DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(9.5) 結果

首位KT3連勝

 

KT 11-0 LG   (ソウル・蚕室)

(勝)ペ・ジェソン 8勝5敗  (敗)キム・ユンシク 4勝4敗

 KTは3回表にLGの先発キム・ユンシクから相手のエラー、2番ファン・ジェギュンのタイムリー、5番ムン・サンチョルへの押し出しの四球、6番パク・キョンスのタイムリーで6点を先制しキム・ユンシクをノックアウトした。さらにこの回代わったLGの2番手チン・ヘスから9番シム・ウジュンのタイムリー、1番チョ・ヨンホの犠牲フライで2点を追加した。KTは4回表にLGの3番手イム・ジュンヒョンから7番ホイングと8番ホ・ドファンのタイムリーで3点を追加した。KTの先発ぺ・ジェソンは5回裏まで無失点に抑えた。

 KTの2番手チョ・ヒョヌは6回裏、3番手アン・ヨンミョンは7回裏、4番手シム・ジェミンは8回裏を無失点に抑えた。LGの4番手コ・ウソクは9回表途中から追加点を与えなかった。KTの5番手イ・チャンジェは9回裏を無失点に抑え、首位KTが勝利し3連勝となった。ペ・ジェソンは8勝目。KT打線では3番カン・ベッコが3安打と活躍。先発キム・ユンシクが3回途中7失点で降板し打線が沈黙した2位LGは3連敗。

 

 

トゥサン 6-5 サムソン  (大邱

(勝)ホン・ゴンヒィ 4勝4敗2S  (セーブ)キム・ガンニュル 2勝13S  (敗)イ・サンミン 1敗

本塁打) トゥサン : ヤン・ソックァン 22,23号  サムソン : パク・ヘミン 5号

 トゥサンは1回表にサムソンの先発ペク・チョンヒョンから4番キム・ジェファンのタイムリー、5番ヤン・ソックァンの2試合連続本塁打で3点を先制した。サムソンは1回裏にトゥサンの先発キム・ミンギュから1番の先頭打者パク・ヘミンの本塁打で1点を返した。サムソンは2回裏に7番キム・ホンゴンのタイムリー、パク・ヘミンの犠牲フライで3-3の同点に追いつくと、代わったトゥサンの2番手パク・チョンギから3番ピレラ(元広島)への押し出しの死球で4-3と逆転した。トゥサンは3回表にヤン・ソックァンの2打席連続本塁打で5-4と逆転した。トゥサンの3番手クォン・ヒィは6回裏まで無失点に抑えた。

 サムソンの2番手ムン・ヨンイクは7回表途中まで追加点を与えなかった。サムソンは7回裏にトゥサンの4番手ホン・ゴンヒィからキム・ホンゴンのタイムリーで5-5の同点に追いついた。トゥサンは8回表にサムソンの3番手イ・サンミンからチャンスを作ると、代わったサムソンの4番手ウ・ギュミンから6番パク・ケェボムの犠牲フライで6-5と勝ち越した。トゥサンの5番手イ・ヒョンスンは8回裏途中から登板した。サムソンの5番手の高卒新人イ・スンヒョン(背番号54)と6番手オ・スンファン(元阪神)は9回表まで追加点を与えなかった。

 トゥサンの6番手キム・ガンニュルは9回裏まで無失点に抑え、トゥサンが勝利し4連敗から脱出、単独7位に浮上した。トゥサン打線ではヤン・ソックァンが3安打2本塁打4打点と活躍。3位サムソンは連勝が5で止まった。

f:id:takefumif:20210905203930j:plain

ヤン・ソックァン(トゥサン)は2打席連続本塁打で4打点の活躍 https://www.yna.co.kr/view/AKR20210905038851007?input=1195m

 

 

SSG 8-10 キウム   (ソウル・高尺)

(勝)チョ・サンウ 5勝4敗14S  (セーブ)キム・テフン 3勝2敗5S  (敗)キム・テフン 2勝4敗1S

本塁打) キウム : クレイグ 1号

 キウムは1回裏にSSGの先発の高卒新人キム・ゴヌから2番の新外国人クレイグの韓国初本塁打で2点を先制した。SSGは2回表にキウムの先発キム・ソンギから8番イ・ジェウォンの併殺打の間に1点を返した。キウムは3回裏にSSGの2番手パク・ミンホから3番ソン・ソンムンのタイムリーで2点を追加した。SSGは5回表にキウムの2番手キム・ソンミンから1番チュ・シンスと代打キム・ガンミンへの連続の押し出しの四球で2点を返し、代わったキウムの3番手キム・ジェウンから3番チェ・ジョンの犠牲フライで4-4の同点に追いついた。

 SSGは5回表にキウムの4番手イ・スンホから9番チェ・ジフンのタイムリー、4番チェ・ジュファンへの押し出しの四球、相手のエラーで4点を勝ち越した。キウムの5番手キム・インボムは7回表まで追加点を与えなかった。キウムは7回裏にSSGの4番手の大卒新人チャン・ジフンからチャンスを作ると、代わったSSGの5番手キム・テッキョンから1番イ・ヨンギュの犠牲フライ、クレイグのタイムリーで3点を返した。キウムの6番手チョ・サンウは8回表に追加点を与えなかった。キウムは8回裏にSSGの6番手キム・テフンから途中出場の9番ホ・ジョンヒョプのタイムリーで8-8の同点に追いつくと、代わったSSGの7番手ソ・ジニョンからイ・ヨンギュとクレイグのタイムリーで2点を勝ち越し逆転した。

