DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(4.22) 結果

キウム7連敗から脱出

 

KT 11-5 NC  (昌原)

(勝)デスパイネ 1勝2敗  (敗)ルチンスキー 2勝1敗

本塁打) KT : ペ・ジョンデ 1号  NC : ナ・ソンボム 4号、パク・ソンミン 1号、ユン・ヒョンジョン 1号

 KTは3回表にNCの先発ルチンスキーから2番キム・ミンヒョクのタイムリー、3番カン・ベッコの犠牲フライ、6番ファン・ジェギュン、7番イ・ホングのタイムリーで6点を先制し、4回表に4番アルモンテ(元中日)のタイムリーなどで2点を追加した。KTは6回表にNCの2番手シン・ミンヒョクから5番ペ・ジョンデの本塁打で3点を追加し、先発デスパイネは6回裏まで無失点に抑えた。NCの3番手ムン・ギョンチャンは7回表に追加点を与えなかった。KTの2番手イ・ボグンは7回裏を無失点に抑えた。

 NCの4番手ペ・ミンソは8回表に追加点を与えなかった。NCは8回裏にKTの3番手の大卒新人ハン・チャヒョンから3番ナ・ソンボム、途中出場の6番パク・ソンミンの本塁打で3点を返し、5番手リュ・ジヌクは9回表に追加点を与えなかった。NCは9回裏に途中出場の2番ユン・ヒョンジュンのプロ9年目にしての初本塁打で2点を返したが、KTが勝利した。デスパイネはシーズン初勝利。KT打線ではキム・ミンヒョクが4安打2打点と活躍。NCでは先発ルチンスキーが5回8失点で降板した。NC打線では8番パク・チュニョンが3安打と活躍。

 

 

キア 3-2 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)チョン・ヘヨン 3勝1敗2S  (敗)コ・ウソク 1敗5S

本塁打) LG : キム・ミンソン 2号  キア : チェ・ヒョンウ 4号

 キアは4回表にLGの先発ケリーから4番チェ・ヒョンウの本塁打で1点を先制し、 6回表に7番ナ・ジワンへの押し出しの死球で1点を追加した。LGの2番手チン・ヘスと3番手チェ・ソンフンは7回表に追加点を与えなかった。LGは7回裏にキアの先発の高卒新人イ・ウィリから6番キム・ミンソンの本塁打で1点を返した。LGは8回裏にキアの2番手パク・チュンピョからチャンスを作ると、代わった3番手チャン・ヒョンシクから9番オ・ジファンの犠牲フライで2-2の同点に追いついた。

 LGの4番手イ・ジョンヒョンは9回表途中まで無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。キアは10回表にLGの5番手コ・ウソクから8番リュ・ジヒョクのタイムリーで1点を勝ち越した。LGの6番手ぺ・ジェジュンは追加点を与えなかった。キアの4番手チョン・ヘヨンは10回裏を無失点に抑え、キアが勝利した。LGは10回裏などのチャンスを生かせなかった。

 

 

SSG 11-6 サムソン  (大邱

(勝)ハ・ジェフン 1勝  (敗)イム・ヒョンジュン 1勝1敗

本塁打) SSG : チェ・ジュファン 4号

 サムソンは4回裏にSSGの先発オ・ウォンソクから相手のエラーなどで2点を先制し、5回裏に4番カン・ミンホの走者一掃のタイムリーで3点を追加しオ・ウォンソクをノックアウトした。SSGの2番手ソ・ジニョンは6回裏まで追加点を与えなかった。SSGは7回表にサムソンの先発ライブリーから5番チェ・ジュファンの本塁打で3点を返した。サムソンは7回裏にSSGの3番手ハ・ジェフン(元東京ヤクルト)から4番ピレラ(元広島)のタイムリーで1点を追加した。

 SSGは8回表にサムソンの2番手チェ・ジグァンからチャンスを作ると、代わったサムソンの3番手イム・ヒョンジュンから2番チュ・シンスのタイムリーで2点を返し、さらに代わったサムソンの4番手ウ・ギュミンから相手のエラー、4番ロマック(元横浜DeNA)、チェ・ジュファンのタイムリーで8-6と逆転した。SSGの4番手キム・テフンは8回裏を無失点に抑えた。SSGは9回表にサムソンの5番手シム・チャンミンからチェ・ジュファンの走者一掃となるタイムリーで3点を追加した。

