DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2020年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(7.2) 結果

6位サムソン3連勝  9位SK5連敗

 

ロッテ 7-9 NC  (昌原)

(勝)パク・チヌ 2勝  (セーブ)ウォン・ジョンヒョン 2勝1敗13S  (敗)チン・ミョンホ 1敗

本塁打) ロッテ : ハン・ドンヒィ 3号  NC : アルテール 14号

 NCは4回裏にロッテの先発ストレイリーから4番アルテールの本塁打で2点を先制した。ロッテは5回表にNCの先発イ・ジェハクから2番ソン・アソプの犠牲フライで1点を返した。NCは5回裏にアルテールのタイムリーで2点を追加しストレイリーをノックアウトし、代わったNCの2番手オ・ヒョンテクの暴投でもう1点を追加した。ロッテは6回表に6番ハン・ドンヒィの本塁打、代わったNCの2番手カン・ユングから1番チョン・フンとソン・アソプのタイムリーで6-5と逆転した。NCは6回裏にロッテの3番手チン・ミョンホから代打ヤン・ウィジの2点タイムリーで7-6と逆転した。

 NCは7回裏にロッテの4番手イ・インボクから6番クォン・ヒィドンと7番ノ・ジンヒョクのタイムリーで2点を追加した。ロッテは8回表にNCの3番手パク・チヌからチャンスを作ると、代わった4番手ウォン・ジョンヒョンからソン・アソプの内野ゴロの間に1点を返した。ロッテの5番手キム・ユヨンと6番手カン・ドンホは8回裏に追加点を与えなかった。ウォン・ジョンヒョンは相手の反撃を断ち5首位NCが勝利した。NC打線ではアルテールが3安打1本塁打4打点と活躍。7位ロッテでは先発ストレイリーが5回途中6失点で降板した。ロッテ打線ではソン・アソプが3打点と活躍。

 

 

トゥサン 7-10 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)キム・サンス 2勝1敗  (セーブ)チョ・サンウ 2勝12S  (敗)クォン・ヒョク 2勝2敗

本塁打) キウム : パク・ピョンホ 12,13号

 トゥサンは1回表にキウムの先発チョ・ヨンゴンから4番キム・ジェファンのタイムリー、7番オ・ジェウォンへの押し出しの四球で2点を先制しチョ・ヨンゴンをノックアウトすると、代わった2番手ムン・ソンヒョンから8番パク・セヒョクへの押し出しの四球で1点を追加した。キウムは1回裏にトゥサンの先発パク・チョンギから6番イ・ジヨンのタイムリーで1点を返した。トゥサンは3回表にキウムの3番手キム・テフンから9番クク・ヘソンのタイムリーで2点を追加したが、キウムは3回裏にイ・ジヨンのタイムリーで1点を返した。トゥサンは4回表に3番オ・ジェイルとキム・ジェファンのタイムリーで2点を追加した。

 キウムは4回裏にトゥサンの2番手ホン・ゴンヒィから4番パク・ピョンホの本塁打で3点を返し、5回裏に2番キム・ハソンの2点タイムリーで7-7の同点に追いつき、4番手ヤン・ヒョンは6回表まで無失点に抑えた。トゥサンの3番手チェ・ジソンは6回裏まで追加点を与えなかった。5番手キム・サンスは7回表を無失点に抑え、キウムは7回裏にトゥサンの5番手クォン・ヒョクからチャンスを作ると、代わった6番手ユン・ミョンジュンからキム・ハソンの犠牲フライ、パク・ピョンホのこの試合2本目の本塁打で3点を勝ち越し逆転した。

 6番手イ・ヨンジュンは8回表、7番手チョ・サンウは9回表に相手の反撃を断ち、首位NCが勝利した。NC打線ではパク・ピョンホが3安打2本塁打5打点、イ・ジヨンが3安打2打点、1番ソ・ゴンチャンが3安打と活躍。3位トゥサンは先発パク・チョンギが4回途中で降板しリリーフも機能しなかった。トゥサン打線ではオ・ジェイルが4安打1打点と活躍。

f:id:takefumif:20200703041430j:plain

キウムのパク・ピョンホは3安打2本塁打5打点 http://www.sportsseoul.com/news/read/933195?ref=naver

 

 

KT 4-3 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)チュ・グォン 3勝1敗  (セーブ)キム・ジェユン 1勝3敗6S  (敗)ソン・ウンボム 1勝2敗2S

本塁打) KT : ロハス 18号、ユ・ハンジュン 6号

 KTは1回表にLGの先発ケリーから3番ロハス本塁打で1点を先制し、2回表に5番ユ・ハンジュンの本塁打で1点を追加した。LGは5回裏にKTの先発チョ・ビョンウクから6番チョン・グヌの2点タイムリーで同点に追いつき、7番ホン・チャンギの内野安打の間に3-2と逆転した。KTの2番手チョ・ヒョヌは6回裏に追加点を与えなかった。LGの2番手キム・デヒョンは7回表を無失点に抑えた。KTは8回表にLGの3番手チン・ヘスからユ・ハンジュンのタイムリーで3-3の同点に追いついた。

