DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2020年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(7.11) 結果

3位キウム5連勝

 

SK 5-1 ハンファ  (大田)

(勝)パク・チョンフン 6勝4敗  (敗)パク・ユンチョル 1敗

本塁打)SK : チョン・ウィユン 8号、ハン・ドンミン 10号

 SKは1回表にハンファの先発の大卒新人パク・ユンチョルから4番ロマック(元横浜DeNA)の犠牲フライで1点を先制し、2回表に6番チョン・ウィユンの本塁打で1点を追加した。さらにSKは6回表にハンファの2番手キム・ジェヨンから2番ハン・ドンミンの本塁打で2点を追加した。ハンファの3番手パク・サンウォンは追加点を与えなかった。ハンファは6回裏にSKの先発パク・チョンフンから8番チェ・ジェフンの犠牲フライで1点を返し、4番手キム・ジョンスは8回表を無失点に抑えた。

 SKの2番手ソ・ジニョンは7回裏を無失点に抑えた。SKは8回表にハンファの5番手イム・ジョンソプからチャンスを作ると、代わった6番手キム・ソンフンから5番コ・ジョンウクのタイムリーで1点を追加した。3番手キム・テフンは8回裏、4番手パク・ミンホは9回裏を無失点に抑え首位SKが勝利した。6回を1失点に抑えたパク・チョンフンは6勝目。9位ハンファでは先発パク・ユンチョルが3回途中2失点で降板した。

 

 
トゥサン 8-4 LG  (ソウル・蚕室

(勝)ユ・ヒィグァン 6勝6敗  (敗)キム・デヒョン 2勝3敗

本塁打)トゥサン : パク・コヌ 7号  LG : ユ・ガンナム 10号

 LGは2回裏にトゥサンの先発ユ・ヒィグァンから5番ユ・ガンナムの3試合連続本塁打で2点を先制した。トゥサンは3回表にLGの先発イ・ウチャンから1番パク・コヌの本塁打、5番オ・ジェイルのタイムリーで4-2と逆転した。LGは4回裏に8番ソ・サンウのタイムリーで1点を返し、5回裏に2番イ・ヒョンジョンのタイムリーで4-4の同点に追いついた。トゥサンは8回表にLGの2番手キム・デヒョンから8番ホ・ギョンミンのタイムリー、パク・コヌの犠牲フライで2点を勝ち越した。

 LGの3番手チン・ヘスは8回表に追加点を与えなかった。トゥサンの2番手パク・チグクは8回裏まで無失点に抑えた。トゥサンは9回表にLGの4番手イム・チャンギュから9番チョン・スビンとパク・コヌのタイムリーで2点を追加した。LGの5番手チャン・ウォンサムは追加点を与えなかった。3番手イ・ヒョンボムは9回裏を無失点に抑え、2位トゥサンが勝利し3連勝となった。6回を4失点に抑えたユ・ヒィグァンは6勝目。トゥサン打線ではパク・コヌが1本塁打4打点と活躍。4位LGでは打線がチャンスを生かしきれなかった。

 

f:id:takefumif:20190711232427p:plain

7号本塁打など4打点を記録したトゥサンのパク・コヌ(https://www.edaily.co.kr/news/read?newsId=01548166622553536&mediaCodeNo=258 より)。

 

キウム 4-2 KT  (水原
(勝)ハン・ヒョンヒィ 7勝4敗  (セーブ)オ・ジュウォン 1勝2敗12S  (敗)チョン・ユス 2勝1敗

本塁打)キウム : ソン・ソンムン 1号

 キウムは5回表にKTの先発クエバスから5番ソン・ソンムンの本塁打で1点を先制した。KTは5回裏にキウムの先発シン・ジェヨンから1番キム・ミンヒョクの犠牲フライで1-1の同点に追いついた。キウムは6回表にソン・ソンムンの内野ゴロの間に1点を勝ち越し、2番手イ・ボグンは6回裏を無失点に抑えた。KTは7回裏にハンファの3番手ハン・ヒョンヒィから8番チャン・ソンウの犠牲フライで2-2の同点に追いついた。

