DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(8.7) 結果

NC5位浮上

 

KT 2-5 SK  (仁川)

(勝)ムン・スンウォン 7勝5敗  (セーブ)ハ・ジェフン 5勝2敗27S  (敗)キム・ミン 6勝9敗

本塁打)KT : ロハス 18号 

 KTは2回表にSKの先発ムン・スンウォンから5番ロハスのタイムリーで1点を先制した。SKは2回裏にKTの先発キム・ミンから9番キム・ソンヒョンの内野ゴロの間に1-1の同点に追いつくと、1番ノ・スグァン、2番ハン・ドンミンのタイムリーで4-1と逆転した。KTは4回表にロハスの2試合連続本塁打で1点を返した。SKは5回裏に7番チョン・ウィユンのタイムリーで1点を追加した。

 SKの2番手ソ・ジニョンは7回表、3番手キム・テフンは8回表を無失点に抑えた。KTの2番手イ・ジョンヒョンは8回裏に追加点を与えなかった。4番手ハ・ジェフン(元東京ヤクルト)は9回表に相手の反撃を断ち、首位SKが勝利した。6回を2失点に抑えたムン・スンウォンは7勝目。先発キム・ミンは7回5失点で降板したKTは6位に後退。

 

 

キウム 15-4 ロッテ  (蔚山

(勝)キム・ソンギ 3勝  (敗)ダイクソーン 4勝7敗

本塁打)キウム : キム・ハソン 15号、パク・ピョンホ 20号  ロッテ : ソン・アソプ 8号

 キウムは1回表にロッテの先発ダイクソーンから2番キム・ハソンの本塁打で1点を先制し、3回表に1番ソ・ゴンチャンのタイムリーで1点、5回表に3番イ・ジョンフの犠牲フライ、4番パク・ピョンホの本塁打で2点、6回表にキム・ハソンのタイムリーで2点を追加しダイクソーンをノックアウトした。さらにこの回代わったロッテの2番手チョ・ムグンからイ・ジョンフのタイムリーで3点を追加した。ロッテは6回裏にキウムの先発キム・ソンギから2番ソン・アソプの本塁打で1点を返した。

 キウムは7回表に8番キム・ヘェソンのタイムリーで1点を追加した。ロッテは7回裏に7番の高卒新人コ・スンミンの犠牲フライで1点を返した。キウムは8回表にロッテの3番手チャン・テスンからイ・ジョンフのタイムリー、相手の暴投などで3点を追加した。ロッテは8回裏にキウムの2番手キム・ソンミンから途中出場の5番チョン・フンのタイムリーで2点を返した。

 2位キウムは9回表にロッテの4番手チョン・ソンジョンから代打イ・ジヨンとキム・ハソンのタイムリーなどで4点を追加し、3番手ユン・ヨンサムは9回裏に相手の反撃を断ち勝利し3連敗から脱出した。7回を2失点に抑えたキム・ソンギは3勝目。キウム打線ではキム・ハソンが3安打1本塁打5打点、イ・ジョンフが3安打5打点、キム・ヘェソンが3安打1打点と活躍。9位ロッテでは先発ダイクソーンが6回途中8失点など投手陣が失点を重ねた。

 

 

ハンファ 7-5 トゥサン  (ソウル・蚕室

(勝)パク・サンウォン 1勝4敗  (セーブ)チョン・ウラム 4勝2敗14S   (敗)イ・ヒョンボム 1勝4敗16S

本塁打)ハンファ : イ・ソンヨル 19号  トゥサン : オ・ジェイル 13号

 トゥサンは3回裏にハンファの先発チャド・ベルから2番チョン・スビンのタイムリー、3番パク・コヌの犠牲フライ、4番オ・ジェイルの本塁打で3点を先制した。ハンファは5回表にトゥサンの先発イ・ヨンチャンから2番カン・ギョンハクの内野ゴロの間に1点を返すと、3番ホイングのタイムリーで1点差とした。トゥサンは6回裏に9番オ・ジェウォンのタイムリーで1点を追加しチャド・ベルをノックアウトした。ハンファの2番手イ・テヤンは追加点を与えなかった。

 2番手キム・スンフェは7回表に追加点を与えず、トゥサンは7回裏にハンファの3番手シン・ジョンナク、4番手キム・ボムスからチャンスを作ると、代わった5番手パク・サンウォンから7番パク・セヒョクのタイムリーで1点を追加した。ハンファは8回表にトゥサンの3番手イ・ヒョンボムから5番イ・ソンヨルの本塁打で5-5の同点に追いつき、代わった4番手パク・チグクから9番オ・ソンジンへの押し出しの死球、1番チョン・ウヌォンの犠牲フライで2点を勝ち越し逆転した。

