キム・ミヌ 11勝8敗  (敗)ケリー 10勝6敗

本塁打) LG : ユ・ガンナム 8号  ハンファ : チェ・ジェフン 6号

 LGは1回表にハンファの先発キム・ミヌから4番チェ・ウンソンの犠牲フライで1点を先制し、4回表に9番ユ・ガンナムのタイムリーで2点を追加した。ハンファは4回裏にLGの先発ケリーから6番ノ・シファンと8番チャン・ウンホのタイムリーで3-3の同点に追いついた。ハンファは5回裏にノ・シファンと7番イ・ソンゴンのタイムリーなどで3点を勝ち越し逆転した。ハンファの2番手ファン・ヨングクは6回表途中から登板した。ハンファは6回裏にLGの2番手ハム・トクチュから2番チェ・ジェフンの本塁打で1点を追加した。

 LGは7回表にハンファの3番手キム・ジョンスからユ・ガンナムの本塁打で1点を返した。ハンファの4番手キム・ボムスと5番手カン・ジェミンは無失点に抑えた。ハンファは7回裏にLGの3番手リュ・ウォンソクからチャンスを作ると、代わったLGの4番手オ・ソクチュからイ・ソンゴン、9番イ・ウォンソクのタイムリー、チェ・ジェフンへの押し出しの四球、3番ハ・ジュソクのタイムリー、さらに代わったLGの5番手イ・サンヨンから相手の暴投、5番ぺレスのタイムリーで計8点を追加した。ハンファの6番手オ・ドンウクは8回表を無失点に抑えた。

 LGは9回表にハンファの7番手イム・ジュンソプから途中出場の3番イ・サンホのタイムリーで2点を返したが、代わったハンファの8番手チャン・ミンジェは無失点に抑え最下位ハンファが勝利した。6回途中まで3失点に抑えたキム・ミヌは11勝目。ハンファ打線ではノ・シファンが3打点、ハ・ジュソクが3安打2打点、1番チョン・ウヌォンが3安打と活躍。3位LGでは先発ケリーが5回6失点で降板した。

 

 

NC 2-12 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)チェ・ウォンジュン 10勝2敗  (敗)シン・ミンヒョク 7勝6敗

本塁打) NC : ノ・ジンヒョク 8号  トゥサン : パク・コヌ 4号、フェルナンデス 14号

 トゥサンは1回裏にNCの先発シン・ミンヒョクから4番キム・ジェファン、6番パク・セヒョク、7番ホ・ギョンミンのタイムリーで3点を先制した。トゥサンは2回裏に1番チョン・スビンのタイムリー、3番パク・コヌの本塁打、パク・セヒョクとホ・ギョンミンのタイムリーで5点を追加した。NCは4回表にトゥサンの先発チェ・ウォンジュンから6番ノ・ジンヒョクの本塁打で2点を返した。トゥサンは4回裏にNCの2番手ペ・ミンソから相手のエラーで1点、5回裏に2番フェルナンデスの本塁打で1点を追加した。NCの3番手ムン・ギョンチャンは6回裏に追加点を与えなかった。トゥサンの2番手の高卒新人チェ・スンヨンは7回表を無失点に抑えた。

 NCの4番手ソン・ジョンウクは7回裏に追加点を与えなかった。トゥサンの3番手イ・スンジンと4番手キム・ミョンシンは8回表を無失点に抑えた。トゥサンは8回裏にNCの5番手アン・インサンから8番パク・ケェボムのタイムリー、途中出場の2番チョン・ミンジェの2018年10月以来の打点となる犠牲フライで2点を追加した。トゥサンの5番手キム・ミンギュは9回表を無失点に抑え、トゥサンが勝利し引き分け2つを挟んでの4連勝で4位に浮上した。6回を2失点に抑えたチェ・ウォンジュンは2年連続のシーズン10勝を達成。トゥサン打線ではフェルナンデスが4安打1本塁打1打点、キム・ジェファンが3安打1打点と活躍。先発シン・ミンヒョクが3回8失点で降板したNCは3連敗で5位に後退。

 

 

キウム 10-13 SSG   (仁川)

(勝)ガビグリオ 3勝3敗  (敗)チョン・チャンホン 7勝4敗

本塁打) キウム : クレイグ 2,3号

 キウムは1回表にSSGの先発ガビグリオから4番ソン・ソンムンのタイムリーで1点を先制した。SSGは1回裏にキウムの先発チョン・チャンホンから3番チェ・ジュファンの内野ゴロの間に1-1の同点に追いつき、2回裏に1番チュ・シンスのタイムリーで2-1と逆転した。キウムは3回表にソン・ソンムンのタイムリーで2-2の同点に追いついた。SSGは4回裏に2番イ・ジョンボムとチェ・ジュファンのタイムリーで2点を勝ち越した。SSGは5回裏にキウムの2番手ヤン・ヒョンから9番チェ・ジフンとイ・ジョンボムのタイムリー、4番チェ・ジョンの犠牲フライ、5番ハン・ユソムのタイムリー、代わったキウムの3番手の高卒新人キム・ジュンヒョンから7番キム・ソンヒョンのタイムリーで計7点を追加した。

 キウムは6回表に6番クレイグの本塁打で3点を返した。SSGは6回裏にチェ・ジュファンの内野ゴロの間に1点を追加し、2番手キム・テフンは7回表を無失点に抑えた。キウムは8回表にSSGの3番手キム・サンスからクレイグの2打席連続本塁打で1点を返した。SSGは8回裏にキウムの4番手ユン・ジョンヒョンから途中出場の5番キム・ガンミンのタイムリーで1点を追加した。キウムは9回表にSSGの4番手シン・ジェヨンから3番イ・ジョンフとソン・ソンムンのタイムリー、代わったSSGの5番手ソ・ジニョンから5番パク・トンウォンのタイムリーで計4点を返したが、7位SSGが勝利した。

 6回を5失点に抑えたガビグリオは3勝目。先発全員安打となる20安打を記録したSSG打線ではチェ・ジフンが4安打2打点、イ・ジョンボムが3安打2打点、チェ・ジョンが3安打1打点、チェ・ジュファンが3打点と活躍。先発チョン・チャンホンが4回4失点で降板した6位キウムは引き分け1つを挟んで6連敗。キウム打線ではソン・ソンムンが3安打3打点、クレイグが2本塁打4打点と活躍。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(9月21日時点)

            試合   勝   敗   分  勝率

1.KT     111  66  41  4     .617

2.サムソン   116  61  47  8  .565

3.LG     108  57  47  4  .548

4.トゥサン   109  53  51  5  .510

5.NC     109  53  52  4  .505

6.キウム    115  56  56  3  .500

7.SSG    114  53  54  7  .495

8.ロッテ       112    51     58    3      468

9.キア        108    41     61       6     .402

10.ハンファ      116    42     66    8     .389

 

 (文責 : ふるりん