DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.24) 結果

サムソン3連勝でLGと同率首位

 

LG 5-8 SSG  (仁川)

(勝)キム・テッキョン 3勝  (セーブ)ソ・ジニョン 4勝1敗9S  (敗)キム・ユンシク 3勝2敗

本塁打) LG : オ・ジファン 3号、ムン・ボギョン 6号  SSG : チェ・ジョン 17号

  LGは3回表にSSGの先発フォントから3番キム・ヒョンスと4番チェ・ウンソンのタイムリー、5番オ・ジファンの本塁打で4点を先制した。LGは6回表に6番ムン・ボギョンの本塁打で1点を追加した。SSGは6回裏にLGの先発スアレスから4番チェ・ジョンの本塁打で1点を返した。SSGは7回裏にLGの2番手ソン・ウンボムからチャンスを作ると、代わったLGの3番手キム・デユから8番ハン・ユソムのタイムリー、1番チェ・ジフンの犠牲フライで2点を返した。 SSGの2番手の大卒新人チャン・ジフンは8回表途中まで追加点を与えず、3番手キム・テッキョンに交代した。

 SSGは8回裏にLGの4番手チョン・ウヨンからチャンスを作ると、代わったLGの5番手キム・ユンシクから6番キム・ガンミンのタイムリー、9番キム・ソンヒョンへの押し出しの死球、チェ・ジフンのタイムリーなどで8-5と逆転した。LGの6番手チン・ヘスは追加点を与えなかった。SSGの4番手ソ・ジニョンは9回表を無失点に抑え、3位SSGが勝利した。リリーフが機能しなかったLGはサムソンと同率首位に並ばれた。LG打線ではチェ・ウンソンが4安打1打点と活躍。

 

 

キア 3-6 KT  (水原)

(勝)チュ・グォン 3勝2敗  (セーブ)キム・ジェユン 4勝1敗17S  (敗)パク・チュンピョ 2勝3敗

本塁打) KT : ペ・ジョンデ 4号

 キアの先発ユン・ジュンヒョンは3回裏まで無失点に抑えた。キアの2番手キム・ユシンは4回裏を無失点に抑えた。キアは5回表にKTの先発ペ・ジェソンから9番チェ・ジョンヨンの犠牲フライ、1番チェ・ウォンジュンのタイムリーで2点を先制し、6回表に4番イ・ジョンフンのタイムリーで1点を追加した。KTは6回裏にキアの3番手の大卒新人イ・スンジェから4番ペ・ジョンデの本塁打で2点を返した。キアの4番手パク・チンテは無失点に抑えた。

 KTは7回裏にキアの5番手パク・チュンピョから相手のエラーで3-3の同点に追いつき、2番手チュ・グォンは8回表まで無失点に抑えた。KTは8回裏にパク・チュンピョからチャンスを作ると、代わったキアの6番手ホン・サンサムからペ・ジョンデの走者一率となるタイムリーで3点を勝ち越し逆転した。KTの3番手キム・ジェユンは9回表を無失点に抑え、3位KTが勝利した。KT打線ではペ・ジョンデが1本塁打5打点と活躍。9位キアはリリーフが機能しなかった。

 

 

ハンファ 2-3 サムソン  (大邱

(勝)ウォン・テイン 9勝4敗  (セーブ)オ・スンファン 2敗23S  (敗)キンガム 4勝4敗

本塁打) サムソン : カン・ミンホ 8号

 サムソンは1回裏にハンファの先発キンガムから4番カン・ミンホの本塁打で2点を先制し、2回裏に相手のパスボールの間に1点を追加した。ハンファは4回表にサムソンの先発ウォン・テインから5番チョン・ジンホの内野ゴロの間に1点を返した。ハンファの2番手キム・ボムスは5回裏途中まで追加点を与えなかった。ハンファの3番手ユン・ホソルは6回裏まで追加点を与えなかった。

