DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.4) 結果

サムソン2位浮上

 

SSG 2-3 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)チェ・ウォンジュン 6勝  (セーブ)イ・スンジン 1勝1敗1S  (敗)オ・ウォンソク 3勝2敗

 トゥサンは2回裏にSSGの先発オ・ウォンソクから6番カン・スンホのタイムリー、相手のエラーで2点を先制し、3回裏に相手のエラーで1点を追加した。トゥサンの先発チェ・ウォンジュンは6回表まで無失点に抑えた。トゥサンの2番手ホン・ゴンヒィは7回表を無失点に抑えた。SSGの2番手チェ・ミンジュンは7回裏に追加点を与えなかった。SSGの3番手キム・テッキョンは8回裏に追加点を与えなかった。

 SSGは9回表にトゥサンの3番手パク・チグクからチャンスを作ると、代わったトゥサンの4番手チャン・ウォンジュンから相手の暴投で1点を返した。SSGはトゥサンの5番手イ・スンジンから3番チュ・シンスのタイムリーでもう1点を返したが、トゥサンが勝利しNC、KTと同率3位に浮上した。チェ・ウォンジュンは6勝目。イ・スンジンはプロ8年目にして初セーブ。首位SSGでは先発オ・ウォンソクが6回3失点で降板した。SSG打線ではチュ・シンスが3安打1打点と活躍。

f:id:takefumif:20210605031042j:plain

トゥサンのイ・スンジンはプロ8年目で初セーブを記録した http://osen.mt.co.kr/article/G1111593481

 

 

サムソン 6-3 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)ブキャナン 6勝2敗  (セーブ)オ・スンファン 1敗16S  (敗)ハン・ヒョンヒィ 5勝1敗

本塁打) キウム : チョン・ビョンウ 3号

 サムソンは3回表にキウムの先発ハン・ヒョンヒィから4番カン・ミンホと5番ク・ジャウクのタイムリー、6番イ・ウォンソクの犠牲フライで3点を先制した。サムソンは7回表にキウムの2番手キム・ジェウンからイ・ウォンソクのタイムリーで2点を追加した。キウムは7回裏にサムソンの先発ブキャナン(元東京ヤクルト)から8番チョン・ビョンウの本塁打で1点を返した。サムソンの2番手イム・ヒョンジュンは無失点に抑えた。サムソンは8回表にキウムの3番手キム・ドンヒョクから1番パク・ヘミンのタイムリーで1点を追加し、3番手チェ・ジグァンは8回裏を無失点に抑えた。

 キウムの4番手の大卒新人キム・ソンジンは9回表に追加点を与えなかった。キウムは9回裏にサムソンの4番手シム・チャンミンからチャンスを作ると、代わったサムソンの5番手オ・スンファン(元阪神)から1番キム・ヘェソンのタイムリーなどで2点を返したが、サムソンが勝利し2位に浮上した。7回途中まで1失点に抑えたブキャナンは6勝目。サムソン打線ではイ・ウォンソクが3打点と活躍。7位キウムでは先発ハン・ヒョンヒィが7回途中まで3失点に抑えた。

 

 

ロッテ 15-0 KT  (水原)

(勝)パク・セウン 3勝3敗  (敗)デスパイネ 5勝4敗

本塁打) ロッテ : キム・ジュンテ 4号

 ロッテは1回表にKTの先発デスパイネから4番チョン・フンへの押し出しの四球で1点を先制し、3回表に相手のエラーで1点、4回表に8番キム・ジュンテの本塁打、チョン・フンのタイムリーで3点を追加しデスパイネをノックアウトした。ロッテは5回表にKTの2番手アン・ヨンミョンから7番キム・ミンスのタイムリー、代わったKTの3番手イ・ガンジュンから2番チュ・ジェヒョンのタイムリーなどで5点を追加した。KTの4番手シム・ジェミンは7回表まで追加点を与えなかった。