 キウムは8回表にKTの2番手チョン・ユスからチャンスを作ると、代わった3番手チュ・グォンからソン・ソンムンのタイムリーで2点を勝ち越した。4番手キム・サンスは8回裏、5番手オ・ジュウォンは9回裏を無失点に抑え、3位キウムが勝利し5連勝となった。キウム打線ではソン・ソンムンが1本塁打4打点、2番キム・ハソンが3安打と活躍。6位KTでは先発クエバスが7回を2失点に抑えるも打線がつながらなかった。

f:id:takefumif:20190711233105j:plain

1本塁打4打点を記録したキウムのソン・ソンムンhttp://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201907110100099450006663&servicedate=20190711 より)。

 

  

NC 4-0 ロッテ  (釜山社稷

(勝)ク・チャンモ 6勝3敗  (敗)ダイクソーン 3勝4敗

本塁打)NC : キム・ヒョンジュン 1号

 NCは2回表にロッテの先発ダイクソーンから7番イ・ウォンジェと8番キム・ヒョンジュンのタイムリーで2点を先制し、4回表にキム・ヒョンジュンのタイムリーで1点を追加した。NCの先発ク・チャンモは無失点を続けた。NCは7回表にキム・ヒョンジュンのプロ2年目にしての初本塁打で1点を追加しダイクソーンをノックアウトした。ロッテの2番手チャ・ジェヨン、3番手チョン・ソンジョンは追加点を与えなかった。

 2番手ホン・ソンムが相手の反撃を断ち、5位NCが完封リレーで勝利した。8回途中まで無失点に抑えたク・チャンモは6勝目。NC打線ではキム・ヒョンジュンが3安打1本塁打3打点と活躍。最下位ロッテでは先発ダイクソーンが7回途中4失点で降板し、打線が沈黙してしまった。

f:id:takefumif:20190711193804j:plain

プロ初本塁打など3安打を記録したNCのキム・ヒョンジュンhttp://news1.kr/photos/view/?3728772 より)。

 

 

キア 2-4 サムソン  (大邱

(勝)ウ・ギュミン 2勝5敗4S  (敗)ウィーランド 5勝6敗

本塁打)サムソン : イ・ウォンソク 11号

  キアは1回表にサムソンの先発ヘイリーから相手のエラーで1点を先制した。サムソンは2回裏にキアの先発ウィーランド(元横浜DeNA)から6番キム・ドンヨプのタイムリーで1-1の同点に追いつき、3回裏に3番イ・ウォンソクのタイムリーで2-1と逆転した。キアは7回表にサムソンの2番手チャン・ピルジュンから4番チェ・ヒョンウのタイムリーで2-2の同点に追いついた。

  サムソンは8回裏にイ・ウォンソクの本塁打で2点を勝ち越しウィーランドをノックアウトした。キアの2番手チョン・サンヒョンは追加点を与えなかった。3番手ウ・ギュミンは相手の反撃を断ち、7位サムソンが勝利した。サムソン打線ではイ・ウォンソクが3安打1本塁打3打点と活躍。8位キアでは先発ウィーランドが8回途中まで4失点も打線がつながらなかった。

 

【レギュラーシーズン 順位表】
(7月11日時点)
         試合  勝   敗   分  勝率

1.SK     90  60  29  1  .674

2.トゥサン   91  55  36  0  .604

3.キウム    92  55  37  0  .598

4.LG     89  49  39  1  .557

5.NC     88  43  44  1  .494

6.KT        91  42  48    1    .467

7.サムソン   88  38  49  1  .437

8.キア     90  36  53  1  .404

9.ハンファ   88  34  54  0     .386

10.ロッテ    89  32  55  2  .368

 

(文責 : ふるりん