DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(10.4) 結果

5位トゥサン3連勝  オ・ユンソク(ロッテ)、サイクルヒット達成

 

サムソン 1-4 NC  (昌原)

(勝)ルチンスキー 18勝3敗  (セーブ)ウォン・ジョンヒョン 3勝4敗28S  (敗)チャン・ピルジュン 3敗

本塁打) NC : ヤン・ウィジ 25号、キム・ソンウク 8号  

 NCは1回裏にサムソンの先発チャン・ピルジュンから相手の暴投で1点を先制し、先発ルチンスキーは6回表途中まで無失点に抑え、2番手キム・ジンソンに交代した。NCは6回裏にサムソンの2番手イ・サンミンから4番ヤン・ウィジの本塁打で1点を追加した。サムソンは7回表にNCの3番手イム・チャンミンからチャンスを作ると、代わった4番手イム・ジョンホから1番パク・ヘミンのタイムリーで1点を返した。サムソンの3番手キム・ユンスは7回裏に追加点を与えなかった。

 5番手ムン・ギョンチャンは8回表を無失点に抑え、NCは8回裏にサムソンの4番手ノ・ソンホからチャンスを作り、代わった5番手シム・チャンミンから2番キム・ソンウクの本塁打で2点を追加した。6番手ウォン・ジョンヒョンは9回表に相手の反撃を断ち、首位NCが勝利した。ルチンスキーは最多勝争いトップの18勝目。8位サムソンでは先発チャン・ピルジュンが5回を1失点に抑えるも打線がつながらなかった。

f:id:takefumif:20201004202704j:plain

NCのルチンスキーは6回途中で降板し18勝目をあげた https://sports.donga.com/article/all/20201004/103233587/1

 

 

LG 13-8 KT  (水原)

(勝)ソン・ウンボム 2勝2敗2S  (セーブ)コ・ウソク 3敗15S  (敗)ハ・ジュンホ 3敗

本塁打) LG : キム・ミンソン 5号、イ・ヒョンジョン 15号  KT : ロハス 42号、カン・ベッコ 19,20号 

 LGは1回表にKTの先発クエバスから4番キム・ヒョンスの犠牲フライ、5番チェ・ウンソンのタイムリーで2点を先制した。KTは1回裏にLGの先発ウィルソンから3番ロハス本塁打で1点を返した。LGは3回表に6番キム・ミンソンの本塁打で3点を追加した。KTは4回裏にLGの2番手イ・ジョンヨンから代打ファン・ジェギュンのタイムリーで1点を返し、5回裏にLGの3番手チン・ヘスから4番カン・ベッコの本塁打、代わった4番手チョン・ウヨンから8番ファン・ジェギュンのタイムリーで5-5の同点に追いついた。LGは6回表に代打パク・ヨンテクの犠牲フライで1点を勝ち越した。

 KTは6回裏にLGの5番手チェ・ドンファンからロハスの犠牲フライ、カン・ベッコの2打席連続本塁打で7-6と逆転し、2番手チュ・グォンは7回表を無失点に抑えた。LGの6番手ソン・ウンボムは7回裏に追加点を与えなかった。LGは8回表にKTの3番手ハ・ジュンホから代打チョン・グヌのタイムリーで7-7の同点に追いつくと、代わった4番手イ・ボグンから1番ホン・チャンギと2番オ・ジファンのタイムリーで3点を勝ち越した。5番手チョ・ヒョヌは追加点を与えず、KTは8回裏にLGの7番手イ・サンギュからカン・ベッコのタイムリーで1点を返した。

 LGは9回表にKTの6番手ソン・ドンヒョンから3番イ・ヒョンジョンの本塁打、途中出場の7番ソン・ホヨンのタイムリー、代わった8番手ユ・ウォンサンから9番チョン・ジュヒョンの犠牲フライで計3点を追加した。8番手コ・ウソクは9回裏まで相手の反撃を断ち、4位LGが勝利した。LG打線ではオ・ジファンが3安打2打点と活躍。2位KTでは投手陣が失点を重ねた。KT打線ではカン・ベッコが3安打2本塁打4打点、ロハスが3安打1本塁打2打点と活躍。 

 

 

キウム 0-6 SK  (仁川)

 (勝)ムン・スンウォン 6勝8敗  (敗)ブリガム 8勝5敗

本塁打) SK : チェ・ジョン 26号

 SKの先発ムン・スンウォン、キウムの先発ブリガム(元東北楽天)はともに5回まで無失点に抑えた。SKは6回裏に7番イ・ジェウォンのタイムリーで1点を先制し、代わったキウムの2番手ヤン・ヒョンから2番キム・ギョンホのタイムリー、3番チェ・ジョンの本塁打などで5点を追加した。キウムの3番手キム・ソンギは6回裏途中から登板し、4番手ヤン・ギヒョンは7回裏に追加点を与えなかった。