 SSGの5番手キム・サンスは9回裏を無失点に抑え、SSGが勝利した。SSG打線ではチェ・ジュファンが3安打1本塁打7打点と活躍。サムソンは7回以降の大量失点と投手陣が崩壊した。サムソン打線では8番カン・ハヌルが3安打と活躍。

 

 

トゥサン 13-1 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)ロケット 2勝1敗  (敗)ストレイリー 1勝2敗

 トゥサンは1回表にロッテの先発ストレイリーから4番キム・ジェファンのタイムリー、5番ヤン・ソックァンの犠牲フライで2点を先制し、3回表に3番パク・コヌのタイムリー、相手のエラー、ヤン・ソックァンの犠牲フライ、6番キム・インテのタイムリーで4点を追加しストレイリーをノックアウトした。ロッテは3回裏にトゥサンの先発の新外国人ロケットから3番チョン・ジュヌのタイムリーで1点を返した。トゥサンは5回表にロッテの2番手ソ・ジュヌォンから7番キム・ジェホのタイムリーで2点を追加した。

 トゥサンは7回表にロッテの3番手イ・インボクからキム・インテのタイムリー、相手のエラー、1番ホ・ギョンミンのタイムリーで4点を追加した。トゥサンは9回表にロッテの4番手オ・ヒョンテクからチャンスを作ると、ここでロッテは捕手のカン・テユルを登板させ、トゥサンは途中出場の3番チョ・スヘンのタイムリーで1点を追加した。トゥサンの2番手パク・チョンギは9回裏を無失点に抑え、トゥサンが勝利した。7回を1失点に抑えたロケットは2勝目。トゥサン打線ではホ・ギョンミンが3安打2打点、2番フェルナンデスが3安打と活躍。ロッテでは先発ストレイリーが3回途中6失点で降板した。

 

 

キウム 8-3 ハンファ  (大田)

(勝)ハン・ヒョンヒィ 1勝  (敗)チャン・シファン 3敗

本塁打) キウム : フレイタス 1号  ハンファ : ハ・ジュソク 2号

 キウムは1回表にハンファの先発チャン・シファンから5番の新外国人フレイタスのタイムリーで2点を先制し、2回表に9番イ・ヨンギュのタイムリーなどで2点を追加した。ハンファは4回裏にキウムの先発ハン・ヒョンヒィから8番チェ・ジェフンのタイムリーで1点を返した。キウムは5回表に相手のエラーで2点を追加しチャン・シファンをノックアウトした。ハンファは5回裏に3番ハ・ジュソクの本塁打で2点を返した。キウムは6回表にハンファの2番手の大卒新人ペ・ドンヒョンから1番キム・ヘェソンの犠牲フライで1点を追加し、2番手キム・ソンミンは6回裏を無失点に抑えた。

 キウムは7回表にハンファの3番手チュ・ヒョサンからフレイタスの韓国初本塁打で1点を追加し、3番手キム・ジェウンと4番手ヤン・フンは7回裏を無失点に抑えた。ハンファの4番手オ・ドンウクは8回表に追加点を与えなかった。キウムの5番手キム・テフンは8回裏を無失点に抑えた。ハンファの5番手ユン・ホスルは9回表に追加点を与えなかった。キウムの6番手チョ・サンウは9回表を無失点に抑え、キウムが勝利し7連敗から脱出した。5回を3失点に抑えたハン・ヒョンヒィはシーズン初勝利。キウム打線ではフレイタスが1本塁打3打点と活躍。先発チャン・シファンが5回途中6失点で降板したハンファは連勝が3で止まった。

 

f:id:takefumif:20210422205200j:plain

韓国初本塁打など3打点と活躍したキウムのフレイタス http://www.xportsnews.com/?ac=article_view&entry_id=1416401

 

 (文責 : ふるりん