DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(8.25) 結果

3位トゥサン4連勝  4位LG3連敗

 

ハンファ 3-11 NC  (昌原)

(勝)イム・チャンミン 4勝1敗  (敗)サーポルド 6勝10敗

本塁打) NC : ナ・ソンボム 23,24号、ノ・ジンヒョク 14号、カン・ジンソン 12号、パク・ミヌ 4号、ヤン・ウィジ 14号

 NCは1回裏にハンファの先発サーポルドから3番ナ・ソンボムと6番ノ・ジンヒョクの本塁打で4点を先制した。ハンファは2回表にNCの先発シン・ミンヒョクから6番ノ・シファンと7番ハ・ジュソクのタイムリーで2点を返した。NCの2番手イム・ジョンホは5回表途中から登板した。NCは5回裏にナ・ソンボムのこの試合2本目の本塁打、5番カン・ジンソンの本塁打で4点を追加し、3番手イム・チャンミンは6回表まで無失点に抑えた。NCは6回裏にハンファの2番手キム・ジヌクから1番パク・ミヌの本塁打で1点を追加した。ハンファは7回表にNCの4番手キム・ジンソンからノ・シファンのタイムリーで1点を返した。

 NCは7回裏にハンファの3番手アン・ヨンミョンから4番ヤン・ウィジの本塁打で1点を追加し、5番手ムン・ギョンチャンは8回表を無失点に抑えた。NCは8回裏にハンファの4番手の大卒新人カン・ジェミンから代打クォン・ヒィドンのタイムリーで1点を追加した。6番手ウォン・ジョンヒョンは9回表に相手の反撃を断ち、首位NCが勝利した。NC打線ではナ・ソンボムが2本塁打4打点、ヤン・ウィジが3安打1本塁打1打点と活躍。先発サーポルドが5回8失点で降板した最下位ハンファは連勝が3で止まった。ハンファ打線ではノ・シファンが3安打2打点と活躍。

 

 

キウム 4-1 KT  (水原)

(勝)ブリガム 4勝2敗  (セーブ)キム・サンス 3勝1敗2S  (敗)デスパイネ 11勝6敗

 キウムは2回表にKTの先発デスパイネから8番チョン・ビョンウのタイムリーで2点を先制し、3回表に7番キム・ヘェソンのタイムリーで1点を追加した。KTの2番手ハ・ジュンホは6回表まで追加点を与えなかった。KTは6回裏にキウムの先発ブリガム(元東北楽天)から2番ファン・ジェギュンのタイムリーで1点を返し、3番手イ・ボグンは7回表に追加点を与えなかった。

 キウムは8回表にKTの4番手チュ・グォンから相手のエラーで1点を追加した。KTの5番手チョン・ユスは追加点を与えなかった。キウムの2番手イ・ヨンジュンは8回裏を無失点に抑えた。KTの6番手キム・ジェユンは9回表に追加点を与えなかった。3番手キム・サンスは9回裏に相手の反撃を断ち、2位キウムが勝利した。7回を1失点に抑えたブリガムは4勝目。5位KTでは先発デスパイネが4回3失点で降板した。

 

 

キア 8-10 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)ユン・ミョンジュン 1勝2S  (敗)チョン・へヨン 4勝2敗

本塁打) キア : タッカー 23号   トゥサン : チェ・ジュファン 11号、キム・インテ 1号、キム・ジェファン 18号

 トゥサンは2回裏にキアの先発イ・ミヌから5番チェ・ジュファンの本塁打で1点を先制した。キアは4回表にトゥサンの先発イ・ヨンハから5番キム・ミンシクと6番ユ・ミンサンのタイムリーで3-1と逆転した。トゥサンは5回裏に3番フェルナンデスの2点タイムリーで3-3の同点に追いついた。キアは6回表にトゥサンの2番手チェ・ジソンから7番パク・チャンホへの押し出しの四球で1点を勝ち越した。トゥサンは6回裏にキアの2番手キム・ミョンチャンからチャンスを作ると、代わった3番手チャン・ヒョンシクから代打キム・インテの本塁打で6-4と逆転した。

 4番手イ・ジュニョンは追加点を与えず、キアは7回表にトゥサンの3番手イ・ヒョンスンから2番タッカーの2試合連続本塁打で1点を返した。トゥサンは7回裏にキアの5番手コ・ヨンチャンから6番キム・ジェファンの本塁打で2点を追加した。キアは8回表にトゥサンの4番手パク・チグクからチャンスを作ると、代わった5番手ホン・ゴンヒィから1番チェ・ウォンジュンへの押し出しの四球、タッカーへの押し出しの死球、3番チェ・ヒョンウへの押し出しの四球で8-8の同点に追いついた。トゥサンは8回裏にキアの6番手の高卒新人チョン・ヘヨンからチェ・ジュファンの2点タイムリーで勝ち越した。

