DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.19) 結果

4位キウム5連勝  最下位ロッテ4連勝

 

SK 7-1 キア  (光州
(勝)キム・グァンヒョン 8勝2敗  (敗)ウィーランド 4勝4敗

本塁打)SK : チョン・ウィユン 6号

 SKは3回表にキアの先発ウィーランド(元横浜DeNA)から2番ハン・ドンミンのタイムリー、3番チェ・ジョンの犠牲フライで2点を先制した。キアは4回裏にSKの先発キム・グァンヒョンから8番ペク・ヨンファンのタイムリーで1点を返した。SKは5回表に5番チョン・ウィユンの本塁打で3点を追加した。キアの2番手イ・ジュニョンは7回表から登板した。SKの2番手チョン・ヨンイルは7回裏を無失点に抑えた。キアの3番手パク・チュンピョは8回表まで追加点を与えなかった。

 3番手ソ・ジニョンは8回裏を無失点に抑え、SKは9回表にキアの4番手キム・スンボムから1番ノ・スグァンとチェ・ジョンのタイムリーで2点を追加した。4番手キム・テフンは9回裏に相手の反撃を断ち首位SKが勝利した。6回を1失点に抑えたキム・グァンヒョンは8勝目。SK打線ではチョン・ウィユンが3安打1本塁打3打点と活躍。8位キアでは先発ウィーランドが6回5失点で降板した。キア打線では7番キム・ソンビンが3安打と活躍。

 

 

NC 0-1 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)イ・ヨンハ 9勝1敗  (セーブ)イ・ヒョンボム 5勝1敗7S  (敗)ルチンスキー 5勝4敗

 トゥサンは3回裏にNCの先発ルチンスキーから1番チョン・スビンのタイムリーで1点を先制し、先発イ・ヨンハは無失点を続けた。ルチンスキーは4回裏以降追加点を与えなかった。トゥサンの2番手キム・スンフェは7回表途中から登板した。トゥサンの3番手ハム・トクチュは8回表を無失点に抑えた。

 NCの2番手ペ・ジェファンは8回裏に追加点を与えなかった。4番手イ・ヒョンボムは9回表に相手の反撃を断ち、2位トゥサンが完封リレーで勝利し3連勝となった。7回途中まで無失点に抑えたイ・ヨンハは9勝目。先発ルチンスキーが7回を1失点に抑えるも打線が沈黙した5位NCは5連敗で勝率5割となってしまった。

 

  
LG 9-6 サムソン  (大邱

(勝)ウィルソン 7勝4敗  (敗)ペク・チョンヒョン 2勝8敗

本塁打)LG : ク・ボンヒョク 1号、チェ・ウンソン 4号  サムソン : ラフ 11号、ク・ジャウク 10号

 サムソンは2回裏にLGの先発ウィルソンから7番パク・ヘミンのタイムリーで1点を先制した。LGは3回表にサムソンの先発ペク・チョンヒョンから2番チョン・ジュヒョンのタイムリーで1-1の同点に追いついた。サムソンは3回裏に2番ク・ジャウクのタイムリーなどで2点を勝ち越した。LGは5回表に3番イ・ヒョンジョンのタイムリーで3-3の同点に追いつき、6回表に途中出場の7番の大卒新人ク・ボンヒョクのプロ初打点となる本塁打で2点を勝ち越した。

 サムソンは6回裏に4番ラフの2試合連続本塁打で1点を帰した。LGは7回表にサムソンの2番手チェ・チュンヨンからチョン・ジュヒョン、イ・ヒョンジョンのタイムリー、代わった3番手キム・デウから6番ユ・ガンナムのタイムリーで計3点を追加した。サムソンは7回裏にLGの2番手の高卒新人チョン・ウヨンからク・ジャウクの2試合連続本塁打で1点を返した。サムソンの5番手イム・ヒョンジュンは8回表から登板した。LGの3番手チン・ヘスは無失点に抑えた。

 LGは9回表にサムソンの6番手クォン・オジュンから5番チェ・ウンソンの本塁打で1点を追加した。サムソンは9回裏にLGの4番手コ・ウソクから1番キム・サンスのタイムリーで1点を返したが、反撃もここまでで3位LGが勝利した。6回を4失点に抑えたウィルソンは7勝目。LG打線ではイ・ヒョンジョンが3打点、チョン・ジュヒョンが3安打2打点と活躍。6位サムソンでは先発ペク・チョンヒョンが7回途中6失点で降板した。

f:id:takefumif:20190620010656j:plain

6回表、決勝点となるプロ初本塁打を打ったLGのク・ボンヒョク(http://sports.hankooki.com/lpage/baseball/201906/sp2019061922133757360.htm より)。

