DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

2020年保留選手名簿発表 除外された選手は退団へ

 KBO(韓国野球委員会)は11月30日、2020年の保留選手名簿528名を発表した。この選手たちは2020年の再契約対象者となる。なお、保留選手名簿から除外された71名の選手は2019年限りで自由契約となり退団となった。なおこの中にはすでに現役引退を表明した選手も含まれている。

 

【2020年保留選手名簿から外れた主な選手】

(※は外国人選手)

トゥサン : ペ・ヨンスチェ・デソンホン・サンサムホ・ジュンヒョク、※ フランコ(以上投手)

キウム : キム・ジス内野手

SK : パク・チョンベチェ・ビョンニョン、※ ソーサ(以上投手)、パク・チョングォンチェ・スンジュン(以上内野手)、ペ・ヨンソプユン・ジョンウ(以上外野手)

LG : キム・ジョンフリュ・ジェグクシム・スチャンイ・ドンヒョンチャン・ウォンサム(以上投手)、チョン・サンホ(捕手)、キム・ジェユルユン・ジンホ(以上内野手

NC : ミン・テホユ・ウォンサンユン・ジウン、※ フリードリック(以上投手)、キム・ジンヒョンソン・シホン(以上内野手)、※ スモリンスキー(外野手)

KT : ※ アルカンタラ(投手)、イ・デヒョン(外野手)

キア : ※ ウィーランド、※ ターナー(以上投手)、ユン・ヘジンホン・ジェホ内野手)、イ・インヘン(外野手)

サムソン : ハン・ギジュ(投手)、ソン・ジュイン内野手)、ファン・ソンド、※ ウィリアムソン(以上外野手)

ハンファ : チェ・ユンソク内野手

ロッテ : パク・クンホンユン・ギルヒョン、※ ダイクソーン(以上投手)、キム・サフン(捕手)、ファン・ジンス、※ ウィルソン(以上内野手)、キム・ムンホチョ・ホンソク(以上外野手)

 

 保留選手名簿から除外された選手のうち、2019年シーズン時点で現役最多勝で韓国シリーズ第4戦で延長10回裏に登板し、トゥサンの優勝に貢献したペ・ヨンス(38)は2019年シーズン、38試合に登板、1勝2敗、防御率4.57の成績も現役を引退することになった。プロ20年間の通算成績は499試合に登板、138勝122敗3セーブ7ホールド、防御率4.46。また2008年北京オリンピックに韓国代表として出場したハン・ギジュ(32)も現役を引退する。2019年シーズンは一軍登板がなく、プロ13年間の通算成績は272試合に登板、26勝32敗71セーブ12ホールド、防御率3.89。ほかにもキム・ジス(キウム)、チェ・ビョンニョン、パク・チョングォン(以上SK)、ユン・ジンホ(LG)なども現役を引退しコーチへ転身する。またリュ・ジェグク、シム・スチャン、イ・ドンヒョン(以上LG)、ソン・シホン(NC)、ソン・ジュイン(サムソン)も現役引退を表明した。そのうちシム・スチャン(38)のプロ16年間の通算成績は390試合に登板、42勝68敗14セーブ24ホールド、防御率5.37。ソン・ジュイン(36)のプロ18年間の通算成績は1007試合に出場、打率.269、635安打、21本塁打、232打点、29盗塁。

 また2011年の新人王で2019年よりサムソンからSKに移籍するも出場機会が少なかったペ・ヨンソプ、2012年の最多勝投手で2019年よりサムソンからLGへ移籍するも同じく出場機会の少なかったチャン・ウォンサム、2015年シーズンオフにFA(フリーエージェント)でSKからLGへ移籍するも出場機会が少なかったチョン・サンホ、LG時代は中継ぎとして活躍したユ・ウォンサン、2019年シーズン終了時点で現役選手最多の個人通算437盗塁を記録したイ・デヒョン、2015年シーズンオフにFAでSKから移籍し中継ぎとして活躍したユン・ギルヒョンなども保留選手名簿から外れ、次の所属先を探すことになった。そのうちチャン・ウォンサムはロッテとの契約が報じられる。

 2019年シーズン終了時点で契約していた外国人選手では、2018年の最多勝投手フランコフ(△22試合・9勝8敗・防御率3.61)、6月に台湾プロ野球・富邦から移籍し韓国に復帰した韓国8年目のソーサ(△16試合・9勝3敗・防御率3.82)、ともに2019年シーズン途中の7月にNCと契約したスモリンスキー(△55試合・打率.229・9本塁打・42打点・3盗塁)とフリードリック(△12試合・7勝4敗・防御率2.75)、韓国1年目にして2ケタ勝利を達成したアルカンタラ(△27試合・11勝11敗・防御率4.01)、ともにキアの先発投手陣の柱として期待されたターナー(△28試合・7勝13敗・防御率5.46)とウィーランド(△28試合・8勝10敗・防御率4.75)、2019年シーズン途中の7月にサムソンと契約したウィリアムソン(△40試合・打率.273・4本塁打・15打点・0盗塁)、2019年シーズン途中の6月にSKからロッテへ移籍したダイクソーン(△29試合・6勝10敗・防御率4.34)、2019年シーズン途中の6月にロッテと契約したウィルソン(△68試合・打率.251・9本塁打・37打点・1盗塁)は保留選手名簿から除外され、2020年シーズンの再契約を見送られた。

(注:△は2019年シーズンの成績)

 

(文責:ふるりん