DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(7.18) 結果

2位キウム3連勝  6位KT5連勝

 

LG 12-5 SK  (仁川)

(勝)チャ・ウチャン 7勝6敗  (敗)イ・ウォンジュン 1敗

本塁打)LG : キム・ヒョンス 8号  SK : ロマック 21号

 LGは1回表にSKの先発イ・ウォンジュンから3番キム・ヒョンスの本塁打で1点を先制した。SKは1回裏にLGの先発チャ・ウチャンから相手の暴投で1-1の同点に追いついた。LGは2回表に1番イ・チョヌンへの押し出しの四球で1点を勝ち越しイ・ウォンジュンをノックアウトすると、代わったSKの2番手の高卒新人ペク・スンゴンから2番オ・ジファン、キム・ヒョンス、5番チェ・ウンソンのタイムリーで5点を追加した。SKは4回裏に4番ロマック(元横浜DeNA)の本塁打で1点、5回裏に1番キム・ガンミンのタイムリーで1点を返し、3番手パク・ミンホは6回表まで追加点を与えなかった。

 SKの4番手パク・ヒィスも7回表に追加点を与えなかった。LGは8回表にSKの5番手パク・チョンベからイ・チョヌンとオ・ジファンのタイムリー、代わった6番手チョ・ヨンウから途中出場の4番キム・ヨンウィ、5番チェ・ウンソン、6番パク・ヨンテクのタイムリーで5点を追加した。SKは8回裏にLGの2番手の高卒新人チョン・ウヨンからチョン・ウィユンのタイムリーなどで2点を返した。LGの4番手チン・ヘスは無失点に抑えた。

 SKの7番手キム・ジュハンは9回表に追加点を与えなかった。4番手コ・ウソクは9回裏に相手の反撃を断ち、4位LGが勝利した。7回を3失点に抑えたチャ・ウチャンは7勝目。LG打線ではキム・ヒョンスが4安打1本塁打3打点、オ・ジファンが3打点と活躍。先発イ・ウォンジュンが2回途中5失点で降板した首位SKは連勝が4で止まった。

f:id:takefumif:20190719054717j:plain

7勝目をあげたチャ・ウチャン(http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2019071814574731466 より)。

 

 

KT 7-4 トゥサン  (ソウル・蚕室

(勝)アルカンタラ 8勝8敗  (セーブ)イ・デウン 3勝2敗8S  (敗)イ・ヨンチャン 3勝7敗

本塁打)KT : オ・テゴン 5号  トゥサン : フェルナンデス 12号

 KTは2回表にトゥサンの先発イ・ヨンチャンから7番パク・スンウクのタイムリーで1点を先制し、3回表に4番ユ・ハンジュンの犠牲フライで1点を追加した。トゥサンは3回裏にKTの先発アルカンタラから2番フェルナンデスの本塁打で2-2の同点に追いついた。KTは5回表にユ・ハンジュンと5番ロハスのタイムリーで2点を勝ち越し、7回表に2番オ・テゴンの本塁打で1点を追加しイ・ヨンチャンをノックアウトした。トゥサンの2番手キム・スンフェは追加点を与えなかった。

 KTの2番手チュ・グォンは8回裏途中から登板し、トゥサンはこの回代わったKTの3番手イ・デウン(元千葉ロッテ)から代打パク・コヌのタイムリーで1点を返した。KTは9回表にトゥサンの3番手クォン・ヒョクからチャンスを作ると、代わった4番手イ・ヒョンボムからユ・ハンジュンのタイムリーなどで2点を追加した。トゥサンの5番手ハム・トクチュは追加点を与えなかった。

 トゥサンは9回裏にフェルナンデスの内野ゴロの間に1点を返したが、6位KTが勝利し5連勝となった。8回途中まで3失点に抑えたクエバスは8勝目。KT打線ではオ・テゴンが3安打1本塁打4打点、ユ・ハンジュンが3安打3打点、1番キム・ミンヒョクが3安打と活躍。先発イ・ヨンチャンが7回途中5失点で降板した3位トゥサンは3連敗。トゥサン打線ではフェルナンデスが1本塁打3打点と活躍。

 

 

サムソン 1-5 キウム  (ソウル・高尺
(勝)ブリガム 8勝3敗  (敗)ウォン・テイン 3勝5敗

本塁打)キウム : ソン・ソンムン 2号

 キウムは1回裏にサムソンの先発の高卒新人ウォン・テインから4番パク・ピョンホのタイムリーで1点を先制した。サムソンは3回表にキウムの先発ブリガム(元東北楽天)から3番イ・ウォンソクのタイムリーで1-1の同点に追いついた。キウムは5回裏に3番サンズのタイムリーで2-1と勝ち越し、2番手チョ・サンウは7回表を無失点に抑えた。サムソンの2番手イム・ヒョンジュンは7回裏から登板した。キウムの3番手キム・サンスは8回表を無失点に抑えた。

