DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(4.24) 結果

トゥサン、SSG3連勝

 

LG 5-19 ハンファ  (大田)

(勝)キム・ボムス 1勝2敗  (敗)イム・チャンギュ 2敗

本塁打) ハンファ : ノ・シファン 5,6号

 ハンファは1回裏にLGの先発イム・チャンギュから5番ノ・シファンと6番チャン・ウンホのタイムリーで3点を先制した。LGは2回表にハンファの先発キム・イファンから1番ホン・チャンギのタイムリー、相手のエラーなどで4-3と逆転した。ハンファは2回裏に3番ハ・ジュソクのタイムリー、ノ・シファンへの押し出しの四球で5-4と逆転しイム・チャンギュをノックアウトすると、代わったLGの2番手ぺ・ジェジュンから7番キム・ミンハのタイムリー、8番イ・へチャンへの押し出しの四球などで3点を追加した。LGは3回表にホン・チャンギのタイムリーで1点を返した。

 ハンファの2番手キム・ボムスは4回表まで無失点に抑えた。ハンファは4回裏にキム・ミンハのタイムリー、イ・へチャンの犠牲フライで3点を追加した。ハンファの3番手カン・ジェミンは6回表まで無失点に抑えた。ハンファは6回裏にLGの3番手キム・デヒョンからキム・ミンハ、1番チョン・ウヌォン、3番の新外国人ヒーリーのタイムリーなどで4点、7回裏にノ・シファンの本塁打、チョン・ウヌォンのタイムリーで3点を追加した。ハンファの4番手の大卒新人ぺ・ドンヒョンは8回表まで無失点に抑えた。ハンファは8回裏にLGの4番手チェ・ソンフンからノ・シファンの2打席連続本塁打で1点を追加した。

 ハンファの5番手チュ・ヒョサンは9回表を無失点に抑え、ハンファが勝利した。ハンファ打線ではノ・シファンが4安打2本塁打5打点、キム・ミンハが4安打4打点、チャン・ウンホが4安打2打点、チョン・ウヌォンが3安打3打点と活躍。LGでは先発イム・チャンギュが2回途中7失点で降板した。LG打線では4番キム・ヒョンスが3安打、ホン・チャンギが3打点と活躍。

 

 

SSG 5-4 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)キム・サンス 1勝5S  (敗)チョ・サンウ 1敗

本塁打) SSG : ロマック 4号、チェ・ジョン 5号  キウム : キム・ヘェソン 1号 

 キウムは1回裏にSSGの先発フォントから4番キム・ウンビンのタイムリーで1点を先制し、3回裏に1番キム・ヘェソンの本塁打で1点、4回裏に7番ソン・ウヒョンのタイムリーで1点を追加した。SSGは6回表にキウムの先発チェ・ウォンテから4番ロマック(元横浜DeNA)の本塁打で3-3の同点に追いついた。キウムの2番手キム・テフンは7回表、SSGの2番手イ・テヤンは7回裏、キウムの3番手キム・ソンミンは8回表、SSGの3番手キム・テフンは8回裏を無失点に抑え、試合は延長に突入した。

 SSGは10回表にキウムの4番手チョ・サンウから3番チェ・ジョンの本塁打で2点を勝ち越した。キウムの5番手オ・ジュウォンは追加点を与えなかった。キウムは10回裏にSSGの4番手キム・サンスから3番ソ・ゴンチャンのタイムリーで1点を返したが、SSGが勝利し3連勝となった。キム・サンスはキウムからの移籍後初勝利。キウム打線ではキム・ウンビンが3安打1打点と活躍。

 

 

NC 6-9 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ミランダ 3勝  (セーブ)キム・ガンニュル 6S  (敗)カン・ドンヨン 2勝1敗

本塁打) トゥサン : キム・ジェホ 1号、キム・ジェファン 6号

 NCは3回表にトゥサンの先発の新外国人ミランダ(元福岡ソフトバンク)から3番ナ・ソンボムと4番ヤン・ウィジのタイムリーで4点を先制した。トゥサンは3回裏にNCの先発カン・ドンヨンから3番パク・コヌの犠牲フライ、7番キム・ジェホの満塁本塁打で5-4と逆転した。トゥサンは5回裏に4番キム・ジェファンの本塁打で1点を追加した。NCの2番手ホン・ソンミンは追加点を与えなかった。NCは6回表に相手のエラーで1点を返し、3番手ムン・ギョンチャンは6回裏を無失点に抑えた。トゥサンは7回裏にNCの4番手イム・チャンミンから9番チャン・スンヒョンとパク・コヌのタイムリーなどで3点を追加した。

