DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.16) 結果

首位SK、4位キウム3連勝

 

NC 2-9 SK  (仁川
(勝)ムン・スンウォン 5勝3敗  (敗)イ・ジェハク 3勝2敗

本塁打)NC : イ・ウォンジェ 7号

 SKは2回裏にNCの先発イ・ジェハクから7番ナ・ジュファンのタイムリー、9番ホ・ドファンの犠牲フライで3点を先制し、3回裏に5番パク・チョングォンのタイムリーや相手のエラーなどで3点を追加した。SKの先発ムン・スンウォンは6回表まで無失点に抑えた。NCは7回表にSKの2番手パク・ミンホから6番イ・ウォンジェの本塁打で2点を返した。

 SKは7回裏にNCの2番手キム・ヨンギュから6番コ・ジョンウク、ナ・ジュファンのタイムリーで3点を追加し、3番手カン・ジグァンは8回表を無失点に抑えた。NCの3番手イ・ミンホは8回裏に追加点を与えなかった。4番手シン・ジェウンは9回表に相手の反撃を断ち、首位SKが勝利し3連勝となった。ムン・スンウォンは5勝目。SK打線ではナ・ジュファンが3安打4打点、コ・ジョンウクが3安打2打点と活躍。先発イ・ジェハクが6回6失点で降板した5位NCは3連敗。

 

 

LG 3-5 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)キム・スンフェ 3勝2敗2S  (セーブ)イ・ヒョンボム 5勝1敗5S  (敗)イム・チャンギュ 1勝2敗

 LGは1回表にトゥサンの先発チェ・ウォンジュンから4番ジョセフのタイムリーで2点を先制し、2回表に1番イ・チョヌンのタイムリーで1点を追加した。トゥサンは2回裏にLGの先発イム・チャンギュの暴投で1点を返すと、代わった2番手イム・ジソプから9番リュ・ジヒョク、2番フェルナンデスへの押し出しの四球、4番キム・ジェファンへの押し出しの死球、5番パク・コヌへの押し出しの四球で5-3と逆転した。トゥサンの2番手キム・スンフェは5回表まで無失点に抑えた。

 トゥサンは6回表から3番手パク・チグクを登板させた。LGの3番手キム・デヒョンは6回裏途中、4番手ムン・グァンウンは7回裏途中まで追加点を与えなかった。トゥサンの4番手ハム・トクチュは8回表まで無失点に抑えた。LGの5番手チン・ヘスも追加点を与えなかった。5番手イ・ヒョンボムは9回表に相手の反撃を断ち、2位トゥサンが勝利した。なお、2回裏の無安打(8四死球)で打者一巡はプロ野球史上初の記録。3位LGでは先発イム・チャンギュが2回途中4失点で降板した。LG打線ではジョセフが3安打2打点と活躍。

 

  
ハンファ 6-8 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)ヤン・ヒョン 1勝  (セーブ)オ・ジュウォン 1勝2敗3S  (敗)キム・ボムス 2勝5敗

本塁打)ハンファ : ホイング 9号

 キウムは1回裏にハンファの先発キム・ボムスから2番キム・ハソン、5番チャン・ヨンソクのタイムリー、7番パク・トンウォンへの押し出しの四球、相手のエラーなどで5点を先制した。ハンファは3回表にキウムの先発シン・ジェヨンから2番カン・ギョンハクの内野ゴロの間に1点、代わった2番手キム・ソンミンから4番イ・ソンヨルと5番キム・テギュン(元千葉ロッテ)のタイムリーで3点を返すと、さらに代わった3番手ヤン・ヒョンから8番チ・ソンジュンのタイムリーで5-5の同点に追いついた。

 キウムは3回裏に8番キム・ヘェソンのタイムリーで1点を勝ち越しキム・ボムスをノックアウトすると、代わった2番手アン・ヨンミョンから1番ソ・ゴンチャンのタイムリーで1点を追加した。キウムは4回裏にハンファの3番手ソン・ウンボムから6番キム・ギュミンの内野ゴロの間に1点を追加した。ハンファの4番手イム・ジュンソプ、5番手パク・サンウォンは追加点を与えなかった。ハンファは7回表にキウムの4番手ハン・ヒョンヒィから3番ホイングの本塁打で1点を返した。

