DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(5.13) 結果

NC3連勝で同率2位浮上

 サムソン 4-0 KT  (水原)

(勝)ウォン・テイン 6勝1敗  (セーブ)オ・スンファン 1敗11S  (敗)デスパイネ 3勝3敗

 サムソンは4回表にKTの先発デスパイネから2番ク・ジャウクの犠牲フライで1点を先制した。KTの2番手キム・ミンスと3番手チョ・ヒョヌは7回表に追加点を与えなかった。サムソンの先発ウォン・テインは7回裏まで無失点に抑えた。サムソンは8回表にKTの4番手パク・シヨンからチャンスを作ると、代わったKTの5番手イ・サンドンから相手のエラー、8番キム・ジチャンの犠牲フライで2点を追加した。

 サムソンの2番手ウ・ギュミンは8回裏を無失点に抑えた。サムソンは9回表に3番ピレラ(元広島)のタイムリーで1点を追加した。サムソンの3番手イ・スンヒョンと4番手オ・スンファン(元阪神)は9回裏を無失点に抑え、首位サムソンが完封リレーで勝利した。ウォン・テインは最多勝争いトップの6勝目。KTでは先発デスパイネが6回を1失点に抑えるも打線が沈黙した。

  

 

SSG 4-5 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)キム・デウ 2勝1敗  (セーブ)キム・ウォンジュン 2敗5S  (敗)イ・テヤン 3勝1敗

本塁打) SSG : ロマック 9号、チェ・ジョン 9号  ロッテ : マチャド 3号

 SSGは1回表にロッテの先発パク・セウンから2番ロマック(元横浜DeNA)の本塁打で2点を先制し、4回表に4番チェ・ジョンの本塁打で1点を追加した。ロッテは4回裏にSSGの先発フォントから5番マチャドの本塁打で2点を返した。SSGは5回表に3番チュ・シンスのタイムリーで1点を追加した。ロッテの2番手チン・ミョンホは6回表に追加点を与えなかった。ロッテは6回裏に7番の高卒新人ナ・スンヨプのプロ初打点となるタイムリーで1点を返し、3番手ク・スンミンと4番手キム・ユヨンは8回表に追加点を与えなかった。

 ロッテは7回裏にSSGの2番手キム・テフンから3番ハン・ドンヒィのタイムリーで4-4の同点に追いつき、5番手キム・デウは8回表を無失点に抑えた。ロッテは8回裏にSSGの3番手イ・テヤンから1番ソン・アソプの内野ゴロの間に5-4と逆転した。ロッテの6番手キム・ウォンジュンは9回表に相手の反撃を断ち、ロッテが3連敗から脱出しハンファと同率最下位に並び、5月11日に就任したラリー・サットン新監督にとって初勝利となった。SSGは連勝が4で止まった。

 

 

NC 4-2 ハンファ  (大田)

(勝)キム・ヨンギュ 2勝2敗  (セーブ)ウォン・ジョンヒョン 1敗6S  (敗)キンガム 3勝3敗

本塁打) NC : クォン・ヒィドン 4号  ハンファ : キム・ミンハ 1号

 NCは6回表にハンファの先発キンガムから2番クォン・ヒィドンの本塁打で1点を先制し、この回相手のエラーで1点を追加した。ハンファは6回裏にNCの先発キム・ヨンギュから5番キム・ミンハの本塁打で1点を返した。NCの2番手イム・チャンミンは7回裏まで無失点に抑え、3番手イム・ジョンホに交代した。ハンファの2番手カン・ジェミンは8回表まで追加点を与えなかった。NCの4番手キム・ジンソンは8回裏まで無失点に抑えた。

 NCは9回表にハンファの3番手チョン・ウラムから1番パク・ミヌのタイムリーなどで2点を追加した。ハンファは9回裏にNCの5番手ウォン・ジョンヒョンから4番ノ・シファンのタイムリーで1点を返したが、NCが勝利し3連勝となりLG、SSGと同率2位に並んだ。6回途中まで1失点に抑えたキム・ヨンギュは2勝目。ハンファは先発キンガムが6回を2失点に抑えるも3連敗で、ロッテと同率最下位に並ばれた。

 

 

LG 8-3 キア  (光州)

