DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(5.1) 結果

KT3連勝

 

LG 2-8 サムソン  (大邱

(勝)ヤン・チャンソプ 1勝  (敗)イ・ミンホ 1勝2敗

本塁打) サムソン : カン・ミンホ 4,5号、イ・ハクチュ 2号

 LGは2回表にサムソンの先発キム・ユンスから1番ホン・チャンギのタイムリーで1点を先制した。サムソンは2回裏にLGの先発イ・ミンホから5番カン・ミンホの本塁打で1-1の同点に追いついた。サムソンは4回裏にカン・ミンホの2打席連続本塁打、9番イ・ハクチュの2試合連続本塁打で6点を勝ち越した。サムソンの2番手ヤン・チャンソプは6回表途中まで無失点に抑え、3番手イム・ヒョンジュンに交代した。LGの2番手チェ・ソンフンは6回裏まで無失点に抑えた。

 LGは7回表にサムソンの4番手チャン・ピルジュンから代打イ・ヒョンジョンのタイムリーで1点を返した。サムソンは7回裏にLGの3番手ぺ・ジェジュンからカン・ミンホのタイムリーで1点を追加し、5番手シム・チャンミンは8回表を無失点に抑えた。LGの4番手キム・デヒョンは8回裏に追加点を与えなかった。サムソンの6番手ウ・ギュミンは9回表を無失点に抑え、サムソンが勝利した。ヤン・チャンソプは2018年10月以来の勝利。サムソン打線ではカン・ミンホが3安打2本塁打4打点と活躍。LGでは先発イ・ミンホが4回7失点で降板した。

 

 

キア 0-3 KT  (水原)

(勝)ペ・ジェソン 2勝2敗  (セーブ)キム・ジェユン 2勝5S  (敗)ブルックス 1勝3敗

 KTは3回裏にキアの先発ブルックスから3番カン・ベッコのタイムリーで1点を先制した。KTの先発ペ・ジェソンは7回表まで無失点に抑えた。KTは7回裏にキアの2番手パク・チンテからチャンスを作ると、代わったキアの3番手イ・ジュニョンからカン・ベッコのタイムリーで1点を追加した。キアの4番手の大卒新人イ・スンジェは追加点を与えなかった。KTの2番手チュ・グォンは8回表を無失点に抑えた。

 KTは8回裏にキアの5番手パク・チュンピョから代打チャン・ソンウのタイムリーで1点を追加した。KTの3番手キム・ジェユンは9回表を無失点に抑え、KTが完封リレーで3連勝となった。ペ・ジェソンは2勝目。キアでは先発ブルックスが6回を1失点に抑えるも、打線が沈黙した。

 

 

SSG 5-2 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・サンス 2勝6S  (セーブ)チョ・ヨンウ 4敗1S  (敗)パク・チョンギ 1敗

本塁打) SSG : チュ・シンス 6号、オ・ジュンヒョク 1号、パク・ソンハン 1号  

 SSGは1回表にトゥサンの先発クァク・ピンから1番チュ・シンス先頭打者本塁打で1点を先制した。トゥサンは2回裏にSSGの先発ムン・スンウォンから9番チャン・スンヒョンの2点タイムリーで2-1と逆転した。トゥサンの2番手ホン・ゴンヒィは6回表まで無失点に抑えた。SSGの2番手イ・テヤンは6回裏まで追加点を与えなかった。SSGの3番手ソ・ジニョンは7回裏に追加点を与えなかった。トゥサンの3番手イ・スンジンは8回表途中まで無失点に抑え、4番手チャン・ウォンジュンに交代した。

 SSGは9回表にトゥサンの5番手キム・ガンニュルから代打オ・ジュンヒョクの本塁打で2-2の同点に追いつき、5番手キム・テフンは9回裏途中まで無失点に抑え、試合はそのまま延長に突入した。トゥサンの6番手キム・ミョンシンは11回表を無失点に抑えた。SSGの6番手キム・サンスは11回裏まで無失点に抑えた。SSGは12回表にトゥサンの7番手パク・チョンギから9番パク・ソンハンの本塁打で3点を勝ち越した。SSGの7番手チョ・ヨンウは12回裏を無失点に抑え、SSGが勝利した。チョ・ヨンウはプロ8年目にして初セーブ。トゥサンは打線が投手陣を援護できなかった。

f:id:takefumif:20141226101445j:plain

SSGのパク・ソンハンは延長12回表に決勝の本塁打 http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=202105012136858816&ext=na&utm_campaign=naver_news&utm_source=naver&utm_medium=related_news

