DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2020年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(10.28) 結果

2位LG、3位KTともに延長戦で敗れる

 

NC 7-1 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)ソン・ミョンギ 9勝3敗  (敗)チェ・ヨンファン 1敗

本塁打) NC : ヤン・ウィジ 32号  ロッテ : マチャド 11号

 NCは1回表にロッテの先発チェ・ヨンファンから5番ナ・ソンボムのタイムリーで1点を先制し、3回表に4番ヤン・ウィジの本塁打で2点を追加した。ロッテは3回裏にNCの先発ソン・ミョンギから8番マチャドの本塁打で1点を返した。NCは4回表にロッテの2番手コ・ヒョジュンからヤン・ウィジの走者一掃となるタイムリーで3点を追加した。ロッテの3番手ソ・ジュヌォンは5回表に追加点を与えなかった。NCは6回表にロッテの4番手キム・デウからダブルスチールの間に1点を追加し、6回裏途中から2番手ソン・ジョンウクを登板させた。ロッテの5番手イ・インボクは7回表に追加点を与えなかった。

 NCの3番手ムン・ギョンチャンと4番手イム・ジョンホは7回裏を無失点に抑えた。ロッテの6番手チン・ミョンホは8回表に追加点を与えなかった。NCの5番手イム・チャンミンは8回裏を無失点に抑えた。ロッテの7番手キム・ユヨンは9回表に追加点を与えなかった。6番手キム・テヒョンは9回裏に相手の反撃を断ち、すでにレギュラーシーズン優勝を決めたNCが勝利した。5回を1失点に抑えたソン・ミョンギは9勝目。NC打線ではヤン・ウィジが1本塁打5打点と活躍。7位ロッテでは先発チェ・ヨンファンが4回途中6失点で降板した。 

 

 

ハンファ 7-6 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・ジニョン 3勝3敗  (セーブ)キム・ジョンス 1勝1敗1S  (敗)コ・ウソク 4敗17S

 (本塁打) LG : ホン・チャンギ 5号

 LGは3回裏にハンファの先発キム・イファンから9番チョン・ジュヒョンのタイムリー、3番チェ・ウンソンの犠牲フライ、4番キム・ヒョンス、5番イ・ヒョンジョン、6番キム・ミンソンのタイムリーで5点を先制し、4回裏にハンファの2番手アン・ヨンミョンから1番ホン・チャンギの2試合連続本塁打で1点を追加した。ハンファは5回表にLGの先発イム・チャンギュから3番ノ・シファン、4番バーンズ、6番イ・へチャンのタイムリーで4点を返し、5回裏から3番手キム・ジヌクを登板させた。ハンファは6回表にLGの2番手の高卒新人イ・ミンホからバーンズのタイムリーで6-6の同点に追いつき、4番手の大卒新人カン・ジェミンは6回裏まで、5番手パク・サンウォンは7回裏を無失点に抑えた。

 LGの3番手チン・ヘスは8回表途中まで無失点に抑え、4番手チョン・ウヨンに交代した。ハンファの6番手ユン・デギョンは8回裏、7番手チョン・ウラムは9回裏を無失点に抑え、試合は延長に突入した。ハンファの8番手キム・ジニョンは10回裏を無失点に抑えた。最下位ハンファは11回表にLGの5番手コ・ウソクから途中出場の5番ソン・グァンミンのタイムリーで1点を勝ち越し、9番手ソン・ユンジュンと10番手キム・ジョンスが11回裏に相手の反撃を断ち勝利した。キム・ジョンスはプロ8年目にして初セーブ。ハンファ打線ではバーンズが3打点と活躍。2位LGは6点差を追いつかれその後のチャンスを生かせなかった。LG打線ではホン・チャンギが3安打1本塁打1打点と活躍。

 

f:id:takefumif:20201029010535j:plain

10月下旬で夜は冷え込む中、蚕室野球場で懸命に応援するLGのファンたち https://sports.news.naver.com/news.nhn?oid=119&aid=0002438862

 

 

KT 3-4 キア  (光州)

(勝)キム・ヒョンジュン 1勝  (敗)チョン・ユス 5勝4敗2S

本塁打) KT : ファン・ジェギュン 20号  キア : チェ・ヒョンウ 28号 

 KTは1回表にキアの先発キム・ヒョンスから2番ファン・ジェギュンの2試合連続本塁打で1点を先制した。キアは1回裏にKTの先発デスパイネから4番チェ・ヒョンウの本塁打で2-1と逆転した。2番手キム・ジェユルは6回表を無失点に抑え、キアは6回裏に5番ナ・ジワンの犠牲フライで1点を追加した。キアの3番手ホン・サンサムは7回表、4番手イ・ジュニョンと5番手の高卒新人チョン・ヘヨンは8回表を無失点に抑えた。KTは9回表にキアの6番手パク・チュンピョから1番チョ・ヨンホの内野ゴロの間に1点を返すと、ファン・ジェギュンのタイムリーで3-3の同点に追いついた。

 KTの2番手キム・ジェユンは9回裏を無失点に抑え、試合は延長に突入した。キアの7番手キム・ヒョンジュンは10回表を無失点に抑えた。6位キアは10回裏にKTの3番手チョン・ユスからチャンスを作ると、代わった4番手チュ・グォンから3番タッカーのタイムリーでサヨナラ勝ちした。キム・ヒョンジュンはプロ5年目にして初勝利。チェ・ヒョンウは3安打1本塁打2打点、タッカーは3安打1打点と活躍。3位KTは9回表に同点とするも連勝は4で止まった。

 

  【レギュラーシーズン 順位表】

(10月28日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.NC    141  82  54  5  .603

2.LG    143  79  60    4     .568

3.KT    142  80  61  1  .567

4.キウム   143  80  62  1     .563

5.トゥサン  142  77  61  4  .558

6.キア    141  72  69  0  .511

7.ロッテ   142  70  71  1  .496

8.サムソン  143  64  75  4  .460

9.SK    143  50  92  1  .352

10.ハンファ  142    45  94  3  .324

 

(文責 : ふるりん