 キウムは8回裏にサムソンの3番手チェ・ジグァンから5番ソン・ソンムンの本塁打、代わった4番手チャン・ピルジュンから8番イ・ジヨンと9番キム・ヘェソンのタイムリーで計3点を追加した。 4番手オ・ジュウォンは9回表に相手の反撃を断ち、2位キウムが勝利し3連勝となった。6回を1失点に抑えたブリガムは8勝目。先発ウォン・テインが6回を2失点に抑えるも打線の援護が弱かった7位サムソンは5連敗。

 

 

NC 7-4 ハンファ  (清州)

(勝)フリードリック 2勝  (セーブ)ウォン・ジョンヒョン 3勝1敗24S  (敗)アン・ヨンミョン 4勝4敗

 ハンファは1回裏にNCの先発の新外国人フリードリックから4番ホイングのタイムリー、6番イ・ソンヨルの犠牲フライで3点を先制した。NCは4回表にハンファの先発サーポルドから6番ノ・ジンヒョクのタイムリーなどで2点を返すと、5回表に5番モ・チャンミンの犠牲フライで3-3の同点に追いついた。ハンファは6回裏にイ・ソンヨルの内野ゴロの間に1点を勝ち越した。NCは7回表にハンファの2番手アン・ヨンミョンからチャンスを作ると、代わった3番手キム・ジェヨンから3番の新外国人スモリンスキーの2点タイムリーで5-4と逆転し、4番手ソン・ウンボムからモ・チャンミンの犠牲フライで1点を追加した。

 NCの2番手キム・ゴンテ、3番手チェ・ソンヨンは7回裏を無失点に抑えた。さらに8回裏から4番手イム・チャンミン、5番手キム・ヨンギュと継投策をとった。ハンファの5番手イ・テヤンは追加点を与えなかった。6番手ウォン・ジョンヒョンは相手の反撃を断ち、5位NCは3連勝で勝率5割を突破した。6回を4失点に抑えたフリードリックは2勝目。NC打線ではパク・ミヌが3安打1打点と活躍。投打がかみ合わない9位ハンファは4連敗。ハンファ打線ではホイングが3安打2打点と活躍。

  

 

ロッテ 6-3 キア  (光州)

(勝)ラリー 5勝7敗  (セーブ)パク・チンヒョン 2勝5S  (敗)ヤン・ヒョンジョン 10勝8敗

 ロッテは1回表にキアの先発ヤン・ヒョンジョンから5番ソン・アソプのタイムリーで2点を先制した。キアは1回裏にロッテの先発ラリーから4番チェ・ヒョンウのタイムリーで1点を返し、2回裏に9番パク・チャンホのタイムリーで2-2の同点に追いついた。ロッテは3回表にソン・アソプのタイムリー、6番オ・ユンソクの犠牲フライで2点を勝ち越した。キアは3回裏に相手の暴投で1点を返した。ロッテは4回表に2番チョ・ホンソクのタイムリー、3番ウィルソンの犠牲フライで2点を追加した。

 ロッテの2番手パク・シヨンは7回裏を無失点に抑えた。キアの2番手チョン・サンヒョンは8回表途中まで追加点を与えなかった。ロッテの3番手コ・ヒョジュンと4番手ソン・スンナクは8回裏を無失点に抑えた。キアの3番手パク・チュンピョも追加点を与えなかった。5番手パク・チンヒョンは9回裏に相手の反撃を断ち、最下位ロッテは3連敗から脱出した。6回を3失点に抑えたラリーは5勝目。ロッテ打線ではソン・アソプが3打点と活躍。8位キアでは先発ヤン・ヒョンジョンが6回6失点で降板した。

f:id:takefumif:20190719054345p:plain

3打点を記録したロッテのソン・アソプ(http://www.osen.co.kr/article/G1111188841 より)。

 

【レギュラーシーズン 順位表】
(7月18日時点)
         試合  勝   敗   分  勝率

1.SK     96  64  31  1  .674

2.キウム    98  59  39  0  .602

3.トゥサン   97  57  40  0  .588

4.LG     95  52  42  1  .553

5.NC     94  47  46  1  .505

6.KT        97  47  49    1    .490

7.サムソン   94  39  54  1  .419

8.キア     95  39  55  1  .415

9.ハンファ   94  35  59  0     .372

10.ロッテ    94  34  58  2  .370

 

(文責 : ふるりん