 

 

キウム 13-9 NC  (昌原)

(勝)キム・ジョンイン 1勝2敗  (敗)パーソンズ 2勝2敗

本塁打) キウム : パク・トンウォン 1号  NC : パク・ミヌ 1号、ナ・ソンボム 7号、ノ・ジンヒョク 2号、ユン・ヒョンジュン 2号、アルテール 10号

 キウムは1回表にNCの先発の新外国人パーソンズから6番ソン・ウヒョンへの押し出しの四球で1点を先制した。NCは1回裏にキウムの先発キム・ジョンインから1番パク・ミヌの先頭打者本塁打で1-1の同点に追いついた。キウムは2回表に8番パク・トンウォンの本塁打、3番ソ・ゴンチャンの犠牲フライで2点を勝ち越した。NCは2回裏に相手のエラーで1点を返した。キウムは3回表に3番ソ・ゴンチャンのタイムリーで2点を追加しパーソンズをノックアウトすると、代わったNCの2番手イム・チャンミンからソン・ウヒョンのタイムリー、7番キム・スファンの犠牲フライで3点を追加した。NCの3番手イム・ジョンホは5回表に追加点を与えなかった。

 キウムは6回表にNCの4番手リュ・ジヌクから9番イ・ヨンギュと2番イ・ジョンフのタイムリー、相手のエラーで5点を追加した。キウムの2番手キム・ジェウンは6回裏を無失点に抑えた。NCは7回裏にキウムの3番手イム・ギュビンから3番ナ・ソンボムの本塁打で1点を返し、5番手ソ・イヒョンは8回表まで追加点を与えなかった。NCは8回裏にキウムの4番手の大卒新人キム・ソンジンから7番ノ・ジンヒョク、途中出場の8番ユン・ヒョンジュンの2者連続本塁打で2点を返し、6番手ムン・ギョンチャンは9回表に追加点を与えなかった。NCは9回裏にキウムの5番手イ・ジョンミンから途中出場の4番パク・チュンテの犠牲フライ、5番アルテールの本塁打で4点を返したが、6番手オ・ジュウォンが無失点に抑えキウムが勝利した。5回を2失点に抑えたキム・ジョンインは7年目にしてプロ初勝利。キウム打線では1番キム・ヘェソンが3安打、ソン・ウヒョンが3打点と活躍。NCでは先発パーソンズが4回途中7失点で降板。NC打線ではユン・ヒョンジュンが3安打1本塁打1打点と活躍。

 

 

ハンファ 11-3 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)キンガム 3勝1敗  (敗)イ・スンホン 1敗

本塁打) ハンファ : ハ・ジュソク 3号 

 ハンファは1回表にロッテの先発イ・スンホンから4番の新外国人ヒーリーと5番ノ・シファンのタイムリーなどで3点を先制し、2回表に3番ハ・ジュソクの内野ゴロの間に1点を追加した。ハンファは4回表にロッテの2番手ソ・ジュヌォンからヒーリーの犠牲フライ、6番キム・ミンハのタイムリーで2点を追加した。ロッテは6回裏にハンファの先発の新外国人キンガムから1番アン・チホンのタイムリーで2点を返した。ハンファは7回表にソ・ジュヌォンから9番ユ・ジャンヒョクのタイムリー、代わったロッテの3番手パク・チェミンからチャンスを作り、さらに代わったロッテの4番手オ・ヒョンテクからハ・ジュソクの満塁本塁打で計5点を追加した。

 ロッテは7回裏に途中出場の6番カン・テユルの犠牲フライで1点を返した。ロッテは8回表に内野手キム・ミンス、9回表に同じく内野手のぺ・ソングンが登板しそれぞれ無失点に抑えた。ハンファの2番手チャン・ミンジェは8回裏、3番手チャン・シファンは9回裏を無失点に抑え、ハンファが勝利した。7回を3失点に抑えたキンガムは3勝目。ハンファ打線ではハ・ジュソクが1本塁打5打点と活躍。先発イ・スンホンが4回途中6失点で降板したロッテは3連敗。

 

 (文責 : ふるりん