DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(7.4) 結果

首位KT8連勝  

 

キウム 3-12 KT  (水原)

(勝)イ・チャンジェ 2勝  (敗)キム・ソンミン 2勝1敗

本塁打) キウム : パク・トンウォン 14号  KT : チャン・ソンウ 8号

  キウムは5回表にKTの先発デスパイネから4番パク・トンウォンの本塁打で3点を先制しデスパイネをノックアウトした。KTの2番手キム・ミンス、3番手チョ・ヒョヌは追加点を与えなかった。KTは6回裏にキウムの先発ハン・ヒョンヒィから相手のエラーの間に1点を返すと、代わったキウムの2番手キム・ソンミンから4番ペ・ジョンデの犠牲フライ、5番チャン・ソンウの本塁打で4-3と逆転した。KTの4番手イ・チャンジェは7回表途中まで無失点に抑えた。KTは7回裏にキウムの3番手キム・テフンからファン・ジェギュンと3番カン・ベッコのタイムリーで2点を追加した。

 キウムの4番手キム・ドンヒョクは追加点を与えなかった。KTの5番手パク・シヨンは8回表まで無失点に抑えた。KTは8回裏にキウムの5番手の大卒新人キム・ソンジンから途中出場の8番ソン・ミンソプと1番チョ・ヨンホのタイムリー、代わったキウムの6番手チョ・ヨンゴンからファン・ジェギュンのタイムリー、カン・ベッコと途中出場の大卒新人クォン・ドンジンへの押し出しの四球で計6点を追加した。KTの6番手ハ・ジュンホは9回表を無失点に抑え、首位KTが勝利し8連勝となった。KT打線ではファン・ジェギュンが3打点と活躍。6位キウムでは終盤に投手陣が失点を重ね打線も反撃できなかった。

 

 

サムソン 5-0 NC  (昌原)

(勝)イ・スンヒョン 1勝1敗  (敗)シン・ミンヒョク 4勝3敗

 サムソンは2回表にNCの先発シン・ミンヒョクから6番イ・ウォンソクと8番イ・ハクチュのタイムリーで2点を先制した。サムソンの先発の新外国人モンゴメリーは3回裏まで無失点に抑えた。サムソンは4回表に2番ピレラ(元広島)の内野ゴロの間に1点を追加した。サムソンは5回表に5番オ・ジェイルのタイムリーで1点を追加しシン・ミンヒョクをノックアウトすると、代わったNCの2番手チェ・グムガンからイ・ハクチュのタイムリーで1点を追加した。

 サムソンの2番手イ・スンヒョン(背番号20)は5回裏まで無失点に抑えた。試合はその後雨天で中断し、結局降雨コールドゲームが宣告され2位サムソンが完封リレーで勝利し3連勝となった。サムソン打線ではイ・ハクチュが3安打2打点と活躍。先発シン・ミンヒョクが5回途中5失点で降板した5位NCは3連敗。

f:id:takefumif:20210704235232j:plain

シーズン初勝利をあげたサムソンのイ・スンヒョン(背番号20) http://osen.mt.co.kr/article/G1111612846

 

 

ハンファ 0-5 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)イ・ミンホ 4勝5敗  (敗)ユン・デギョン 1勝4敗

本塁打) LG : オ・ジファン 5号

 LGは2回裏にハンファの先発ユン・デギョンから5番オ・ジファンの本塁打で2点を先制した。LGは4回裏に6番ムン・ボギョンと1番ホン・チャンギのタイムリーで3点を追加しユン・デギョンをノックアウトした。ハンファの2番手キム・ジニョンは5回裏まで、3番手シン・ジョンナクは6回裏に追加点を与えなかった。LGの先発イ・ミンホは7回表まで無失点に抑えた。