 NCの5番手キム・ジンソンは追加点を与えなかった。NCは8回表にトゥサンの3番手イ・スンジンから1番クォン・ヒィドンのタイムリーで1点を返し、6番手シン・ミンヒョクは8回裏に追加点を与えなかった。トゥサンの3番手キム・ガンニュルは9回表まで無失点に抑え、トゥサンが勝利し3連勝となった。6回を4失点に抑えたミランダは3勝目。トゥサン打線ではキム・ジェホが3安打1本塁打4打点、キム・ジェファンが3安打1本塁打1打点と活躍。先発カン・ドンヨンが5回途中6失点で降板したNCは3連敗。NC打線では6番パク・ソンミンと8番キム・テグンが3安打と活躍。

 

 

サムソン 8-4 キア  (光州)

(勝)ウォン・テイン 3勝1敗  (敗)イ・ミヌ 2敗

本塁打) サムソン : ソン・ジュンソク 1号、ピレラ 7号

 サムソンは1回表にキアの先発イ・ミヌから3番の新外国人ピレラ(元広島)、4番カン・ミンホのタイムリーで2点を先制した。キアは1回裏にサムソンの先発ウォン・テインから4番イ・チャンジンの犠牲フライで1点を返した。サムソンは2回表に8番ソン・ジュンソクの本塁打で1点、3回表にピレラの本塁打で2点を追加した。キアは5回裏に2番タッカーのタイムリーで1点を返した。サムソンは6回表にキアの2番手の高卒新人チャン・ミンギから2番ク・ジャウクへの押し出しの四球で1点を追加した。さらに7回表にキアの3番手コ・ヨンチャンからチャンスを作ると、代わったキアの4番手パク・チンテから6番カン・ハヌルの犠牲フライ、7番イ・ウォンソクのタイムリーで2点を追加した。

 キアは7回裏にサムソンの2番手イム・ヒョンジュンからチャンスを作ると、代わったサムソンの3番手チェ・ジグァンからタッカーのタイムリーで1点を返した。サムソンの4番手ウ・ギュミンは8回裏を無失点に抑えた。キアは9回裏にサムソンの5番手オ・スンファン(元阪神)からタッカーのタイムリーで1点を返したが、サムソンが勝利した。6回を2失点に抑えたウォン・テインは3勝目。サムソン打線ではピレラが3安打1本塁打3打点、ク・ジャウクが3安打1打点と活躍。キアでは先発イ・ミヌが5回途中5失点で降板した。キア打線ではタッカーが4安打3打点と活躍。

 

f:id:takefumif:20210424224123j:plain

3勝目をあげたサムソンのウォン・テイン http://osen.mt.co.kr/article/G1111566776

 

 

ロッテ 4-2 KT  (水原)

(勝)パク・セウン 2勝1敗  (セーブ)キム・ウォンジュン 2S  (敗)コ・ヨンピョ 2勝1敗

本塁打) KT : カン・ベッコ 2号

 KTは1回裏にロッテの先発パク・セウンから3番カン・ベッコの本塁打で2点を先制した。ロッテは3回表にKTの先発コ・ヨンピョから1番アン・チホンのタイムリーで1点を返し、5回表に代打イ・ビョンギュとアン・チホンのタイムリーで3-2と逆転した。ロッテの2番手キム・デウは6回裏を無失点に抑えた。ロッテは7回表にKTの2番手ユ・ウォンサンから3番チョン・ジュヌのタイムリーで1点を追加した。

 KTの3番手キム・ミンスと4番手チュ・グォンは追加点を与えなかった。ロッテの3番手チェ・ジュニョンは8回裏まで無失点に抑えた。KTの5番手キム・ジェユンは9回表に追加点を与えなかった。ロッテの4番手キム・ウォンジュンは9回裏を無失点に抑え、ロッテが勝利した。5回を2失点に抑えたパク・セウンは2勝目。ロッテ打線ではアン・チホンが3安打2打点と活躍。KTでは先発コ・ヨンピョが6回を3失点に抑えるも打線の援護に恵まれなかった。

 

 (文責 : ふるりん