 トゥサンの5番手ハム・トクチュは9回表に追加点を与えなかった。6番手チョン・ウラムは9回裏に相手の反撃を断ち、最下位ハンファが逆転勝ちした。ハンファ打線ではホイングが3安打1打点、8番チェ・ジェフンが3安打と活躍。3位トゥサンでは先発イ・ヨンチャンが6回を2失点に抑えるもリリーフが崩れてしまった。トゥサン打線ではオ・ジェイルが3安打1本塁打1打点と活躍。

 

 

LG 5-10 キア  (光州

(勝)キム・ギフン 2勝2敗  (敗)リュ・ジェグク 2敗

 LGは1回表にキアの先発の高卒新人キム・ギフンから4番の新外国人ペゲーロ(元東北楽天)のタイムリーや相手のエラーなどで4点を先制し、2回表に2番イ・ヒョンジョンの犠牲フライで1点を追加した。キアは2回裏にLGの先発リュ・ジェグクから6番アン・チホンのタイムリー、8番キム・ミンシクの犠牲フライで2点を返した。キアは5回裏に2番キム・ソンビン、3番タッカー、5番ユ・ミンサンのタイムリーで5点を奪い7-5と逆転し、リュ・ジェグクをノックアウトした。

 キアの2番手パク・チュンピョは6回表を無失点に抑えた。LGの2番手キム・デヒョンは6回裏まで追加点を与えなかった。3番手ハ・ジュニョンは7回表を無失点に抑え、キアは7回裏にLGの3番手チン・ヘスからチャンスを作ると、代わった4番手ソン・ウンボムから7番キム・ジュチャンのタイムリーで2点を追加した。4番手チョン・サンヒョンは8回表を無失点に抑え、キアは8回裏にLGの5番手ヨ・ゴヌクからチャンスを作ると、代わった6番手の高卒新人イ・ソンヨンから途中出場の2番ファン・ユンホのタイムリーで1点を追加した。

 5番手ムン・ギョンチャンは9回表に相手の反撃を断ち、キアが勝利しサムソンと同率7位に並んだ。5回を5失点に抑えたキム・ギフンは2勝目。4位LGでは先発リュ・ジェグクが5回途中7失点で降板した。 

 

 

サムソン 1-2 NC  (昌原

(勝)カン・ユング 2勝1敗  (敗)チェ・ジグァン 3勝7敗2S

本塁打)NC : パク・ソンミン 17号、チョン・ボムモ 2号 

  サムソンは4回表にNCの先発イ・ジェハクから1番キム・サンスの内野ゴロの間に1点を先制した。NCは4回裏にサムソンの先発ペク・チョンヒョンから4番パク・ソンミンの本塁打で1-1の同点に追いつき、2番手パク・チヌは6回表途中から7回表まで無失点に抑えた。NCの4番手キム・ゴンテも8回表を無失点に抑え、9回表から5番手イム・チャンミンが登板した。

 サムソンの2番手チャン・ピルジュンは9回裏まで無失点に抑え、試合は延長に突入した。NCの5番手ウォン・ジョンヒョンは10回表まで無失点、6番手ペ・ジェファンは11回表を無失点に抑えた。サムソンの3番手ウ・ギュミンは11回裏まで無失点に抑えた。7番手カン・ユングは12回表を無失点に抑え、NCは12回裏にサムソンの4番手チェ・ジグァンから途中出場の9番チョン・ボムモの本塁打でサヨナラ勝ちし5位に浮上した。敗れたサムソンはキアと同率7位に並ばれた。

f:id:takefumif:20190808084956j:plain

延長12回裏、NCのチョン・ボムモの本塁打で決着(https://sports.news.naver.com/kbaseball/news/read.nhn?oid=410&aid=0000612171 より)。



 

 

【レギュラーシーズン 順位表】
(8月7日時点)
         試合  勝   敗   分  勝率

1.SK    106  70  35  1  .667

2.キウム   107  64  43  0  .598

3.トゥサン  105  61  44  0  .581

4.LG    104  57  46  1  .553

5.NC    103  50  52  1  .490

6.KT       106    51  54     1    .486

7.キア    103  44  58  1  .431

7.サムソン  103  44  58  1  .431

9.ロッテ   103  38  63  2  .376

10.ハンファ  104  39  65  0     .375

 

(文責 : ふるりん