 SKの2番手キム・セヒョンは8回表から登板した。キウムの5番手チョ・ソンウンは8回裏に追加点を与えなかった。3番手ソ・ジニョンは9回表まで相手の反撃を断ち、9位SKが完封リレーで勝利した。7回を無失点に抑えたムン・スンウォンは6勝目。SK打線ではキム・ギョンホが3安打1打点、8番パク・ソンハンが3安打と活躍。3位キウムでは先発ブリガムが6回途中3失点で降板し打線が沈黙した。

 

 

キア 1-7 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ハム・トクチュ 5勝1敗10S  (敗)イム・ギヨン 7勝10敗

本塁打) キア : チェ・ヒョンウ 19号

 トゥサンは1回裏にキアの先発イム・ギヨンから4番キム・ジェファンの内野ゴロの間に1点を先制し、6番パク・セヒョクのタイムリーで2点を追加した。さらに2回裏に2番フェルナンデスのタイムリーで1点を追加した。キアは4回表にトゥサンの先発ハム・トクチュから4番チェ・ヒョンウの本塁打で1点を返した。トゥサンの2番手ホン・ゴンヒィは6回表から登板した。キアの2番手ホン・サンサムは追加点を与えなかった。トゥサンの3番手パク・チグクは7回表まで無失点に抑えた。

 トゥサンは7回裏にキアの3番手チャン・ヒョンシクから1番ホ・ギョンミンのタイムリー、代わった4番手イ・ジュニョンから3番チェ・ジュファンのタイムリーで計2点を追加した。4番手キム・ガンニュルと5番手イ・ヒョンスンは8回表に登板し、トゥサンは8回裏にキアの5番手ヤン・スンチョルからフェルナンデスの犠牲フライで1点を追加した。6番手イ・ヨンハは9回表まで追加点を与えず、5位トゥサンが勝利し3連勝となった。5回を1失点に抑えたハム・トクチュは5勝目。トゥサン打線ではパク・セヒョクが3安打2打点と活躍。先発イム・ギヨンが4回4失点で降板した6位キアは3連敗。

 

 

ハンファ 5-14 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)サンプソン 7勝10敗  (敗)パク・チュホン 3敗

本塁打) ハンファ : ノ・シファン 10号  ロッテ : オ・ユンソク 3号

 ロッテは1回裏にハンファの先発パク・チュホンから5番イ・ビョンギュのタイムリーで2点を先制した。ハンファは2回表にロッテの先発サンプソンから9番の高卒新人パク・チョンヒョンのタイムリーで1点を返した。ロッテは2回裏に1番オ・ユンソクのタイムリーで1点、3回裏にハンファの2番手キム・ジョンスから6番ハン・ドンヒィ、8番キム・ジュンテのタイムリー、オ・ユンソクの満塁本塁打で6点を追加した。ハンファは5回表に3番ノ・シファンの本塁打で2点を返した。ロッテは5回裏にハンファの3番手アン・ヨンミョンからオ・ユンソクのタイムリーなどで2点を追加した。

 ハンファは6回表にロッテの2番手キム・ゴングクから1番チョン・ジンホのタイムリーで1点を返した。ロッテは6回裏にハンファの4番手ファン・ヨングクからオ・ユンソクのタイムリーで1点を追加し、3番手キム・デウは7回表を無失点に抑えた。ロッテは7回裏に5番アン・チホンのタイムリー、代わったハンファの5番手ソ・ギュンから7番マチャドの犠牲フライで計2点を追加し、4番手コ・ヒョジュンは8回表を無失点に抑えた。

 ハンファは9回表にロッテの5番手イ・インボクから途中出場の9番オ・ソンジンのタイムリーで1点を返したが、7位ロッテが勝利し4連勝となった。5回を3失点に抑えたサンプソンは7勝目。ロッテ打線ではオ・ユンソクが5安打1本塁打7打点で、プロ野球史上27回目(25人目)、チーム史上では3人目(1994年のキム・ウングク以来)となるサイクルヒットを達成した。その他には9番ミン・ビョンホンが3安打と活躍。先発パク・チュホンが2回3失点で降板した最下位ハンファは3連敗。ハンファ打線ではチョン・ジンホが3安打1打点、4番バーンズが3安打と活躍。

f:id:takefumif:20201004203031j:plain

サイクルヒットを達成したロッテのオ・ユンソク http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=2020100419102589194

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(10月4日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.NC    123  76  43  4  .639

2.KT    124  70  53  1  .569

3.キウム   130  72  57  1     .558

4.LG    126  68  55    3     .553

5.トゥサン  125  66  55  4  .545

6.キア    121  64  57  0  .529

7.ロッテ   122  63  58  1  .521

8.サムソン  125  54  68  3  .443

9.SK    126  42  83  1  .336

10.ハンファ  124    38  84  2  .311

 

(文責 : ふるりん