DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(4.20) 結果

KT5連勝 キウム6連敗

 

KT 5-2 NC  (昌原)

(勝)ペ・ジェソン 1勝2敗  (セーブ)キム・ジェユン 1勝3S  (敗)パーソンズ 1勝1敗

本塁打) NC : アルテール 8号

 KTは1回表にNCの先発の新外国人パーソンズから6番ペ・ジョンデへの押し出しの四球で1点を先制した。NCは2回裏にKTの先発ペ・ジェソンから1番イ・ミョンギへの押し出しの四球で1-1の同点に追いついた。KTは5回表に3番カン・ベッコと5番の新外国人アルモンテ(元中日)のタイムリーで2点を勝ち越しパーソンズをノックアウトした。NCの2番手イム・チャンミンは追加点を与えなかった。NCの3番手リュ・ジヌクと4番手イム・ジョンホは6回表に追加点を与えなかった。

 KTは7回表にNCの5番手ムン・ギョンチャンから7番チャン・ソンウのタイムリーで1点を追加し、2番手キム・ミンスは7回裏途中まで無失点に抑えた。KTの3番手チュ・グォンと4番手チョ・ヒョヌも無失点に抑えた。NCの6番手ホン・ソンミンは8回表に追加点を与えなかった。NCは8回裏にKTの5番手イ・ボグンから5番アルテールの本塁打で1点を返した。

 KTは9回表にNCの7番手キム・ジンソンからチャン・ソンウのタイムリーで1点を追加した。KTの6番手キム・ジェユンは9回裏を無失点に抑え、KTが勝利し5連勝となった。5回を1失点に抑えたペ・ジェソンはシーズン初勝利。KT打線ではチャン・ソンウが3安打2打点、2番ファン・ジェギュンが3安打と活躍。NCでは先発パーソンズが5回途中3失点で降板した。

f:id:takefumif:20210421002816j:plain

KTは5回表にカン・ベッコのタイムリーで勝ち越し5連勝 http://osen.mt.co.kr/article/G1111563395

 

 

キア 6-3 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)ブルックス 1勝2敗  (セーブ)チョン・ヘヨン 2勝1敗2S  (敗)チョン・チャンホン 1勝1敗

本塁打) キア : チェ・ヒョンウ 2,3号  LG : ホン・チャンギ 1号

 キアは1回表にLGの先発チョン・チャンホンから4番チェ・ヒョンウの本塁打で2点を先制した。LGは3回裏にキアの先発ブルックスから1番ホン・チャンギの犠牲フライで1点を返した。キアは5回表にチェ・ヒョンウのこの試合2本目の本塁打で2点を追加した。チェ・ヒョンウはこれでプロ野球史上12人目となる個人通算2000安打を達成した。LGの2番手ソン・ウンボムは6回表、3番手キム・ユンシクは7回表に追加点を与えなかった。キアの2番手パク・チュンピョは7回裏を無失点に抑えた。キアは8回表にLGの4番手キム・デユから相手のエラーで1点を追加した。

 LGは8回裏にキアの3番手イ・ジュニョンからホン・チャンギ本塁打で2点を返した。キアの4番手チャン・ヒョンシクは無失点に抑えた。キアは9回表にLGの5番手イ・ジョンヨンから7番イ・チャンジンのタイムリーで1点を追加した。キアの5番手チョン・ヘヨンは9回裏を無失点に抑え、キアが勝利した。6回を1失点に抑えたブルックスはシーズン初勝利。キア打線ではチェ・ヒョンウが2本塁打4打点と活躍。先発チョン・チャンホンが5回4失点で降板したLGは3連敗。LG打線ではホン・チャンギが1本塁打3打点と活躍。

f:id:takefumif:20210421051845j:plain

キアのチェ・ヒョンウは5回表の本塁打で個人通算2000安打を達成 http://mksports.co.kr/view/2021/381508/

 

 

SSG 10-7 サムソン  (大邱

(勝)ムン・スンウォン 1勝1敗  (セーブ)キム・テフン 1勝1S  (敗)イ・スンミン 1勝2敗

本塁打) SSG : キム・ソンヒョン 1号、チュ・シンス 4,5号  サムソン : カン・ミンホ 2号、ピレラ 4号、イ・ウォンソク 1号

 サムソンは1回裏にSSGの先発ムン・スンウォンから4番ピレラ(元広島)のタイムリーで1点を先制した。SSGは2回表にサムソンの先発イ・スンミンから8番イ・ジェウォンのタイムリー、9番キム・ソンヒョンの本塁打で4-1と逆転した。SSGは3回表に6番ナム・テヒョクのタイムリーで1点を追加しイ・スンミンをノックアウトすると、代わったサムソンの2番手キム・デウから7番ハン・ユソムの犠牲フライでもう1点を追加した。サムソンは3回裏に5番カン・ミンホのタイムリーで1点を返した。