 ハンファは8回表にサムソンの2番手チェ・ジグァン、代わったサムソンの3番手イム・ヒョンジュンからチャンスを作ると、さらに代わったサムソンの4番手ウ・ギュミンから4番ノ・シファンのタイムリーで1点を返した。ハンファの4番手カン・ジェミンは8回裏まで追加点を与えなかった。サムソンの5番手オ・スンファン(元阪神)は9回表を無失点に抑え、サムソンが勝利し3連勝でLGと同率首位に並んだ。7回を1失点に抑えたウォン・テインは最多勝争いトップタイの9勝目。先発キンガムが2回2失点で降板した最下位ハンファは5連敗。 

 

 

NC 6-4 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)ソン・ミョンギ 6勝2敗  (セーブ)ウォン・ジョンヒョン 1敗13S  (敗)キム・ジヌク 1勝5敗

本塁打) NC : アルテール 16号

 NCは2回表にロッテの先発フランコから5番アルテールの本塁打で1点を先制した。ロッテは4回裏にNCの先発ソン・ミョンギから3番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)と5番チョン・フンのタイムリーで2-1と逆転した。NCは5回表に1番チョン・ジンギの2点タイムリーで3-2と逆転した。ロッテは5回裏に イ・デホの内野ゴロの間に3-3の同点に追いつくと、4番チョン・ジュヌのタイムリーで4-3と逆転した。NCは6回表に6番ノ・ジンヒョクの犠牲フライで4-4の同点に追いついた。

 NCは7回表にロッテの2番手の高卒新人キム・ジヌクから代打クォン・ヒィドンのタイムリーで1点を勝ち越すと、代わったロッテの3番手チン・ミョンホから4番ヤン・ウィジの犠牲フライで1点を追加した。NCの2番手ホン・ソンミンは7回裏を無失点に抑えた。ロッテの4番手の高卒新人キム・チャンフンは8回表を無失点に抑えた。NCの3番手イ・ヨンチャンは8回裏を無失点に抑えた。ロッテの6番手イ・インボクは9回表を無失点に抑えた。NCの4番手ウォン・ジョンヒョンは9回裏を無失点に抑え、5位NCが勝利した。6回を4失点に抑えたソン・ミョンギは6勝目。8位ロッテはチャンスを生かしきれなかった。ロッテ打線では3番ソン・アソプが3安打と活躍。

f:id:takefumif:20210625061116j:plain

NCは7回表に代打クォン・ヒィドンのタイムリーで勝ち越し http://osen.mt.co.kr/article/G1111606089

 

 

キウム 2-1 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・ソンミン 2勝  (セーブ)チョ・サンウ 1勝4敗13S  (敗)ナム・ホ 1敗

本塁打) キウム : イ・ジョンフ 3号

 トゥサンは3回裏にキウムの先発アン・ウジンから3番フェルナンデスの内野ゴロの間に1点を先制した。キウムは4回表にトゥサンの先発ミランダ(元福岡ソフトバンク)から3番イ・ジョンフの本塁打で1-1の同点に追いついた。トゥサンの2番手ホン・ゴンヒィは9回表まで無失点に抑えた。キウムの2番手イ・スンホは9回裏まで無失点に抑え、試合は延長に突入した。

 トゥサンの3番手パク・チグクは10回表、キウムの3番手キム・ソンミンは10回裏を無失点に抑えた。キウムは11回表にトゥサンの4番手ナム・ホからチャンスを作ると、代わったトゥサンの5番手ユン・ミョンジュンから4番パク・トンウォンのタイムリーで1点を勝ち越した。キウムの4番手チョ・サンウは11回裏を無失点に抑え、7位キウムが勝利した。6位トゥサンでは打線がつながらなかった。

 

 【レギュラーシーズン 順位表】

(6月24日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.LG     67  39  28  0     .583

1.サムソン   67  39  28  0  .583

3.KT     64  37  27  0  .578

3.SSG    64  37  27  0  .578

5.NC     65  33  31  1  .516

6.トゥサン   66  33  33  0  .500

7.キウム    68  33  35  0  .485

8.ロッテ       66     26    39    1      400

9.キア         64  25    39    0      .391

10.ハンファ      67  26  41    0      .388

 

 (文責 : ふるりん