DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2020年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(8.2) 結果

2位キウム6連勝

 

 ハンファ-LG(ソウル・蚕室)、SK-KT(水原)は雨天により8月3日18時半からに順延。

 

トゥサン 7-4 NC  (昌原)

(勝)キム・ガンニュル 1勝2敗  (セーブ)キム・ミンギュ 1S  (敗)カン・ドンヨン 1勝2敗  

本塁打) NC : クォン・ヒィドン 10号、カン・ジンソン 11号

 トゥサンは2回表にNCの先発チェ・ソンヨンから6番キム・ジェホのタイムリーで1点を先制した。NCは4回裏にトゥサンの先発アルカンタラから6番クォン・ヒィドンの本塁打で1-1の同点に追いついた。トゥサンは5回表に9番チョン・サンホの2点タイムリーで3-1と勝ち越した。NCの2番手ペ・ジェファン、3番手パク・チヌ、4番手キム・ジンソンは追加点を与えなかった。NCは8回裏にトゥサンの2番手イ・ヒョンスンから4番カン・ジンソンの本塁打で4-3と逆転した。

 トゥサンは9回表にNCの5番手カン・ユングからチャンスを作ると、代わった6番手ソン・ミョンギから5番ホ・ギョンミンのタイムリーで4-4の同点に追いついた。試合はこのまま延長戦に突入し、NCの7番手シン・ミンヒョクは10回表を無失点に抑えた。トゥサンの3番手ホン・ゴンヒィは10回裏まで無失点に抑えた。NCの8番手イム・ジョンホは11回表を無失点に抑えた。トゥサンは12回表にNCの9番手カン・ドンヨンから1番パク・コヌと4番オ・ジェイルのタイムリー、ホ・ギョンミンの犠牲フライで3点を勝ち越した。

 トゥサンの4番手キム・ガンニュルと5番手キム・ミンギュは12回裏に相手の反撃を断ち、3位トゥサンが勝利した。キム・ガンニュルは2018年9月以来の勝利。キム・ミンギュはプロ3年目にして初セーブ。トゥサン打線ではキム・ジェホが3安打1打点と活躍。首位NCは延長戦での2度のチャンスを生かしきれなかった。NC打線では1番イ・ミョンギが3安打と活躍。

 

 

キウム 4-2 サムソン  (大邱

(勝)チョ・サンウ 3勝1敗17S  (敗)オ・スンファン 1勝2敗6S

本塁打) サムソン : キム・ドンヨプ 7号

 サムソンは1回裏にキウムの先発ヨキシュから5番キム・ドンヨプのタイムリーで1点を先制し、先発ユン・ソンファンは5回表まで無失点に抑えた。2番手イ・スンヒョンは6回表を無失点に抑え、サムソンは6回裏にキム・ドンヨプの本塁打で1点を追加した。サムソンの3番手キム・ユンスは7回表から登板した。2番手キム・テフンは7回裏に追加点を与えず、キウムは8回表にサムソンの3番手ウ・ギュミンからチャンスを作ると、代わった4番手チェ・ジグァンから1番ソ・ゴンチャンの犠牲フライ、2番キム・ハソンのタイムリーで2-2の同点に追いついた。

 キウムの3番手アン・ウジンは8回裏を無失点に抑えた。試合はこのまま延長戦に突入し、キウムは10回表にサムソンの5番手オ・スンファン(元阪神)から4番イ・ジョンフのタイムリーで2点を勝ち越した。4番手チョ・サンウは10回裏に相手の反撃を断ち、2位キウムが勝利し6連勝となった。キウム打線ではイ・ジョンフが3安打2打点と活躍。8位サムソンは3連敗。サムソン打線ではキム・ドンヨプが4安打1本塁打2打点と活躍。

f:id:takefumif:20200802224223j:plain

キウムは延長10回表イ・ジョンフのタイムリーで2点を勝ち越した https://www.yna.co.kr/view/PYH20200802127100053?input=1196m

 

 

キア 0-8 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)ノ・ギョンウン 4勝3敗  (敗)ギャニオン 6勝4敗

 ロッテは3回裏にキアの先発ギャニオンから4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)のタイムリーで2点を先制し、5回裏にイ・デホと6番マチャドのタイムリーで2点を追加しギャニオンをノックアウトした。さらにこの回代わったキアの2番手コ・ヨンチャンから7番シン・ボンギ、9番キム・ジュンテ、1番チョン・フン、2番ソン・アソプのタイムリーで4点を追加した。キアの3番手の高卒新人チョン・ヘヨンは6回裏に追加点を与えなかった。ロッテの先発ノ・ギョンウンは7回表まで無失点に抑えた。

 キアの4番手ホン・サンサムは7回裏に追加点を与えなかった。ロッテの2番手の高卒新人チェ・ジュニョンは8回表を無失点に抑えた。キアの5番手パク・チュンピョは8回裏に追加点を与えなかった。3番手キム・ゴングクは9回表に相手の反撃を断ち、7位ロッテが完封リレーで勝利した。ノ・ギョンウンは4勝目。ロッテ打線ではイ・デホが3打点と活躍。5位キアでは先発ギャニオンが5回途中6失点で降板し打線も沈黙した。

 

【レギュラーシーズン 順位表】

(8月2日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.NC     71  45  24  2  .652

2.キウム    75  44  31  0     .587

3.トゥサン   73  42  31  0  .575

4.LG     73  40  32  1  .556

5.キア     70  38  32  0  .541

6.KT     71  37  33     1    .529

7.ロッテ    70  35  35  0  .500

8.サムソン   73  35  38  0  .479

9.SK     74  24  49  1  .329

10.ハンファ     74  19  54  1  .260

 

(文責 : ふるりん