  KTの3番手ユ・ウォンサンは8回裏まで無失点に抑えた。LGの4番手チョン・ウヨンは9回表、KTの4番手チュ・グォンは9回裏をそれぞれ無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。KTは10回表にLGの5番手チェ・ソンフンからチャンスを作ると、代わった6番手ソン・ウンボムから6番パク・キョンスの安打で走者が生還したかに思えたが、ビデオ判定でアウトとなった。だが7番チャン・ソンウのタイムリーでKTが1点を勝ち越した。

 LGは10回裏にチュ・グォンからチャンスを作ったが、代わった5番手キム・ジェユンが相手の反撃を断ち8位KTが勝利した。KT打線では6番パク・キョンスが3安打と活躍。4位LGでは先発ケリーが6回を2失点に抑えるも、打線がチャンスを生かしきれなかった。LG打線では4番ラモスが3安打と活躍。

 

 

ハンファ 1-7 キア  (光州)

(勝)イ・ミヌ 4勝2敗  (敗)サーポルド 5勝5敗

本塁打) ハンファ : チョン・ジンホ 1号

 キアは2回裏にハンファの先発サーポルドから8番ハン・スンテクのタイムリーで1点を先制した。ハンファは3回表にキアの先発イ・ミヌから9番チョン・ジンホのトゥサンからの移籍後初本塁打で1-1の同点に追いついた。キアは5回裏に3番チェ・ヒョンウ、4番ナ・ジワン、5番ユ・ミンサンのタイムリーで3点を勝ち越し、6回裏に1番キム・ソンビンのタイムリーで1点を追加しサーポルドをノックアウトした。さらにこの回代わったハンファの2番手ユン・デギョンからチェ・ヒョンウのタイムリーで1点を追加した。

 キアの2番手パク・チュンピョは7回表を無失点に抑えた。ハンファの3番手の大卒新人カン・ジェミンは7回裏まで追加点を与えなかった。3番手ソ・ドグォンと4番手チョン・サンヒョンは8回表を無失点に抑え、キアは8回裏にハンファの4番手ムン・ドンウクからチェ・ヒョンウの併殺打の間に1点を追加した。5番手キム・ギフンは9回表に相手の反撃を断ち、5位キアが勝利した。6回を1失点に抑えたイ・ミヌは4勝目。キア打線ではキム・ソンビンとナ・ジワンが3安打1打点と活躍。先発サーポルドが6回途中6失点で降板した最下位ハンファは4連敗。

 

 

SK 2-6 サムソン  (大邱

(勝)ウォン・テイン 5勝2敗   (敗)イ・ゴヌク 2勝2敗

本塁打) サムソン : ク・ジャウク 6号

 サムソンは3回裏にSKの先発イ・ゴヌクから4番イ・ウォンソクのタイムリーで2点を先制した。SKは4回表にサムソンの先発ウォン・テインから4番チェ・ジョンと8番チェ・ジュヌのタイムリーで2-2の同点に追いついた。サムソンは4回裏に1番キム・サンスのタイムリーで3-2と勝ち越した。SKの2番手イ・テヤンは追加点を与えなかった。2番手ノ・ソンホは7回表を無失点に抑え、サムソンは7回裏にSKの3番手ソ・ジニョンからチャンスを作ると、代わった4番手キム・ジョンビンから3番ク・ジャウクの本塁打で3点を追加した。

 サムソンの3番手ウ・ギュミンは8回表を無失点に抑えた。SKの5番手イ・ウォンジュンは8回裏まで追加点を与えなかった。4番手チャン・ピルジュンは9回表に相手の反撃を断ち、6位サムソンが勝利し3連勝となった。6回を2失点に抑えたウォン・テインは5勝目。サムソン打線ではク・ジャウクが3安打1本塁打1打点、1番キム・サンスが3安打1打点と活躍。先発イ・ゴヌクが5回途中3失点で降板した9位SKは5連敗。SK打線では5番チェ・テインが3安打と活躍。

 
【レギュラーシーズン 順位表】

(7月2日時点)

         試合  勝   敗   分  勝率

1.NC     49  34  15  0  .694

2.キウム    51  32  19  0     .627

3.トゥサン   50  29  21  0  .580

4.LG     50  28  22  0  .560

5.キア     47  26  21  0  .553

6.サムソン   51  27  24  0  .529

7.ロッテ    48  23  25  0  .479

8.KT     50  23  27    0   .460

9.SK     50  14  36  0  .280

10.ハンファ     50  12  38  0  .240

 

(文責 : ふるりん