DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.5) 結果

NC3連勝で同率2位浮上

 

SSG 5-8 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ロケット 6勝3敗  (セーブ)イ・スンジン 1勝1敗2S  (敗)ヤン・ソルリュル 1敗

本塁打) SSG : ロマック 11,12号  トゥサン : キム・ジェファン 12号、チャン・スンヒョン 2号

 トゥサンは1回裏にSSGの先発ヤン・ソルリュルから5番ヤン・ソックァンへの押し出しの四球、6番カン・スンホのタイムリーで3点を先制し、3回裏にSSGの2番手ソ・ドンミンから8番キム・ジェホのタイムリーで1点を追加した。SSGは4回表にトゥサンの先発ロケットから6番ロマック(元横浜DeNA)の犠牲フライで1点を返した。トゥサンは4回裏に4番キム・ジェファンの本塁打で2点、5回裏に9番チャン・スンヒョンの本塁打で2点を追加した。SSGは7回表にトゥサンの2番手キム・ミョンシンからロマックの本塁打で2点を返した。トゥサンの3番手ホン・ゴンヒィは無失点に抑えた。

 SSGの3番手ハ・ジェフン(元東京ヤクルト)は7回裏途中まで追加点を与えなかった。SSGは8回表にトゥサンの4番手チャン・ウォンジュンからチャンスを作ると、代わったトゥサンの5番手パク・チグクからロマックの2打席連続本塁打で2点を返した。SSGの4番手イ・ゴヌクは8回裏まで追加点を与えなかった。トゥサンの6番手イ・スンジンは9回表を無失点に抑え、トゥサンが勝利しNC、KTと同率2位に浮上した。6回を1失点に抑えたロケットは6報目。トゥサン打線では1番チョ・スヘンが3安打と活躍。先発ヤン・ソルリュルが2回途中3失点で降板した首位SSGは3連敗。

 

 

ハンファ 1-6 NC  (昌原)

(勝)ソン・ミョンギ 3勝2敗  (セーブ)チェ・グムガン 2勝1S  (敗)キム・ギジュン 1敗

本塁打) ハンファ : ヒーリー 4号  NC : ナ・ソンボム 12号

 NCは2回裏にハンファの先発の高卒新人キム・ギジュンから2番イ・ミョンギのタイムリーで1点を先制し、5回裏にハンファの2番手ユン・デギョンから3番ナ・ソンボムの本塁打で2点を追加した。NCの先発ソン・ミョンギは6回表まで無失点に抑えた。ハンファは7回表にNCの2番手ホン・ソンミンから5番ヒーリーの本塁打で1点を返した。 NCは7回裏にハンファの3番手ぺ・ドンヒョンから4番ヤン・ウィジのタイムリー、代わったハンファの4番手ユン・ホソルから相手の暴投、7番パク・チュニョンのタイムリーで計3点を追加した。

 NCの3番手ソン・ジョンウクは8回表から登板した。ハンファの5番手キム・ボムスは8回裏に追加点を与えなかった。NCの4番手チェ・グムガンは9回表まで無失点に抑え、NCが3連勝でトゥサン、KTと同率2位に浮上した。ソン・ミョンギは3勝目。先発キム・ギジュンが4回1失点で降板した9位ハンファは3連敗。ハンファ打線では3番ハ・ジュソクが3安打と活躍。

 

 

ロッテ 1-8 KT  (水原)

(勝)ソ・ヒョンジュン 2勝2敗  (敗)ノ・ギョンウン 1勝4敗

本塁打) KT : ペ・ジョンデ 3号

 KTは1回裏にロッテの先発ノ・ギョンウンから5番ユ・ハンジュンのタイムリーで1点を先制し、3回裏に4番アルモンテ(元中日)のタイムリーで2点を追加した。ロッテの2番手の高卒新人キム・ジヌクは5回裏まで追加点を与えなかった。ロッテの3番手チン・ミョンホは6回裏に追加点を与えなかった。KTの先発ソ・ヒョンジュンは7回表まで無失点に抑えた。KTは7回裏にロッテの4番手の高卒新人ソン・ジェヨンからチャンスを作ると、代わったロッテの5番手ソ・ジュヌォンから6番チャン・ソンウのタイムリー、7番ペ・ジョンデの本塁打で5点を追加した。

