DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(4.11) 結果

サムソン4連勝  KT4連敗

NC 7-3 キア  (光州)

(勝)ソン・ミョンギ 1勝  (敗)メンデン 1敗

本塁打) NC : アルテール 4号、キム・テグン 2号

 キアは1回裏にNCの先発ソン・ミョンギから2番キム・ソンビンのタイムリーで1点を先制した。NCは4回表にキアの先発の新外国人メンデンから5番アルテールの2試合連続本塁打で2-1と逆転し、8番キム・テグンの本塁打で2点を追加した。キアは5回裏に9番パク・チャンホのタイムリーなどで2点を返し、2番手パク・チュンピョは6回表に追加点を与えなかった。NCの2番手イム・チャンミンは6回裏途中から登板した。NCは7回表にキアの3番手イ・ジュニョンから3番ナ・ソンボムのタイムリー、代わったキアの4番手の大卒新人イ・スンジェから4番ヤン・ウィジのタイムリーで計2点を追加した。

 NCの3番手ホン・ソンミンは7回裏を無失点に抑えた。NCは8回表に1番パク・ミヌのタイムリーで1点を追加し、4番手キム・ジンソンは8回裏を無失点に抑えた。キアの5番手の高卒新人チャン・ミンギは9回表に追加点を与えなかった。NCの5番手ウォン・ジョンヒョンは9回裏を無失点に抑え、NCが勝利し3連勝となった。6回途中まで3失点に抑えたソン・ミョンギはシーズン初勝利。3連敗となったキアの先発メンデンは5回4失点で降板した。キア打線ではキム・ソンビンが3安打2打点と活躍。

 

 

トゥサン 2-3 ハンファ  (大田)

(勝)カン・ジェミン 1勝  (セーブ)チョン・ウラム 1S  (敗)ホン・ゴンヒィ 1敗

 トゥサンは1回表にハンファの先発の新外国人カーペンターから3番パク・コヌと5番ヤン・ソックァンのタイムリーで2点を先制した。ハンファは6回裏にトゥサンの先発チェ・ウォンジュンと2番手ナム・ホからチャンスを作ると、代わったトゥサンの3番手パク・チグクから8番チェ・ジェフンの内野ゴロの間に1点を返し、9番ユ・ジャンヒョクのタイムリーで2-2の同点に追いついた。ハンファの2番手キム・ボムスは7回表まで無失点に抑えた。

 ハンファの3番手カン・ジェミンは8回表を無失点に抑えた。ハンファは8回裏にトゥサンの4番手ホン・ゴンヒィからチャンスを作ると、代わったトゥサンの5番手キム・ガンニュルから2番チャン・ウンホのタイムリーで1点を勝ち越した。ハンファの4番手チョン・ウラムは9回表を無失点に抑え、ハンファが逆転勝ちした。トゥサンは2回表以降無得点で投手陣を援護できなかった。

 

 

KT 2-4 サムソン  (大邱

(勝)ペク・チョンヒョン 1勝1敗  (セーブ)オ・スンファン 3S  (敗)デスパイネ 2敗

本塁打) KT : パク・キョンス 1号  サムソン : ク・ジャウク 2号、ピレラ 2号

 サムソンは1回裏にKTの先発デスパイネから2番ク・ジャウクの2試合連続本塁打で2点を先制した。KTは2回表にサムソンの先発ペク・チョンヒョンから8番パク・キョンスの本塁打で1点を返した。サムソンの2番手イ・スンヒョンは6回表を無失点に抑えた。KTは6回裏に4番の新外国人ピレラ(元広島)の2試合連続本塁打で1点を追加した。サムソンの3番手チェ・ジグァンは7回表を無失点に抑えた。KTの2番手イ・ボグンと3番手チョ・ヒョヌは7回裏に追加点を与えなかった。

 サムソンの4番手イム・ヒョンジュンと5番手ウ・ギュミンは8回表を無失点に抑えた。サムソンは8回裏にKTの4番手キム・ジェユンから6番キム・ドンヨプの犠牲フライで1点を追加した。KTは9回表にサムソンの6番手オ・スンファン(元阪神)から代打チョ・ヨンホのタイムリーで1点を返したが、サムソンが勝利し4連勝となった。5回を1失点に抑えたペク・チョンヒョンはシーズン初勝利。先発デスパイネが6回を3失点に抑えるも打線の援護に恵まれず、KTは4連敗。

 

 

SSG 0-1 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)スアレス 2勝  (セーブ)コ・ウソク 3S  (敗)チョ・ヨンウ 2敗

 SSGの先発パク・チョンフンは6回裏まで無失点に抑えた。それに対してLGの先発の新外国人スアレスも無失点を続けた。LGは7回裏にSSGの2番手チョ・ヨンウから7番ユ・ガンナムのタイムリーで1点を先制した。スアレスは8回表まで無失点に抑えた。SSGの3番手オ・ウォンソクは8回裏に追加点を与えなかった。

 LGの2番手コ・ウソクは9回表を無失点に抑え、LGが完封リレーで勝利した。スアレスは2勝目。SSG打線は沈黙し投手陣を援護できなかった。

 

 

キウム 3-2 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)キム・テフン 1勝  (セーブ)キム・ジェウン 1S  (敗)パク・チンヒョン 1勝1敗

 ロッテは2回裏にキウムの先発チェ・ウォンテから1番アン・チホンのタイムリーで2点を先制した。キウムは5回表にロッテの先発の新外国人フランコから1番ソ・ゴンチャンのタイムリーで1点を返すと、2番キム・ヘェソンの内野ゴロの間に2-2の同点に追いついた。キウムの2番手キム・ソンギは5回裏途中から登板し無失点に抑えた。キウムの3番手ヤン・ヒョンは6回裏、ロッテの2番手チェ・ジュニョンは7回表、キウムの4番手の高卒新人チャン・ジェヨンは7回裏、ロッテの3番手ク・スンミンは8回表、キウムの5番手キム・ソンミンは8回裏、ロッテの4番手キム・ウォンジュンは9回表を無失点に抑えた。

 試合はこのまま延長戦に突入し、ロッテの5番手キム・デウは10回表から登板した。キウムの6番手キム・テフンは10回裏まで無失点に抑えた。キウムは11回表にロッテの6番手パク・チンヒョンからチャンスを作ると、代わったロッテの7番手オ・ヒョンテクから1番ソ・ゴンチャンのタイムリーで1点を勝ち越した。キウムの7番手キム・ジェウンは11回裏を無失点に抑え、キウムが勝利した。キウム打線ではソ・ゴンチャンが3安打2打点と活躍。キム・ジェウンはプロ5年目にして初セーブ。ロッテは11回裏など再三のチャンスを生かせなかった。

 

f:id:takefumif:20210412041520j:plain

キウムのソ・ゴンチャンは11回表の決勝タイムリーなど3安打2打点 https://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202104120100091670005870&servicedate=20210411

 

 (文責 : ふるりん