 キウムの7番手キム・テフンは9回表を無失点に抑え、キウムが勝利し4位に浮上した。キウム打線ではクレイグが3安打1本塁打5打点と活躍。最大4点差を守り切れなかったSSGは6位に後退。SSG打線では7番チェ・ハンが3安打と活躍。

 

 

ロッテ 3-9 NC   (昌原)

(勝)リュ・ジヌク 1勝1S  (敗)ストレイリー 6勝10敗

本塁打) ロッテ : ハン・ドンヒィ 11号、アン・チホン 7号  NC : ナ・ソンボム 24号

 NCは1回裏にロッテの先発ストレイリーから5番アルテールのタイムリーで1点を先制し、2回裏に1番キム・ギファンのタイムリーで1点を追加した。NCの先発ぺ・ミンソは3回表途中まで無失点に抑えた。NCは4回裏に8番パク・テオンのタイムリー、9番キム・ジュウォンの犠牲フライ、キム・ギファンのタイムリーで3点を追加しストレイリーをノックアウトすると、代わったロッテの2番手ノ・ギョンウンから2番チェ・ジョンウォンのタイムリー、3番ナ・ソンボムの2試合連続本塁打でさらに3点を追加した。NCの2番手リュ・ジヌクは5回表まで無失点に抑えた。ロッテの3番手キム・デウは5回裏に追加点を与えなかった。

 ロッテは6回表にNCの3番手ウォン・ジョンヒョンから6番アン・チホンのタイムリーで1点を返した。NCは6回裏にロッテの4番手イ・インボクからナ・ソンボムの内野ゴロの間に1点を追加し、4番手キム・ヨンギュは7回表を無失点に抑えた。ロッテの5番手ナ・ウォンタクは7回裏に追加点を与えなかった。ロッテは8回表にNCの5番手ホン・ソンミンからアン・チホンと7番ハン・ドンヒィの2者連続本塁打で2点を返した。ロッテの6番手チョン・ソンジョンと7番パク・チンヒョンは8回裏に追加点を与えなかった。

 NCの6番手イ・ヨンチャンは9回表を無失点に抑え、NCが勝利し5位に浮上した。リュ・ジヌクはプロ7年目にして初勝利。NC打線ではナ・ソンボムが1本塁打3打点、チェ・ジョンウォンが3安打1打点と活躍。先発ストレイリーが4回途中6失点で降板したロッテは連勝が3で止まり8位に後退した。

 

 

キア 5-5 ハンファ   (大田)

本塁打) キア : ファン・デイン 6号

 ハンファは1回裏にキアの先発ユン・ジュンヒョンから5番の新外国人ぺレスのタイムリーで1点を先制した。キアは2回表にハンファの先発の高卒新人キム・ギジュンから1番チェ・ウォンジュンの2点タイムリーで2-1と逆転し、3回表に6番キム・テジンのタイムリーで1点を追加した。ハンファは4回裏にキアの2番手パク・チンテから9番イ・ウォンソクのプロ初打点となる押し出しの四球、1番チョン・ウヌォンへの連続の押し出しの四球で3-3の同点に追いつくと、代わったキアの3番手ハン・スンヒョクから2番チェ・ジェフンへの3者連続の押し出しの四球で4-3と逆転した。

 ハンファの2番手キム・ジョンスは6回表を無失点に抑えた。キアの4番手ホン・サンサムは6回裏まで追加点を与えなかった。キアは7回表にハンファの3番手キム・ボムスから4番ファン・デインの本塁打で5-4と逆転した。ハンファの4番手カン・ジェミンは8回表に追加点を与えなかった。キアの5番手チャン・ヒョンシクは8回裏まで無失点に抑えた。ハンファの5番手オ・ドンウクと6番手キム・ギタクは9回表に追加点を与えなかった。ハンファは9回裏にキアの6番手チョン・ヘヨンからぺレスの犠牲フライで5-5の同点に追いついたが、9回を終えても同点だったため規定により試合は引き分けとなった。3連敗から脱出できなかった9位キアではチェ・ウォンジュンが3安打2打点と活躍。最下位ハンファでは3番ハ・ジュソクと7番イ・ソンゴンが3安打と活躍。

 

 【レギュラーシーズン 順位表】

(9月5日時点)

            試合   勝   敗   分  勝率

1.KT     98   59  38  1     .608

2.LG     95   53  40  2  .570

3.サムソン   102  56  43  3  .566

4.キウム    102  52  49  1  .515

5.NC     95   46  45  4  .505

6.SSG    101  49  48  4  .505

7.トゥサン   96   44  50  2  .468

8.ロッテ       97     43     51     3     457

9.キア        94   37    52     5     .416

10.ハンファ     102     37    60     5     .381

 

 (文責 : ふるりん