 

 

KT 2-8 キウム  (ソウル・高尺
(勝)ブリガム 4勝3敗  (敗)キム・ミン 4勝7敗

 (本塁打)キウム : キム・ハソン 11号、パク・トンウォン 5号

 キウムは2回裏にKTの先発キム・ミンから8番イ・ジヨンの内野ゴロの間に1点を先制し、3回裏に5番キム・ギュミン、6番チャン・ヨンソクのタイムリーで2点、5回裏に2番キム・ハソンの本塁打で1点を追加した。キウムの先発ブリガム(元東北楽天)は7回表まで無失点に抑えた。キウムは7回裏にKTの2番手イ・サンドンから3番イ・ジョンフと4番サンズのタイムリー、代打パク・トンウォンの本塁打で4点を追加した。KTの3番手チョ・ヒョヌは追加点を与えなかった。

 キウムの2番手イ・ボグンは8回表、KTの4番手キム・デユは8回裏をそれぞれ無失点に抑えた。KTは9回表にキウムの3番手人ヤン・ギヒョンから相手のエラー、8番アン・スンハクの内野ゴロの間(プロ6年目にしての初打点)に2点を返したが、反撃もここまでで4位キウムが勝利し5連勝となった。ブリガムは4勝目。キウム打線ではチャン・ヨンソクが4安打1打点と活躍。7位KTでは先発キム・ミンが6回4失点で降板した。

 

f:id:takefumif:20190620011250p:plain

4勝目をあげたキウムのブリガム(http://www.osen.co.kr/article/G1111167502 より)。

 

 

ロッテ 7-5 ハンファ  (大田
(勝)パク・チンヒョン 1勝1S  (敗)パク・サンウォン 3敗

本塁打)ハンファ : チョン・ウヌォン 5号  ロッテ : イ・デホ 10,11号、チョン・ジュヌ 12号

 ハンファは1回裏にロッテの先発キム・ウォンジュンから1番チョン・ウヌォンの先頭打者本塁打で1点を先制した。ロッテは2回表にハンファの先発サーポルドから4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の本塁打で1-1の同点に追いついた、ハンファは2回裏にチョン・ウヌォンへの押し出しの四球、2番カン・ギョンハクの犠牲フライ、3番ホイングのタイムリーで3点を勝ち越した。ハンファは4回裏に4番キム・テギュン(元千葉ロッテ)のタイムリーで1点を追加した。

 ロッテは5回表に1番ミン・ビョンホンの犠牲フライで1点を返した。ハンファの2番手アン・ヨンミョンは7回表を無失点に抑えた。ロッテの2番手チン・ミョンホ、3番手ホン・ソンミンは追加点を与えなかった。ロッテは8回表にハンファの3番手イ・テヤンからイ・デホのこの試合2本目の本塁打で5-5の同点に追いついた。ハンファの4番手ソン・ウンボム、ロッテの4番手コ・ヒョジュンは勝ち越し点を与えず、試合は延長戦に突入した。

 最下位ロッテは10回表にハンファの5番手パク・サンウォンから3番チョン・ジュヌの本塁打で2点を勝ち越し、5番手パク・チンヒョンが相手の反撃を断ち4連勝となった。ロッテ打線ではイ・デホが2本塁打4打点と活躍。リードを守りきれなかった9位ハンファは7連敗。ハンファ打線では8番チェ・ジェフンが3安打と活躍。

 

【レギュラーシーズン 順位表】
(6月19日時点)
         試合  勝   敗   分  勝率

1.SK     73  48  24  1  .667

2.トゥサン   74  47  27  0  .635

3.LG     72  41  30  1  .577

4.キウム    75  43  32  0  .573

5.NC     72  36  36  0  .500

6.サムソン   72  31  41  0  .431

7.KT        74  31  43     0    .419

8.キア     72  29  42  1  .408

9.ハンファ   72  29  43  0     .403

10.ロッテ    72  27  44  1  .380

 

(文責 : ふるりん