 SSGは4回表に2番チュ・シンス本塁打で2点、5回表にサムソンの3番手ヤン・チャンソプから8番イ・ジェウォンのタイムリーで1点を追加した。サムソンは6回裏にSSGの2番手イ・テヤンからカン・ミンホの本塁打で1点を返した。SSGは8回表にサムソンの4番手キム・ユンスからチュ・シンスのこの試合2本目の本塁打で1点を追加した。サムソンは8回裏にSSGの3番手チョ・ヨンウからピレラと6番イ・ウォンソクのタイムリー、代わったSSGの4番手ソ・ジニョンから相手のエラーで計4点を返した。

 サムソンの5番手イム・ヒョンジュンと6番手オ・スンファン(元阪神)は9回表に追加点を与えなかった。SSGの5番手キム・テフンは9回裏まで無失点に抑え、SSGが勝利し3連勝となった。5回を2失点に抑えたムン・スンウォンはシーズン初勝利。SSG打線ではイ・ジェウォンが3安打2打点、チュ・シンスが2本塁打3打点と活躍。サムソンでは先発イ・スンミンが3回途中6失点で降板した。サムソン打線ではピレラが1本塁打3打点と活躍。

 

 

トゥサン 5-10 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)ノ・ギョンウン 1勝  (敗)イ・ヨンハ 1勝2敗

本塁打) トゥサン : フェルナンデス 1,2号、キム・ジェファン 3号  ロッテ : キム・ジュンテ 3号、アン・チホン 2号、チョン・ジュヌ 1号

 トゥサンは2回表にロッテの先発ノ・ギョンウンから6番フェルナンデスの本塁打で1点を先制した。ロッテは2回裏にトゥサンの先発イ・ヨンハから7番キム・ジュンテの本塁打で1-1の同点に追いついた。ロッテは3回裏に5番チョン・フンと6番マチャドのタイムリー、1番アン・チホンの満塁本塁打で8点を勝ち越した。トゥサンは4回表にフェルナンデスの2打席連続本塁打で1点、5回表に4番キム・ジェファンの本塁打で1点を返した。ロッテは5回裏にトゥサンの2番手チョ・ジェヨンから3番チョン・ジュヌの本塁打で1点を返した。

 ロッテの2番手キム・デウは7回表、3番手イ・インボクは8回表を無失点に抑えた。トゥサンの3番手パク・チョンギは8回裏に追加点を与えなかった。トゥサンは9回表にロッテの4番手オ・ヒョンテクから2番チョ・スヘンと途中出場の4番キム・インテのタイムリーで2点を返したが、ロッテが勝利した。6回を3失点に抑えたノ・ギョンウンはシーズン初勝利。トゥサンでは先発イ・ヨンハが3回9失点で降板した。トゥサン打線ではフェルナンデスが2本塁打2打点と活躍。

 

 

キウム 3-7 ハンファ  (大田)

(勝)キンガム 2勝  (敗)キム・ジョンイン 2敗

本塁打) キウム : チョン・ビョンウ 1号

 キウムは1回表にハンファの先発の新外国人キンガムのボークで1点を先制した。ハンファは3回裏にキウムの先発キム・ジョンインから1番チョン・ウヌォン、2番パク・チョンヒョン、3番ハ・ジュソクのタイムリーなどで5-1と逆転した。キウムの2番手キム・ジェウンは5回裏まで追加点を与えなかった。キウムは7回表にハンファの2番手キム・ジニョンから代打チョン・ビョンウの本塁打で1点を返し、3番手キム・ドンヒョクは7回裏まで追加点を与えなかった。

 キウムは8回表にハンファの3番手カン・ジェミンから相手のエラーで1点を返した。ハンファは8回裏にキウムの4番手キム・ソンミンから5番ノ・シファンと6番チャン・ウンホのタイムリーで2点を返した。4番手チョン・ウラムは9回表を無失点に抑え、ハンファが勝利した。6回を1失点に抑えたキンガムは2勝目。先発キム・ジョンインが3回5失点で降板したキウムは6連敗。キウム打線では2番ソ・ゴンチャンが3安打と活躍。 

 

 (文責 : ふるりん