DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(5.11) 結果

トゥサン4連勝  キア4連敗から脱出 

 サムソン 6-9 KT  (水原)

(勝)パク・シヨン 1勝  (セーブ)キム・ジェユン 2勝1敗6S  (敗)ヤン・チャンソプ 1勝1敗

本塁打) サムソン : ピレラ 11号  KT : ムン・サンチョル 2号

  サムソンは当初ライブリーが先発予定だったが肩の痛みにより代わりにキム・デウが登板した。KTは1回裏に3番カン・ベッコのタイムリー、6番ムン・サンチョルの本塁打で4点を先制した。サムソンは3回表にKTの先発デスパイネから相手のエラー、5番カン・ハヌルと6番イ・ウォンソクのタイムリーで4-4の同点に追いついた。サムソンは4回表に3番ピレラ(元広島)の本塁打で6-4と逆転した。サムソンの2番手イム・ヒョンジュンは5回裏途中から登板した。KTの2番手パク・シヨンは6回表に追加点を与えなかった。KTは6回裏にサムソンの3番手ヤン・チャンソプから8番シン・ボンギのタイムリー、9番シム・ウジュンの犠牲フライ、2番ペ・ジョンデのタイムリーで7-6と逆転すると、代わったサムソンの4番手チェ・ジグァンからカン・ベッコのタイムリーで2点を追加した。

 KTの3番手チュ・グォンは7回表途中で4番手キム・ミンスに交代した。KTの5番手アン・ヨンミョンは8回表を無失点に抑えた。サムソンの6番手チャン・ピルジュンは8回裏に追加点を与えなかった。KTの6番手キム・ジェユンは9回表を無失点に抑え、KTが勝利した。パク・シヨンはロッテからの移籍後初勝利。KT打線ではカン・ベッコが3安打3打点と活躍。首位サムソンはリリーフが機能しなかった。サムソン打線ではピレラが3安打1本塁打2打点と活躍。

 

 

キウム 2-3 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ロケット 3勝2敗  (セーブ)キム・ガンニュル 9S  (敗)アン・ウジン 1勝3敗

本塁打) トゥサン : フェルナンデス 5号

 トゥサンは1回裏にキウムの先発アン・ウジンから3番フェルナンデスの本塁打で1点を先制した。キウムは5回表にトゥサンの先発ロケットから2番キム・ヘェソンのタイムリーで1-1の同点に追いついた。トゥサンは6回裏に6番オ・ジェウォンのタイムリーで2点を勝ち越した。キウムの2番手ヤン・ヒョンは追加点を与えなかった。キウムは7回表にトゥサンの2番手チャン・ウォンジュンからチャンスを作り、代わったトゥサンの3番手イ・スンジンから5番キム・ウンビンの内野ゴロの間に1点を返した。

 キウムの3番手キム・テフンは7回裏から登板した。トゥサンの4番手ホン・ゴンヒィは8回表を無失点に抑えた。キウムの4番手キム・ソンミンは8回裏まで追加点を与えなかった。トゥサンの5番手キム・ガンニュルは9回表を無失点に抑え、トゥサンが勝利し4連勝となった。6回を1失点に抑えたロケットは3勝目。トゥサン打線ではオ・ジェウォンが3安打2打点と活躍。先発アン・ウジンが6回途中3失点で降板したキウムは3連敗。

 

 

LG 1-7 キア  (光州)

(勝)イ・スンジェ 2勝  (敗)ケリー 2勝2敗

本塁打) キア : キム・ミンシク 2号

 キアは2回裏にLGの先発ケリーから7番キム・ミンシクの本塁打で3点を先制し、3回裏に3番タッカーと4番イ・ジョンフンのタイムリーで2点を追加した。LGは5回表にキアの先発メンデンから4番チェ・ウンソンのタイムリーで1点を返した。キアの2番手の高卒新人チャン・ミンギは5回表途中から登板した。キアの3番手の大卒新人イ・スンジェは6回表まで無失点に抑えた。LGの2番手チェ・ジソンは7回裏に追加点を与えなかった。