(勝)ソン・ウンボム 1勝  (敗)ブルックス 1勝4敗

 (本塁打) LG : キム・ジェソン 1号、チェ・ウンソン 5号  キア : ファン・デイン 1号

 LGは1回表にキアの先発ブルックスから4番チェ・ウンソンのタイムリー、相手のエラーで3点を先制した。キアは5回裏にLGの先発イ・サンヨンからチャンスを作ると、代わったLGの2番手ソン・ウンボムから相手のエラーで1点を返した。LGは7回表に9番キム・ジェソンのプロ7年目にしての初本塁打(2019年9月以来の打点)で1点を追加した。キアは7回裏にLGの3番手キム・デユから代打ファン・デインの本塁打で2点を返した。

 LGは8回表にキアの2番手イ・ジュニョンからチャンスを作ると、代わったキアの3番手パク・チンテから7番キム・ミンソンの犠牲フライで1点を追加した。LGの4番手チョン・ウヨンは8回裏を無失点に抑えた。LGは9回表にキアの4番手イム・ジェヨルからチェ・ウンソンの本塁打などで3点を追加した。LGの5番手チン・ヘスは9回裏を無失点に抑え、LGが勝利しNC、SSGと同率2位に並んだ。LG打線ではチェ・ウンソンが1本塁打3打点、2番オ・ジファンが3安打と活躍。キアでは先発ブルックスが7回途中4失点で降板した。

 

 

キウム 14-13 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ヤン・ヒョン 1勝2敗  (セーブ)チョ・サンウ 1勝1敗6S  (敗)チョ・ジェヨン 1敗

本塁打) トゥサン : フェルナンデス 6号

  キウムは1回表にトゥサンの先発チョ・ジェヨンから5番イ・ジヨン、6番ソン・ウヒョン、8番チョン・ビョンウのタイムリーで5点を先制し、2回表にトゥサンの2番手パク・チョンギから4番キム・ウンビンの犠牲フライで1点を追加した。トゥサンは2回裏にキウムの先発イ・スンホから5番フェルナンデスの本塁打、9番チャン・スンヒョンのタイムリーで3点を返した。キウムは3回表にチョン・ビョンウのタイムリーで1点を追加した。トゥサンは3回裏にキウムの2番手キム・ジェウンからフェルナンデスのタイムリー、代わったキウムの3番手ヤン・ヒョンから代打オ・ジェウォンの犠牲フライで計2点を返した。キウムは4回表に4番ソ・ゴンチャンのタイムリー、代わったトゥサンの3番手キム・ミョンシンからイ・ジヨンとチョン・ビョンウのタイムリーで計4点を追加した。

 トゥサンは4回裏にフェルナンデスの犠牲フライで1点を返した。キウムは5回表にトゥサンの4番手チャン・ウォンジュンからイ・ジヨンのタイムリーで2点を追加した。トゥサンは5回裏にキウムの4番手の大卒新人キム・ソンジンから1番ホ・ギョンミンと3番パク・コヌのタイムリーで2点を返した。トゥサンは7回裏にキウムの5番手キム・ジョンインからパク・コヌのタイムリー、代わったキウムの6番手キム・ソンミンからフェルナンデスのタイムリーで計4点を返した。トゥサンの5番手ユン・ミョンジュンは8回表に追加点を与えなかった。

 トゥサンは8回裏に途中出場の9番チェ・ヨンジェのタイムリーで1点を返し、6番手キム・ガンニュルは9回表に追加点を与えなかった。キウムの7番手チョ・サンウは9回裏を無失点に抑え、キウムが勝利し7位に浮上した。キウム打線ではイ・ジヨンとチョン・ビョンウが3安打5打点、ソン・ウヒョンが3安打1打点と活躍。トゥサンの先発チョ・ジェヨンは2回途中6失点で降板した。トゥサン打線ではフェルナンデスが3安打1本塁打5打点、パク・コヌが3安打4打点と活躍。

 

f:id:takefumif:20210514005747j:plain

キウムのイ・ジヨンは1回表の先制タイムリーなど3安打5打点 https://sports.donga.com/article/all/20210513/106913293/1

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(5月13日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.サムソン   34  21  13  0  .618

2.NC     33  18  15  0  .545

2.LG     33  18  15  0  .545

2.SSG    33  18  15  0  .545

5.トゥサン   33  17  16  0  .515

5.KT     33  17  16  0  ,515

7.キウム    34  16  18  0  .471

8.キア     33  15  18  0  .455

9.ロッテ    33  13  20  0  .394

9.ハンファ   33  13  20    0   .394

 

 (文責 : ふるりん