 ハンファの4番手チュ・ヒョンサンは7回裏に追加点を与えなかった。LGの2番手チョン・ウヨンは8回表途中まで無失点に抑えた。ハンファの5番手キム・ジョンスは8回裏に追加点を与えなかった。LGの3番手チン・ヘスは9回表まで無失点に抑え、3位LGが完封リレーで勝利し3連敗から脱出した。イ・ミンホは4勝目。最下位ハンファでは先発ユン・デギョンが4回途中5失点で降板し打線が沈黙した。

 

 

ロッテ 6-4 SSG  (仁川)

(勝)キム・ジヌク 2勝5敗  (セーブ)キム・ウォンジュン 3勝3敗12S  (敗)ソ・ジニョン 4勝3敗9S

本塁打) SSG : チュ・シンス 12号

 ロッテは1回表にSSGの先発イ・テヤンから5番アン・チホンのタイムリーで2点を先制した。SSGは1回裏にロッテの先発パク・セウンから3番チュ・シンスの2試合連続本塁打、6番ロマック(元横浜DeNA)の本塁打で3-2と逆転した。SSGの2番手の大卒新人チャン・ジフンは6回表を無失点に抑えた。ロッテは7回表にSSGの3番手キム・テッキョンから4番チョン・フンのタイムリーで4-3と逆転した。SSGの4番手パク・ミンホは追加点を与えなかった。SSGは7回裏にロッテの2番手ク・スンミンから5番ハン・ユソムのタイムリーで4-4の同点に追いついた。

 SSGの5番手キム・テフンは8回表を無失点に抑えた。ロッテの3番手オ・ヒョンテクと4番手の高卒新人キム・ジヌクは8回裏を無失点に抑えた。ロッテは9回表にSSGの6番手ソ・ジニョンからアン・チホンの犠牲フライ、代打キム・ジェユのタイムリーで2点を勝ち越した。ロッテの5番手キム・ウォンジュンは9回裏を無失点に抑え、8位ロッテが勝利した。ロッテ打線ではアン・チホンが3打点、チョン・フンが3安打2打点と活躍。競り負けた4位SSGは3連敗。

 

 

トゥサン 3-7 キア  (光州)

(勝)キム・ユシン 1勝5敗  (敗)キム・ミンギュ 1勝3敗

本塁打) トゥサン フェルナンデス 10号  キア :タッカー 5号、パク・チャンホ 1号

 トゥサンは1回表にキアの先発キム・ユシンから5番パク・コヌのタイムリーで1点を先制した。キアは2回裏にトゥサンの先発キム・ミンギュから4番タッカーの本塁打で1-1の同点に追いつくと、3回裏に9番パク・チャンホ本塁打などで2点を勝ち越した。キアは4回裏に2番キム・ソンビンのタイムリーで2点、6回裏にトゥサンの2番手パク・チョンギからキム・ソンビンの犠牲フライで1点を追加した。トゥサンは7回表にキアの2番手パク・チンテから9番チョン・スビンのタイムリーで1点を返した。

 トゥサンは8回表にキアの3番手ホン・サンサムから3番フェルナンデスの本塁打で1点を返した。キアは8回裏にトゥサンの3番手パク・ウンから1番キム・テジンのタイムリーで1点を追加した。キアの4番手ソ・ドグォンは9回表を無失点に抑え、9位キアが勝利し3連勝となった。5回を1失点に抑えたキム・ユシンはプロ4年目にして一軍初勝利。キア打線ではキム・ソンビンが3打点と活躍。7位トゥサンでは先発キム・ミンギュが4回5失点で降板した。

 

 【レギュラーシーズン 順位表】

(7月4日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.KT     71  44  27  0  .620

2.サムソン   76  43  32  1  .573

3.LG     74  42  32  0     .568

4.SSG    73  39  32  2  .549

5.NC     72  36  34  2  .514 

6.キウム    76  38  38  0  .500

7.トゥサン   72  35  37  0  .486

8.ロッテ       73     31    41    1      431

9.キア        71  28     43    0     .394

10.ハンファ      74  27  47   0     . 365

 

 (文責 : ふるりん