 ロッテは8回表にKTの5番手の大卒新人ハン・チャヒョンから9番キム・ジェユと1番マチャドのタイムリーで3点、9回表にKTの6番手イ・チャンジェから途中出場の5番ぺ・ソングンのタイムリーで2点を追加した。ロッテの先発パク・セウンは9回裏も無失点に抑え、最下位ロッテが勝利した。パク・セウンはプロ8年目にして初の完封勝利。先発全員安打の16安打を記録したロッテ打線ではチョン・フンが4打点、6番ソン・アソプが3安打と活躍。先発デスパイネが4回途中5失点で降板し打線が沈黙したKTはNC、トゥサンと同率3位に後退。

f:id:takefumif:20210605024413j:plain

ロッテのパク・セウンはプロ8年目で初完封を記録した https://sports.news.naver.com/news.nhn?oid=410&aid=0000791367

 

 

LG 3-4 キア  (光州)

(勝)チョン・ヘヨン 4勝3敗6S  (敗)ソン・ウンボム 2勝1敗

本塁打) LG : キム・ミンソン 3号

 キアは6回裏にLGの先発イ・ミンホから3番タッカーのタイムリーで1点を先制した。LGは7回表にキアの先発イム・ギヨンからチャンスを作ると、代わったキアの2番手の大卒新人イ・スンジェから7番キム・ミンソンの本塁打で3-1と逆転した。キアの3番手パク・チンテは追加点を与えなかった。キアは7回裏にLGの2番手チョン・ウヨンから9番パク・チャンホの内野ゴロの間に1点を返すと、代わったLGの3番手キム・デユから1番チェ・ウォンジュンの内野ゴロの間に3-3の同点に追いついた。

 キアの4番手チャン・ヒョンシクは8回表、5番手チョン・ヘヨンは9回表を無失点に抑えた。8位キアは9回裏にLGの4番手ソン・ウンボムからチャンスを作ると、代わったLGの5番手コ・ウソクから4番チェ・ヒョンウのタイムリーでサヨナラ勝ちした。LGは6位に後退。LG打線では4番チェ・ウンソンが3安打と活躍。

 

 

ハンファ 3-6 NC  (昌原)

(勝)ルチンスキー 5勝3敗  (セーブ)ウォン・ジョンヒョン 1敗10S  (敗)カーペンター 2勝5敗

本塁打) ハンファ : チョ・ハンミン 1号、ノ・シファン 10号  NC : チョン・ボムモ 1号

 NCは2回裏にハンファの先発カーペンターから相手のエラーで2点を先制した。ハンファは3回表にNCの先発ルチンスキーから8番チョ・ハンミンのプロ3年目にしての初本塁打で1点を返した。NCは3回裏に4番ヤン・ウィジと5番アルテールのタイムリーで2点を追加した。NCは6回裏にハンファの2番手キム・ジョンスから1番パク・ミヌのタイムリーで1点を追加した。ハンファは7回表にNCの2番手ムン・ギョンチャンからチョ・ハンミンのタイムリーで1点を返した。NCの3番手イム・ジョンホは無失点に抑えた。

 ハンファは8回表にNCの3番手イム・チャンミンから4番ノ・シファンの本塁打で1点を返した。NCは8回裏にハンファの3番手チョン・ウンジョンから9番チョン・ボムモの2019年8月以来となる本塁打で1点を追加した。NCの4番手ウォン・ジョンヒョンは9回表を無失点に抑え、NCが勝利しトゥサン、KTと同率3位に並んだ。6回を1失点に抑えたルチンスキーは5勝目。NC打線ではパク・ミヌが3安打1打点と活躍。9位ハンファでは先発カーペンターが5回4失点で降板した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(6月4日時点)

            試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG    48  28  20  0  .583

2.サムソン   50  28  22  0  .560

3.NC     49  26  22  1  .542

3.トゥサン   48  26  22  0  .542

3.KT     48  26  22  0  .542

6.LG     50  27  23  0  .540

7.キウム    51  25  26  0  .490

8.キア     48  21  27  0  .438

9.ハンファ      49  19  30    0     .388

10.ロッテ    49  18  30    1   .375

 

 (文責 : ふるりん