DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(8.24) 結果

首位SK5連勝  最下位ロッテ7連敗

 

キア 3-4 SK  (仁川)

(勝)ムン・スンウォン 9勝6敗  (セーブ)ハ・ジェフン 5勝3敗31S  (敗)キム・ギフン 2勝5敗

本塁打)キア : アン・チホン 5号

 SKは1回裏にキアの先発の高卒新人キム・ギフンから9番ホ・ドファンへの押し出しの死球で1点を先制した。キアは5回表にSKの先発ムン・スンウォンから6番アン・チホンの本塁打で1-1の同点に追いついた。SKは5回裏にキム・ギフンからチャンスを作ると、代わったキアの2番手パク・チュンピョから4番ロマック(元横浜DeNA)と5番コ・ジョンウクのタイムリーで2点を勝ち越した。キアの3番手イム・ギジュンは追加点を与えなかった。

 2番手キム・テフンは8回表を無失点に抑え、SKは8回裏にキアの4番手チョン・サンヒョンから代打イ・ジェウォンのタイムリーで1点を追加した。キアは9回表にSKの3番手ハ・ジェフン(元東北楽天)から4番チェ・ヒョンウのタイムリー、相手のボークで2点を返したが、首位SKが勝利し5連勝となった。7回を1失点に抑えたムン・スンウォンは9勝目。先発キム・ギフンが5回途中2失点で降板した7位キアは、引き分け1つを挟み5連敗。キア打線ではアン・チホンが3安打1本塁打1打点と活躍。


  

トゥサン 13-3 ハンファ  (大田

(勝)イ・ヨンハ 12勝4敗   (敗)イム・ジュンソプ 1勝2敗

本塁打)トゥサン : パク・コヌ 10号、オ・ジェイル 16号

 トゥサンは2回表にハンファの先発イム・ジュンソプから相手のエラーや9番ホ・ギョンミンのタイムリーで3点を先制し、4回表に8番パク・セヒョクとホ・ギョンミンのタイムリーで2点を追加した。ハンファは4回裏にトゥサンの先発イ・ヨンハから5番キム・テギュン(元千葉ロッテ)の犠牲フライなどで2点を返した。トゥサンは5回表にハンファの2番手キム・ボムスから3番オ・ジェイルのタイムリーで1点、6回表にハンファの3番手シン・ジョンナクから相手のエラー、オ・ジェイルのタイムリーなどで3点を追加した。

 ハンファは6回裏に6番イ・ソンヨルのタイムリーで1点を返した。トゥサンは7回表にハンファの4番手キム・ソンフンから1番パク・コヌとオ・ジェイルの本塁打で3点を追加し、2番手ハム・トクチュは7回裏を無失点に抑えた。トゥサンは8回表に代打イ・フンニョンのタイムリーで1点を追加し、3番手カン・ドンヨンは8回裏を無失点に抑えた。4番手ペ・ヨンスは9回裏に相手の反撃を断ち、2位トゥサンが勝利し3連勝となった。6回を3失点に抑えたイ・ヨンハは12勝目。トゥサン打線ではオ・ジェイルが3安打1本塁打3打点、ホ・ギョンミンが4安打2打点と活躍。先発イム・ジュンソプが5回途中6失点で降板した9位ハンファは4連敗。

f:id:takefumif:20190824224106j:plain

7回表、トゥサンのオ・ジェイルは16号本塁打で生還(http://osen.mt.co.kr/article/G1111211501 より)。

 

 

キウム 1-2 サムソン  (大邱

(勝)チェ・チェフン 5勝4敗   (セーブ)ウ・ギュミン 2勝6敗9S  (敗)キム・ソンギ 3勝1敗

  サムソンは1回裏にキウムの先発キム・ソンギから4番ラフのタイムリーで1点を先制し、2回裏に9番パク・ヘミンのタイムリーで1点を追加した。キウムは4回表にサムソンの先発チェ・チェフンから8番キム・ヘェソンのタイムリーで1点を返し、2番手キム・ソンミンは5回裏まで追加点を与えなかった。サムソンの2番手チェ・チュンヨンは7回表から登板した。

