DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(8.29) 結果

2位LG4連勝

 

サムソン 3-8 KT   (水原)

(勝)ペ・ジェソン 7勝5敗  (敗)モンゴメリー 2敗

本塁打) KT : ホイング 2号

 サムソンは1回表にKTの先発ペ・ジェソンから4番カン・ミンホのタイムリーで2点を先制した。KTは5回裏にサムソンの先発モンゴメリーから2番ファン・ジェギュンと6番ムン・サンチョルのタイムリーなどで3-2と逆転すると、代わったKTの2番手チャン・ピルジュンから8番チャン・ソンウと9番チョ・ヨンホのタイムリーで4点を追加した。サムソンは6回表にKTの2番手イ・デウン(元千葉ロッテ)から1番パク・ヘミンのタイムリーで1点を返した。

 KTは6回裏にサムソンの3番手イ・サンミンから4番の新外国人ホイングの本塁打で1点を追加した。サムソンの4番手キム・デウは7回裏に追加点を与えなかった。KTの4番手パク・シヨンは8回表を無失点に抑えた。サムソンの5番手ムン・ヨンイクは8回裏に追加点を与えなかった。KTの5番手キム・ミンスは9回表を無失点に抑え、首位KTが勝利した。6回途中まで3失点に抑えたペ・ジェソンは7勝目。3位サムソンでは先発モンゴメリーが5回途中6失点で降板した。

 

 

キウム 2-11 LG   (ソウル・蚕室)

(勝)ソン・ジュヨン 1勝1敗  (敗)チェ・ウォンテ 6勝7敗

本塁打) キウム : ソン・ソンムン 3号

 LGは1回裏にキウムの先発チェ・ウォンテから4番キム・ヒョンスのタイムリー、6番ムン・ボギョンへの押し出しの四球、7番の新外国人ボーア(元阪神)のタイムリーで4点を先制し、2回裏に5番イ・ジェウォン、ムン・ボギョン、8番の高卒新人イ・ヨンビンのタイムリーで5点を追加しチェ・ウォン手をノックアウトした。さらにこの回代わったキウムの2番手ヤン・ヒョンから9番イ・ソンウのタイムリーで2点を追加した。キウムは3回表にLGの先発ソン・ジュヨンから3番ソン・ソンムンの本塁打で2点を返した。

 キウムの3番手の高卒新人チャン・ジェヨンは4回裏、4番手イ・スンホは5回裏に追加点を与えなかった。LGの2番手チン・ヘスは7回表、3番手チェ・ソンフンは8回表を無失点に抑えた。キウムの5番手キム・インボムは8回裏まで追加点を与えなかった。LGの4番手イ・サンヨンは9回表を無失点に抑え、2位LGが勝利し4連勝となった。6回を2失点に抑えたソン・ジュヨンは5年目にしてプロ初勝利。LG打線ではムン・ボギョンが3打点と活躍。4位キウムでは先発チェ・ウォンテが2回途中11失点で降板した。 

 

 

NC 2-3 ハンファ  (大田)

(勝)キム・ボムス 4勝7敗1S  (セーブ)チョン・ウラム 1勝3敗11S  (敗)イ・ジェハク 3勝3敗

本塁打) NC : チョン・ジンギ 4号  ハンファ : ハ・ジュソク 6号

 NCは4回表にハンファの先発キム・ミヌから9番の高卒新人キム・ジュウォンのタイムリーで1点を先制し、5回表に3番チョン・ジンギの本塁打で1点を追加した。ハンファは6回裏にNCの先発イ・ジェハクから3番ハ・ジュソクの本塁打で3-2と逆転した。ハンファの2番手キム・ボムスは7回表途中まで無失点に抑えた。NCの2番手キム・ヨンギュは7回裏に追加点を与えなかった。

