DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(5.22) 結果

SSG4連勝で首位浮上  キウム6連勝で同率4位浮上

 

LG 3-8 SSG  (仁川)

(勝)パク・チョンフン 4勝2敗  (敗)ケリー 2勝3敗

本塁打) LG : ユ・ガンナム 4号、チェ・ウンソン 6号  SSG : チェ・ジョン 11号、チェ・ジフン 2号、ハン・ユソム 5号

 SSGは1回裏にLGの先発ケリーから4番チェ・ジョンの本塁打で3点を先制し、3回裏に1番チェ・ジフンの本塁打で1点を追加した。LGは4回表にSSGの先発パク・チョンフンから5番ラモスのタイムリーで1点を返した。SSGは4回裏に8番イ・ジェウォンのタイムリーで1点を追加した。LGは5回表に7番ユ・ガンナムの本塁打で1点を返した。SSGは6回裏にLGの2番手チン・ヘスから5番ハン・ユソムの本塁打で1点を追加し、2番手の大卒新人チャン・ジフンは7回表を無失点に抑えた。

 SSGは7回裏にLGの3番手イ・ジョンヨンから3番チュ・シンスのタイムリーで1点を追加した。LGは8回表にSSGの3番手イ・テヤンから4番チェ・ウンソンの本塁打で1点を返し、4番手チェ・ジソンは8回裏に追加点を与えなかった。SSGの4番手チェ・ミンジュンは9回表を無失点に抑え、SSGが勝利し4連勝で首位に浮上した。6回を2失点に抑えたパク・チョンフンは4勝目。SSG打線ではチェ・ジフンが3安打1本塁打2打点と活躍。先発ケリーが5回5失点で降板したLGはキウムと同率4位に並ばれた。LG打線ではチェ・ウンソンが3安打1本塁打1打点と活躍。

 

 

キア 9-4 サムソン  (大邱

(勝)イム・ギヨン 1勝2敗  (敗)チェ・チェフン 2敗

本塁打) キア : チェ・ウォンジュン 1号、イ・ジニョン 1号、タッカー 3号

 キアは1回表にサムソンの先発チェ・チェフンから2番キム・ソンビンのタイムリーで1点を先制した。サムソンは2回裏にキアの先発イム・ギヨンから8番キム・ジチャンの犠打で1-1の同点に追いついた。キアは3回表に1番チェ・ウォンジュンの本塁打で1点を勝ち越し、4回表に7番イ・ジニョンのプロ6年目にしての初本塁打、チェ・ウォンジュンのタイムリーなどで4点を追加した。サムソンの2番手イム・ヒョンジュンは6回表途中から登板した。キアは7回表にサムソンの3番手チャン・ピルジュンから6番タッカーの本塁打で3点を追加した。

 サムソンは7回裏にキム・ジチャンの犠牲フライで1点を返し、4番手チェ・ジグァンは8回表に追加点を与えなかった。サムソンは8回裏にキアの2番手の高卒新人チャン・ミンギから途中出場の4番チェ・ヨンジンのタイムリーなどで2点を返し、5番手イ・サンミンは9回表を無失点に抑えた。キアの3番手チョン・ヘヨンは9回裏を無失点に抑え、キアが勝利し6連敗から脱出、9位に浮上した。7回を2失点に抑えたイム・ギヨンはシーズン初勝利。キア打線ではチェ・ウォンジュンが3安打1本塁打2打点と活躍。先発チェ・チェフンが6回途中6失点で降板したサムソンは2位に後退。

f:id:takefumif:20210502140906j:plain

キアのイム・ギヨンは7回2失点でシーズン初勝利 http://mksports.co.kr/view/2021/494126/

 

 

KT 0-5 ハンファ  (大田)

(勝)カーペンター 2勝3敗  (敗)ソ・ヒョンジュン 1勝2敗

本塁打) ハンファ : ノ・シファン 8号、ヒーリー 3号

 ハンファは3回裏にKTの先発ソ・ヒョンジュンから相手のエラーで1点を先制し、4回裏に4番ノ・シファンと6番ヒーリーの本塁打で2点を追加した。ハンファは6回裏にKTの2番手キム・ミンスから7番チャン・ウンホのタイムリー、相手のエラーで2点を追加した。ハンファの先発カーペンターは7回表まで無失点に抑えた。KTの3番手アン・ヨンミョンは7回裏に追加点を与えなかった。

