DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(4.6) 結果

ロッテ、キア初勝利  サムソン開幕3連敗

ロッテ 10-5 NC  (昌原)

(勝)ク・スンミン 1勝  (敗)ウォン・ジョンヒョン 1敗

本塁打) ロッテ : イ・デホ 1号、ハン・ドンヒィ 1号、アン・チホン 1号  NC : アルテール 1号

 NCの先発ソン・ミョンギは3回表にロッテの9番マチャドの頭部への死球により退場となった。ロッテはこの回代わったNCの2番手キム・ゴンテから4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の満塁本塁打で4点を先制した。NCは3回裏にロッテの先発の新外国人フランコから9番クォン・ヒィドンの犠牲フライで1点を返した。ロッテは5回表にNCの3番手イ・スンホンからチャンスを作ると、代わったNCの4番手リュ・ジヌクからイ・デホのタイムリーで1点を追加した。NCは5回裏にクォン・ヒィドンの犠牲フライ、2番イ・ミョンギのタイムリーで2点、6回裏にロッテの2番手イ・インボクから5番アルテールの本塁打で1点を返した。

 NCの5番手ホン・ソンミンは7回表途中で6番手イム・ジョンホに交代した。NCは7回裏にロッテの3番手チェ・ジュニョンからナ・ソンボムのタイムリーで5-5の同点に追いつき、7番手イム・チャンミンは8回表まで無失点に抑えた。ロッテの4番手ク・スンミンは8回裏を無失点に抑えた。ロッテは9回表にNCの8番手ウォン・ジョンヒョンから途中出場の7番チ・シワンのタイムリー、8番ハン・ドンヒィの本塁打で4点を勝ち越すと、代わったNCの9番手ムン・ギョンチャンから1番アン・チホンの本塁打で1点を追加した。5番手キム・ウォンジュンは9回裏を無失点に抑え、ロッテがシーズン初勝利をあげた。ロッテ打線ではイ・デホが3安打1本塁打5打点、3番チョン・ジュヌが3安打と活躍。NCは7回裏に追いつくも勝ち越せなかった。

f:id:takefumif:20210407001646j:plain

ロッテは9回表にチ・シワンのタイムリーで勝ち越す http://osen.mt.co.kr/article/G1111553325

 

 

サムソン 3-6 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ホン・ゴンヒィ 1勝  (セーブ)キム・ガンニュル 2S  (敗)ペク・チョンヒョン 1敗

本塁打) トゥサン : キム・ジェファン 1号、パク・コヌ 2号

 トゥサンは2回裏にサムソンの先発ペク・チョンヒョンから4番キム・ジェファンの本塁打で1点を先制し、4回裏に3番パク・コヌの2試合連続本塁打で1点を追加した。キアは5回表にトゥサンの先発チェ・ウォンジュンからチャンスを作ると、代わったトゥサンの2番手ホン・ゴンヒィから1番パク・ヘミンのタイムリーで1点を返した。トゥサンは5回裏にサムソンの2番手チェ・ジグァンから2番フェルナンデスの犠牲フライで1点を追加した。サムソンの3番手イム・ヒョンジュンは6回裏途中から登板した。トゥサンの3番手イ・スンジンは7回表を無失点に抑えた。サムソンの4番手チャン・ピルジュンは7回裏に追加点を与えなかった。

 トゥサンの4番手パク・チグクは8回表を無失点に抑えた。トゥサンは8回裏にサムソンの5番手シム・チャンミンからチャンスを作ると、代わったサムソンの7番手オ・スンファン(元阪神)から6番キム・ジェホへの押し出しの四球、8番パク・セヒョクのタイムリーで3点を追加した。サムソンの7番手ヤン・チャンソプは追加点を与えなかった。サムソンは9回表にトゥサンの5番手キム・ミンギュから代打カン・ハヌルのタイムリーで2点を返したが、代わった6番手キム・ガンニュルが無失点に抑えトゥサンが勝利した。トゥサン打線では1番ホ・ギョンミンが3安打と活躍。先発ペク・チョンヒョンが5回途中3失点で降板したサムソンは開幕3連敗。

 

 

LG 3-2 KT  (水原)