 キウムの3番手ハン・ヒョンヒィは7回裏まで追加点を与えなかった。サムソンの3番手チャン・ピルジュンは8回表途中まで無失点に抑えた。キウムの4番手チョ・サンウは8回裏に追加点を与えなかった。4番手ウ・ギュミンは相手の反撃を断ち、8位サムソンが勝利した。6回を1失点に抑えたチェ・チェフンは5勝目。3位キウムでは先発キム・ソンギが4回途中2失点で降板した。

 

f:id:takefumif:20190824224302j:plain

5勝目をあげたサムソンの先発チェ・チェフン(http://osen.mt.co.kr/article/G1111211523 より)。

 

 

KT 8-12 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)チャ・ウチャン 11勝7敗  (敗)アルカンタラ 11勝9敗

本塁打)KT : ロハス 19,20号、パク・スンウク 3号  LG : チェ・ウンソン 9号

 KTは1回表にLGの先発チャ・ウチャンから5番ロハス本塁打で3点を先制した。LGは1回裏にKTの先発アルカンタラから5番チェ・ウンソン、6番ペゲーロ(元東北楽天)、7番キム・ミンソン、8番ユ・ガンナムのタイムリーで5-3と逆転した。LGは3回裏にチェ・ウンソンの2試合連続本塁打で1点、5回裏にKTの2番手イ・ジョンヒョンからチェ・ウンソンのタイムリー、代わった3番手チョン・ソンゴンからキム・ミンソンと9番チョン・ジュヒョンのタイムリーで計4点、6回裏にキム・ミンソンのタイムリーで2点を追加した。

 LGの2番手ソン・ウンボムは7回表を無失点に抑えた。KTは8回表にLGの3番手チェ・ドンファンからロハスのこの試合2本目の本塁打で3点を返し、4番手キム・デユは追加点を与えなかった。KTは9回表にLGの4番手キム・デヒョンから途中出場の2番パク・スンウクの本塁打ロハスのタイムリーで2点を返した。5番手コ・ウソクは相手の反撃を断ち、4位LGが勝利した。6回を3失点に抑えたチャ・ウチャンは11勝目。LG打線ではキム・ミンソンが3安打5打点、チェ・ウンソンが3安打1本塁打3打点と活躍。6位KTでは先発アルカンタラが4回6失点で降板した。KT打線ではロハスが3安打2本塁打7打点と活躍。

 

 

NC 8-3 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)イ・ジェハク 7勝3敗  (敗)キム・ウォンジュン 5勝9敗

本塁打)NC : パク・ソンミン 18号  ロッテ : ナ・ジョンドク 3号、チェ・テイン 5号

  NCは1回表にロッテの先発キム・ウォンジュンから3番スモリンスキーのタイムリー、5番モ・チャンミンの犠牲フライで3点を先制した。ロッテは1回裏にNCの先発イ・ジェハクから5番チェ・テインの犠牲フライで1点を返した。NCは4回表に6番パク・ソンミンの本塁打で1点、5回表に4番ヤン・ウィジのタイムリー、代わったロッテの2番手ホン・ソンミンから7番クォン・ヒィドンの犠牲フライ、8番キム・チャンヒョンのタイムリーで計3点、6回表に2番イ・ミョンギの犠牲フライで1点を追加した。

 ロッテは7回裏にNCの2番手ぺ・ジェファンから途中出場の8番ナ・ジョンドクの本塁打で1点を返した。NCの3番手キム・ゴンテは8回裏を無失点に抑えた。3番手キム・ゴングクは9回表まで追加点を与えず、ロッテは9回裏にNCの4番手ホン・ソンムから5番チェ・テインの本塁打で1点を返したが、5位NCが勝利した。7回途中まで1失点に抑えたイ・ジェハクは7勝目。NC打線ではイ・ミョンギとヤン・ウィジが3安打1打点と活躍。先発キム・ウォンジュンが5回途中7失点で降板した最下位ロッテは、引き分け1つを挟み7連敗。


【レギュラーシーズン 順位表】
(8月24日時点)
         試合  勝   敗   分  勝率

1.SK    120  79  40  1  .664

2.トゥサン  118  71  47  0  .602

3.キウム   122  71  50  1  .587

4.LG    118  65  52  1  .556

5.NC    117  59  57  1  .509

6.KT       120    58  60     2    .492

7.キア    118  49  67  2  .422

8.サムソン  115  48  66  1  .421   

9.ハンファ  118  44  74  0     .373

10.ロッテ   118  42  73  3  .365

 

(文責 : ふるりん