 ハンファの2番手ユン・デギョンは8回表を無失点に抑えた。KTの4番手チュ・グォンは8回裏に追加点を与えなかった。ハンファの3番手ソン・ユンジュンと4番手ユン・ホソルは9回表を無失点に抑え、8位ハンファが2試合連続の完封リレーで勝利し3連勝となった。カーペンターは2勝目。先発ソ・ヒョンジュンが5回2失点で降板したKTは2試合連続完封負けで3位に後退した。

 

 

NC 6-13 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)ヨキシュ 5勝3敗  (敗)ソン・ミョンギ 2勝2敗

本塁打) NC : クォン・ヒィドン 6号

 キウムは2回裏にNCの先発ソン・ミョンギから8番チョン・ビョンウのタイムリー、9番パク・トンウォンの犠牲フライ、1番キム・ヘェソンのタイムリーで3点を先制した。NCは3回表にキウムの先発ヨキシュから1番イ・ミョンギのタイムリーで1点を返した。キウムは3回裏に7番ソン・ウヒョンとチョン・ビョンウのタイムリーで3点、4回裏に3番イ・ジョンフの犠牲フライで1点を追加した。キウムは6回裏にNCの2番手チェ・グムガンから4番パク・ピョンホのタイムリーで1点を追加した。NCは7回表に6番カン・ジンソンのタイムリーで1点を返し、3番手ムン・ギョンチャンは7回裏に追加点を与えなかった。

 NCは8回表にキウムの2番手キム・テフンからカン・ジンソンと途中出場の7番チョン・ボムモのタイムリーで2点を返した。キウムは8回裏にNCの4番手ペ・ミンソから6番イ・ヨンギュの犠牲フライ、途中出場の9番イ・ジヨンとキム・ヘェソンのタイムリーで5点を追加した。NCは9回表にキウムの3番手キム・ジェウンから1番クォン・ヒィドンの本塁打で2点を返したが、キウムが勝利し6連勝でLGと同率4位に浮上した。7回を2失点に抑えたヨキシュは5勝目。キウム打線ではキム・ヘェソンが4安打2打点、チョン・ビョンウが3打点、ソン・ウヒョンが3安打1打点と活躍。先発ソン・ミョンギが4回7失点で降板したNCは6位に後退。

 

 

ロッテ 3-4 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・ガンニュル 1勝10S  (敗)チン・ミョンホ 1敗

 ロッテは1回表にトゥサンの先発チェ・ウォンジュンから4番アン・チホンと5番ソン・アソプのタイムリーで2点を先制し、6回表にトゥサンの2番手チャン・ウォンジュンから8番キム・ジュンテの犠牲フライで1点を追加した。トゥサンの3番手ユン・ミョンジュンは7回表まで追加点を与えなかった。トゥサンは7回裏にロッテの先発パク・セウンから3番パク・コヌのタイムリーで1点を返すと、代わったロッテの2番手キム・デウから4番キム・ジェファンのタイムリー、5番フェルナンデスの犠牲フライで3-3の同点に追いついた。

 トゥサンの3番手ホン・ゴンヒィは8回表、ロッテの3番手ク・スンミンは8回裏を無失点に抑えた。ロッテの4番手キム・ウォンジュンは9回裏を無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。トゥサンの4番手キム・ガンニュルは10回表まで無失点に抑えた。7位トゥサンは10回裏にロッテの5番手チン・ミョンホから9番チャン・スンヒョンのタイムリーでサヨナラ勝ちし3連敗から脱出した。ロッテは単独最下位に転落。ロッテ打線ではアン・チホンが3安打1打点と活躍。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(5月22日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.SSG    39  22  17  0  .564

2.サムソン   41  23  18  0  .561

3.KT     39  21  18  0  .538

4.LG     41  22  19  0  .537

4.キウム    41  22  19  0  .537

6.NC     40  21  19  0  .525

7.トゥサン   39  20  19  0  .513

8.ハンファ      40  17  23    0     .425

9.キア     39  16  23  0  .410

10.ロッテ    39  15  24  0  .385

 

 (文責 : ふるりん