(勝)スアレス 1勝  (セーブ)コ・ウソク 2S  (敗)デスパイネ 1敗

 LGは3回表にKTの先発デスパイネから9番オ・ジファンのタイムリーで1点を先制すると、1番ホン・チャンギの内野ゴロの間に1点を追加した。LGの先発の新外国人スアレスは6回裏まで無失点に抑えた。LGの2番手チョン・ウヨンは7回裏を無失点に抑えた。LGは8回表にKTの2番手イ・ボグンからチャンスを作ると、代わったKTの3番手チョ・ヒョヌから相手のエラーで1点を追加した。

 KTは8回裏にLGの3番手イ・ジョンヨンから1番チョ・ヨンホと2番ファン・ジェギュンのタイムリーで2点を返した。この回途中から登板したLGの4番手キム・デユは無失点に抑えた。KTの4番手アン・ヨンミョンは9回表に追加点を与えなかった。5番手コ・ウソクは9回裏を無失点に抑えLGが勝利した。スアレスは韓国初勝利。先発デスパイネが7回を2失点に抑えるもKT打線は援護できなかった。

f:id:takefumif:20210407001944j:plain

LGのスアレスは6回無失点で韓国初勝利 https://sports.donga.com/article/all/20210406/106278558/1

 

 

キア 5-4 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)チョン・ヘヨン 1勝  (敗)キム・ソンギ 1勝1敗

本塁打) キア : チェ・ヒョンウ 1号

 キアは5回表にキウムの先発チェ・ウォンテから1番チェ・ウォンジュンの犠牲フライで1点を先制し、6回表に4番チェ・ヒョンウの本塁打で1点を追加した。キウムは6回裏にキアの先発の新外国人メンデンから3番イ・ジョンフの2点タイムリーで2-2の同点に追いつくと、代わったキアの2番手パク・チュンピョから5番ソ・ゴンチャンと6番の新外国人フレイタスのタイムリーで4-2と逆転した。キアは7回表にキウムの2番手ヤン・ヒョンからチェ・ウォンジュンのタイムリーで1点を返した。キウムの3番手キム・ソンミンは8回表まで無失点に抑えた。キアの3番手イ・ジュニョンは8回裏途中まで追加点を与えなかった。

 キアは9回表にキウムの4番手オ・ジュウォンからチェ・ウォンジュンのタイムリーで4-4の同点に追いつき、4番手チャン・ヒョンシクは9回裏まで無失点に抑え試合は延長に突入した。キウムの5番手キム・テフンは10回表を無失点に抑えた。キアは11回表にキウムの6番手キム・ソンギから途中出場の1番イ・チャンジンのタイムリーで1点を勝ち越した。キウムの7番手の高卒新人チャン・ジェヨンは追加点を与えなかった。キアの5番手チョン・ヘヨンは11回裏まで無失点に抑え、キアが延長戦を制しシーズン初勝利をあげた。キア打線ではチェ・ウォンジュンが3打点と活躍。先発チェ・ウォンテが6回を2失点に抑えるもキウムはリリーフが機能せず打線も援護できなかった。

 

 

ハンファ 1-2 SSG  (仁川)

(勝)パク・チョンフン 1勝  (セーブ)キム・サンス 2S  (敗)キム・ジョンス 1敗

本塁打) ハンファ : イム・ジョンチャン 1号  SSG : チェ・ジュファン 3号

 ハンファは3回表にSSGの先発パク・チョンフンから7番イム・ジョンチャンの本塁打で1点を先制した。SSGは3回裏にハンファの先発の新外国人カーペンターから1番チェ・ジフンのタイムリーで1-1の同点に追いついた。SSGは7回裏にハンファの2番手キム・ジョンスから5番チェ・ジュファンの2試合連続本塁打で1点を勝ち越した。SSGの2番手イ・テヤンは8回表を無失点に抑えた。

 ハンファの3番手ユン・デギョンは8回裏途中まで追加点を与えなかったが、投手交代の手続きをめぐってハンファのスベロ監督が10分間抗議したため退場となった。代わったハンファの4番手カン・ジェミンも追加点を与えなかった。SSGの3番手キム・サンスは9回表を無失点に抑え、SSGが勝利した。7回を1失点に抑えたパク・チョンフンはシーズン初勝利。先発カーペンターが6回途中1失点に抑えるもハンファ打線は援護できなかった。

 

(文責 : ふるりん