 6番手ユン・ミョンジュンは9回表まで相手の反撃を断ち、3位トゥサンが勝利し4連勝となった。トゥサン打線ではチェ・ジュファンが3安打1本塁打3打点と活躍。7位キアは8回表に同点とするもリリーフが機能しなかった。キア打線ではキム・ミンシクが3安打1打点と活躍。

f:id:takefumif:20200826005308j:plain

8回表途中から9回表まで無失点に抑えたトゥサンのユン・ミョンジュン https://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=202008250100226410015220&servicedate=20200825

 

 

LG 3-4 サムソン  (大邱

(勝)イム・ヒョンジュン 1勝1敗  (セーブ)オ・スンファン 1勝2敗11S  (敗)ケリー 7勝7敗

本塁打) LG : キム・ヒョンス 19号   サムソン : カン・ミンホ 14号、パルカ 1号

 サムソンは2回裏にLGの先発ケリーから6番カン・ミンホの本塁打で2点を先制した。LGは4回表にサムソンの先発ライブリーから4番キム・ヒョンスの本塁打で1点を返した。サムソンは4回裏に7番キム・ホンゴンの内野ゴロの間に1点を追加した。LGは5回表にキム・ヒョンスの2点タイムリーで3-3の同点に追いついた。サムソンは6回表から2番手イ・スンヒョンが登板し、6回裏に3番の新外国人パルカの韓国初打点となる初本塁打で1点を勝ち越した。

 サムソンの3番手イム・ヒョンジュンと4番手チャン・ピルジュンは無失点に抑えた。LGの2番手ソン・ウンボムは7回裏から登板した。サムソンの5番手チェ・ジグァンは8回表を無失点に抑えた。LGの3番手チン・ヘスと4番手ソン・ウンボムは8回裏に追加点を与えなかった。6番手オ・スンファン(元阪神)は9回表に相手の反撃を断ち、8位サムソンが勝利し3連敗から脱出した。先発ケリーが6回4失点で降板した4位LGは3連敗。LG打線ではキム・ヒョンスが3安打1本塁打3打点と活躍。

f:id:takefumif:20200826005544j:plain

6回裏の新外国人パルカの韓国初本塁打でサムソンが勝利 http://www.idaegu.com/newsView/idg202008250098

 

 

SK 10-8 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)キム・ジョンビン 1勝1S  (セーブ)ソ・ジニョン 5敗3S  (敗)パク・チンヒョン 1勝3敗

本塁打) SK : ロマック 16,17号   ロッテ : ソン・アソプ 6号

  SKは1回表にロッテの先発サンプソンから5番ロマック(元横浜DeNA)の本塁打で3点を先制し、5回表に3番チェ・ジョンのタイムリーとロマックのこの試合2本目の本塁打で3点を追加した。ロッテは5回裏にSKの先発イ・ゴヌクから2番ソン・アソプの内野ゴロの間に1点を返した。2番手パク・シヨンは6回表に追加点を与えず、ロッテは6回裏にSKの2番手キム・テフンから代打シン・ボンギへの押し出しの四球で1点を返すと、代わった3番手キム・セヒョンから代打シン・ヨンスへの押し出しの四球、ソン・アソプの満塁本塁打で7-6と逆転した。

 SKは7回表にロッテの3番手キム・ゴングクからチャンスを作ると、代わった4番手パク・チンヒョンからロマックのタイムリーで7-7の同点に追いついた。さらに代わったロッテの5番手ク・スンミンから代打チョン・ウィユンの走者一掃となるタイムリーで3点を勝ち越した。SKは7回裏から4番手イ・テヤンを登板させた。ロッテの6番手イ・インボクは8回表に追加点を与えなかった。SKの5番手キム・ジョンビンは8回裏まで無失点に抑えた。ロッテの7番手ハン・スンヒョクと8番手オ・ヒョンテクは9回表に追加点を与えなかった。

 ロッテは9回裏にSKの6番手ソ・ジニョンから5番ハン・ドンヒィの犠牲フライで1点を返したが、9位SKが勝利した。キム・ジョンビンはプロ8年目にして初勝利。SK打線ではロマックが3安打2本塁打6打点と活躍。6位ロッテは5回表まで6点差をつけられるも一時は逆転したが勝ちきれなかった。ロッテ打線ではソン・アソプが1本塁打5打点、6番マチャドが3安打と活躍。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(8月25日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.NC     87  52  33  2  .612

2.キウム    94  56  38  0     .596

3.トゥサン   91  51  38  2  .573

4.LG     92  51  40  1  .560

5.KT     88  47  40     1    .540

6.ロッテ    86  44  41  1  .518

7.キア     88  45  43  0  .511

8.サムソン   91  42  48  1  .467

9.SK     91  31  59  1  .344

10.ハンファ     90  25  64  1  .281

 

(文責 : ふるりん