 KTの2番手キム・ミンスは8回表を無失点に抑えた。ロッテの6番手ハン・スンヒョクは8回裏に追加点を与えなかった。ロッテは9回表にKTの3番手キム・ジェユンから6番ハン・ドンヒィのタイムリーで1点を返したが、KTが勝利しNC,トゥサンと同率2位に浮上した。ソ・ヒョンジュンは2勝目。KT打線では2番ファン・ジェギュンが3安打と活躍。最下位ロッテでは先発ノ・ギョンウンが4回途中3失点で降板した。

f:id:takefumif:20210605224156j:plain

好守備でピンチをしのいだKTのパク・キョンス https://sports.news.naver.com/news.nhn?oid=311&aid=0001307097

 

 

サムソン 2-6 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)チェ・ウォンテ 3勝3敗  (敗)チェ・チェフン 1勝3敗

本塁打) キウム : パク・ピョンホ 6号

 キウムは1回裏にサムソンの先発チェ・チェフンから5番ソン・ウヒョンのタイムリーで2点を先制し、3回裏に4番パク・ピョンホのタイムリーで1点、5回裏にパク・ピョンホの本塁打で2点を追加した。サムソンの2番手の高卒新人イ・スンヒョン(背番号54)は6回裏に追加点を与えなかった。キウムの先発チェ・ウォンテは7回表まで無失点に抑えた。キウムの3番手イ・ジェイクは7回裏に追加点を与えなかった。キウムの2番手ヤン・ヒョンは8回表を無失点に抑えた。

 キウムは8回裏にサムソンの4番手チャン・ピルジュンから9番イ・ジヨンのタイムリーで1点を追加した。サムソンは9回表にキウムの3番手オ・ジュウォンから3番キム・ドンヨプと5番オ・ジェイルのタイムリーで2点を返したが、7位キウムが勝利した。チェ・ウォンテは3勝目。キウム打線ではイ・ジヨンが3安打1打点と活躍。先発チェ・チェフンが5回5失点で降板したサムソンはLGと同率5位に後退した。

 

 

LG 8-2 キア  (光州)

(勝)スアレス 7勝2敗  (敗)キム・ユシン 4敗

本塁打) LG : イ・ヒョンジョン 4号

 LGは1回表にキアの先発キム・ユシンから5番ユ・ガンナム、6番ラモス、7番キム・ミンソンのタイムリーで3点を先制し、3回表に5番ユ・ガンナムと8番オ・ジファンのタイムリーで2点を追加した。キアは3回裏にLGの先発スアレスから4回表に3番タッカーのタイムリーで1点を返した。LGは4回表に2番イ・ヒョンジョンの本塁打、この回途中から代わったキアの2番手ソ・ドグォンから4番チェ・ウンソンのタイムリーで計2点を追加した。キアは4回裏に9番パク・チャンホのタイムリーで1点を返した。LGは5回表に1番イ・チョヌンのタイムリーで1点を追加した。

 キアの3番手チャ・ミョンジンは6回表に追加点を与えなかった。LGの2番手イ・ジョンヨンは6回裏を無失点に抑えた。キアの4番手ホン・サンサムは7回表を無失点に抑えた。LGの3番手チェ・ソンフンは7回裏を無失点に抑えた。キアの5番手の高卒新人チャン・ミンギは8回表に追加点を与えなかった。LGの4番手ソン・ウンボムと5番手イ・ウチャンは8回裏を無失点に抑えた。キアの6番手ユン・ジュンヒョンは9回表に追加点を与えなかった。

 LGの6番手ペク・スンヒョンは9回裏を無失点に抑え、LGが勝利しサムソンと同率5位に浮上した。5回を2失点に抑えたスアレス最多勝争いトップの7勝目。LG打線ではオ・ジファンが4安打1打点と活躍。8位キアでは先発キム・ユシンが4回途中7失点で降板した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月5日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG    49  28  21  0  .571

2.NC     50  27  22  1  .551

2.トゥサン   49  27  22  0  .551

2.KT     49  27  22  0  .551

5.LG     51  28  23  0  .549

5.サムソン   51  28  23  0  .549

7.キウム    52  26  26  0  .500

8.キア     49  21  28  0  .429

9.ハンファ      50  19  31    0     .380

10.ロッテ    50  18  31    1   .367

 

 (文責 : ふるりん