 キアの4番手パク・チンテは8回表途中まで無失点に抑え、5番手イ・ジュニョンに交代した。キアは8回裏にLGの3番手チェ・ソンフンからリュ・ジヒョクのタイムリーで1点を追加した。キアの6番手キム・ジェユルは9回表を無失点に抑え、キアが勝利し4連敗から脱出した。イ・スンジェは2勝目。キア打線では1番チェ・ウォンジュンが4安打と活躍。LGでは先発ケリーが6回6失点で降板した。

f:id:takefumif:20210512025957j:plain

キアの3番手の大卒新人イ・スンジェは2勝目をあげた https://www.yna.co.kr/view/PYH20210511203200054?input=1196m

 

 

SSG 7-6 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)チョ・ヨンウ 1勝4敗1S  (セーブ)ソ・ジニョン 1勝3S  (敗)キム・ウォンジュン 2敗4S

本塁打) SSG : チェ・ジョン 7,8号、チョン・ウィユン 3号、チェ・ジフン 1号  ロッテ : イ・デホ 7号

 ロッテは1回裏にSSGの先発オ・ウォンソクから5番ソン・アソプの内野ゴロの間に1点を先制した。SSGは3回表にロッテの先発ストレイリーから4番チェ・ジョンの本塁打で1-1の同点に追いついた。ロッテは4回裏に8番キム・ジュンテと9番シン・ユンスのタイムリーで2点を勝ち越し、5回裏にSSGの2番手チェ・ミンジュンから7番ハン・ドンヒィへの押し出しの四球で1点を追加した。SSGは7回表にロッテの2番手チン・ミョンホから6番チョン・ウィユンの本塁打で1点を返し、3番手チョ・ヨンウは7回裏に追加点を与えなかった。

 SSGは8回表にロッテの3番手キム・ウォンジュンから1番チェ・ジフンの本塁打、チェ・ジョンのこの試合2本目の本塁打で6-4と逆転した。SSGの4番手の大卒新人チャン・ジフンは8回裏を無失点に抑えた。SSGは9回表にロッテの4番手ナ・ギュナンから途中出場の2番オ・テゴンのタイムリーで1点を追加した。ロッテは9回裏にSSGの5番手ソ・ジニョンから3番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の本塁打、6番マチャドの犠牲フライで2点を返したが、SSGが勝利し3連勝となった。SSG打線ではチェ・ジョンが2本塁打4打点と活躍。最下位ロッテの先発ダン・ストレイリーは6回を1失点に抑えるもリリーフが機能せず、この試合から指揮を執ったラリー・サットン新監督に初勝利を届けることができなかった。

 

 

NC 7-2 ハンファ  (大田)

(勝)ルチンスキー 3勝1敗  (敗)カーペンター 1勝2敗

本塁打) NC : ナ・ソンボム 10号、パク・ソンミン 7号

 NCは1回表にハンファの先発カーペンターから6番パク・ソンミンへの押し出しの四球で1点を先制し、2回表に3番ナ・ソンボムの犠牲フライ、5番アルテールへの押し出しの四球で2点を追加した。ハンファの2番手チュ・ヒョンサンは6回表まで追加点を与えなかった。 NCの先発ルチンスキーは7回裏まで無失点に抑えた。NCは7回表にハンファの3番手オ・ドンウクからナ・ソンボムとパク・ソンミンの本塁打で4点を追加し、2番手イム・ジョンホは8回裏を無失点に抑えた。

 ハンファの4番手キム・ジョンスは9回表まで追加点を与えなかった。ハンファは9回裏にNCの3番手ペ・ミンソから6番イ・ソンヨルのタイムリー、7番チャン・ウンホの犠牲フライで2点を返したが、NCが勝利した。ルチンスキーは3勝目。NC打線ではナ・ソンボムとパク・ソンミンが1本塁打3打点と活躍。ハンファでは先発カーペンターが4回3失点で降板した。 

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(5月11日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.サムソン   32  19  13  0  .594

2.トゥサン   31  17  14  0  .548

2.KT     31  17  14  0  ,548

2.SSG    31  17  14  0  .548

2.LG     31  17  14  0  .548

6.NC     31  16  15  0  .516

7.キア     31  14  17  0  .452

8.キウム    32  14  18  0  .438

9.ハンファ   31  13  18    0   .419

10.ロッテ    31  12  19  0  .387

 

 (文責 : ふるりん