 キウムは7回裏にハンファの6番手イ・テヤンからソ・ゴンチャンの犠牲フライで1点を追加した。キウムの5番手キム・サンスは8回表、ハンファの7番手チョン・ウラムは8回裏をそれぞれ無失点に抑えた。6番手オ・ジュウォンは9回表に相手の反撃を断ち、4位キウムが勝利し3連勝となった。キウム打線では4番サンズが3安打と活躍。先発キム・ボムスが3回途中7失点で降板した7位ハンファは5連敗。

 

 

KT 3-1 サムソン  (大邱
(勝)イ・デウン 2勝3敗  (敗)チェ・ジグァン 3勝5敗2S

 KTは3回表にサムソンの先発の高卒新人ウォン・テインから2番ファン・ジェギュンの内野ゴロの間に1点を先制した。サムソンは7回裏にKTの先発アルカンタラから8番ソン・ジュンソクのタイムリーで1-1の同点に追いつき、2番手クォン・オジュンは8回表まで無失点に抑えた。8回裏からKTの2番手イ・デウン(元千葉ロッテ)が登板し、このまま試合は延長戦に突入した。

 KTは10回表に サムソンの3番手チェ・ジグァンから3番カン・ベッコと4番ユ・ハンジュンのタイムリーで2点を勝ち越し、イ・デウンは10回裏に相手の反撃を断ち勝利し6位に浮上した。イ・デウンは2勝目。サムソンは7位に後退。サムソン打線では5番キム・ホンゴンが3安打と活躍。

f:id:takefumif:20190617001023j:plain

2勝目をあげたKTのイ・デウン(http://www.osen.co.kr/article/G1111164945 より)。

 

 

キア 5-10 ロッテ  (釜山・社稷
(勝)チャン・シファン 3勝6敗  (セーブ)ク・スンミン 1勝3敗2S  (敗)イ・ミヌ 1勝2敗1S

本塁打)キア : ペク・ヨンファン 1号  ロッテ : ナ・ジョンドク 1号、ミン・ビョンホン 3号

 ロッテは1回裏にキアの先発イ・ミヌから2番チョン・フンのタイムリーなどで2点を先制し、3回裏に5番ソン・アソプのタイムリーと相手のエラーで2点を追加した。ロッテは4回裏にキアの2番手ヤン・スンチョルから8番ナ・ジョンドクの本塁打、6回裏に1番ミン・ビョンホンの本塁打で1点を追加した。キアは7回表にロッテの先発チャン・シファンからチャンスを作ると、代わった2番手チン・ミョンホから代打ナ・ジワンへの押し出しの四球、1番イ・ミョンギの犠牲フライで2点を返し、3番手イム・ギジュンと4番手パク・チュンピョは7回裏を無失点に抑えた。

 キアは8回表にロッテの3番手コ・ヒョジュンから途中出場の5番リュ・スンヒョンのタイムリーで1点を返した。ロッテの4番手ソン・スンナクは無失点に抑えた。ロッテは8回裏にキアの5番手ホン・ゴンヒィからチョン・フン、3番チョン・ジュヌ、ソン・アソプ、6番ハン・ドンヒィのタイムリーで4点を追加した。キアは9回表にロッテの5番手ク・スンミンから代打ペク・ヨンファンの2016年7月以来の本塁打で2点を返したが、反撃もここまでで最下位ロッテが勝利した。7回途中まで2失点に抑えたチャン・シファンは3勝目。ロッテ打線ではソン・アソプが4安打3打点と活躍。9位キアでは先発イ・ミヌが3回4失点で降板した。キア打線ではリュ・スンヒョンが3安打1打点と活躍。

 

【レギュラーシーズン 順位表】
(6月16日時点)
         試合  勝   敗   分  勝率

1.SK     71  47  23  1  .671

2.トゥサン   72  45  27  0  .625

3.LG     70  40  29  1  .580

4.キウム    73  41  32  0  .562

5.NC     70  36  34  0  .514

6.KT        72  31  41     0    .431

7.サムソン   70  30  40  0  .429

8.ハンファ   70  29  41  0     .414

9.キア     70  28  41  1  .406

10.ロッテ    70  25  44  1  .362

 

(文責 : ふるりん