 ハンファの3番手カン・ジェミンは8回表まで無失点に抑えた。NCの3番手ホン・ソンミンは8回裏に追加点を与えなかった。ハンファの4番手チョン・ウラムは9回表を無失点に抑え、最下位ハンファが勝利した。5位NCでは先発イ・ジェハクが6回を3失点に抑えるも打線の援護に恵まれなかった。NC打線ではチョン・ジンギが3安打1本塁打1打点と活躍。

f:id:takefumif:20210830011931j:plain

ハンファは6回裏にハ・ジュソクの本塁打で逆転勝ち http://www.joongdo.co.kr/web/view.php?key=20210829010006056

 

 

キア 0-9 SSG  (仁川)

(勝)オ・ウォンソク 6勝4敗  (敗)キム・ヒョンス 1勝2敗

本塁打) SSG : ハン・ユソム 18号、イ・ヒョンソク 4号、チュ・シンス 15号、チェ・ジュファン 13号

 SSGは1回裏にキアの先発キム・ヒョンスから5番ハン・ユソムの本塁打で3点を先制し、2回裏に8番イ・ヒョンソクの本塁打で1点、3回裏に2番チュ・シンス本塁打で1点を追加した。キアの2番手イ・ジュニョンは5回裏に追加点を与えなかった。SSGは6回裏にキアの3番手ホン・サンサムからイ・ヒョンソクの犠牲フライで1点を追加した。SSGの先発オ・ウォンソクは6回表まで無失点に抑えた。キアの4番手パク・チンテは7回裏に追加点を与えなかった。SSGの2番手の大卒新人チャン・ジフンは8回表まで無失点に抑えた。

 SSGは8回裏にキアの5番手チョン・ヘヨンから4番チェ・ジュファンの2試合連続本塁打、イ・ヒョンソクのタイムリーで3点を追加した。キアの6番手ユン・ジュンヒョンは追加点を与えなかった。SSGの3番手シン・ジェヨンは9回表を無失点に抑え、6位SSGが完封リレーで勝利した。オ・ウォンソクは6勝目。SSG打線ではイ・ヒョンソクが1本塁打4打点と活躍。9位キアでは先発キム・ヒョンスが4回5失点で降板し打線が沈黙した。

 

 

トゥサン 2-4 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)パク・セウン 6勝6敗  (セーブ)チェ・ジュニョン 2勝1敗1S  (敗)イ・ヒョンスン 1勝1敗

本塁打) トゥサン : キム・インテ 6号  ロッテ : イ・デホ 15号

 ロッテは4回裏にトゥサンの先発クァク・ピンから9番チュ・ジェヒョンのタイムリーで2点を先制した。トゥサンは5回表にロッテの先発パク・セウンから1番キム・インテの本塁打で2-2の同点に追いついた。ロッテは7回裏にトゥサンの2番手イ・ヒョンスンからチャンスを作ると、代わったトゥサンの3番手ホン・ゴンヒィから3番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の本塁打で2点を勝ち越した。

 ロッテの2番手の高卒新人キム・ジヌクは8回表を無失点に抑えた。トゥサンの4番手キム・ミョンシンは8回裏まで追加点を与えなかった。ロッテの3番手チェ・ジュニョンは9回表を無失点に抑え、8位ロッテが勝利した。7回を2失点に抑えたパク・セウンは6勝目。チェ・ジュニョンはプロ2年目にして初セーブ。7位トゥサンでは打線がつながらなかった。

 

 【レギュラーシーズン 順位表】

(8月29日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.KT     92  55  36  1     .604

2.LG     90  51  37  2  .580

3.サムソン   96  51  42  3  .548

4.キウム    96  49  46  1  .516

5.NC     89  43  42  4  .506

6.SSG    95  46  45  4  .505

7.トゥサン   90  42  46  2  .477

8.ロッテ       92    40     49     3     449

9.キア        88  36    48     4     .429

10.ハンファ     96     35    57     4     .380

 

 (文責 : ふるりん