DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.14) 結果

2位トゥサン3連勝

 

 キアーロッテ(釜山・社稷)は雨天中止。

 

NC 3-7 SK  (仁川
(勝)サンチェス 10勝2敗  (敗)パク・チヌ 4勝6敗

本塁打)NC : パク・ソンミン 9号、ノ・ジンヒョク 11号

 SKは1回裏にNCの先発パク・チヌから3番キム・ガンミンの内野ゴロの間に1点を先制した。NCは4回表にSKの先発サンチェスから4番ヤン・ウィジの内野ゴロの間に1-1の同点に追いつくと、5番パク・ソンミンの本塁打で2-1と逆転した。SKは5回裏にキム・ガンミンと5番コ・ジョンウクの犠牲フライ、6番パク・チョングォンと7番イ・ジェウォンのタイムリーで5-2と逆転し、6回表から2番手パク・ミンホを登板させた。2番手キム・ヨンギュは6回裏を無失点に抑え、NCは7回表にSKの3番手ソ・ジニョンから3番ノ・ジンヒョクの本塁打で1点を返した。

 SKは7回裏にNCの3番手イ・ミンホからイ・ジェウォンのタイムリーで1点を追加し、4番手キム・テフンは8回表を無失点に抑えた。SKは8回裏にNCの4番手チョン・スミンから4番ロマック(元横浜DeNA)のタイムリーで1点を追加し、5番手チョン・ヨンイルは9回表に相手の反撃を断ち首位SKが勝利した。5回を2失点に抑えたサンチェスは最多勝争いトップタイの10勝目。SK打線ではイ・ジェウォンが3安打2打点と活躍。5位NCでは先発パク・チヌが5回5失点で降板した。

f:id:takefumif:20190615002414j:plain

3安打2打点と活躍したSKのイ・ジェウォン(http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2019061415153950791 より)。

 

 

LG 4-7 トゥサン  (ソウル・蚕室)

(勝)リンドブロム 10勝1敗  (セーブ)イ・ヒョンボム 5勝1敗4S  (敗)ケリー 6勝7敗

本塁打)LG : チェ・ウンソン 3号  トゥサン : チェ・ジュファン 1号

 トゥサンは1回裏にLGの先発ケリーから5番オ・ジェイルのタイムリーで1点を先制した。LGは3回表にトゥサンの先発リンドブロムから3番キム・ヒョンスのタイムリーで1-1の同点に追いついた。トゥサンは4回裏に7番パク・セヒョク、8番ペク・トンフンのタイムリーで2点を勝ち越し、5回裏にチェ・ジュファンの本塁打で1点、6回裏に9番リュ・ジヒョクのタイムリー、1番チョン・スビンの犠牲フライ、2番フェルナンデスのタイムリーで3点を追加しケリーをノックアウトした。トゥサンの2番手キム・スンフェは7回表を無失点に抑えた。

 2番手イム・ジソプは7回裏まで追加点を与えず、LGは8回表にトゥサンの3番手ユン・ミョンジュンから5番チェ・ウンソンの本塁打で1点を返した。3番手ヨ・ゴヌクも8回裏に追加点を与えず、LGは9回表にトゥサンの4番手クォン・ヒョクから1番イ・チョヌンのタイムリー、代わった5番手イ・ヒョンボムから4番ジョセフのタイムリーで計2点を返したが、反撃もここまでで2位トゥサンが勝利し3連勝となった。6回を1失点に抑えたリンドブロムは最多勝争いトップタイの10勝目。トゥサン打線ではパク・セヒョクが3安打1打点と活躍。先発ケリーが6回途中7失点で降板した3位LGは引き分け1つを挟んでの連勝が4で止まった。

 

  
ハンファ 7-8 キウム  (ソウル・高尺)

(勝)ユン・ヨンサム 2勝2敗1S  (セーブ)オ・ジュウォン 1勝2敗2S  (敗)イ・テヤン 1勝4敗

本塁打)ハンファ : イ・ソンヨル 10,11号  キウム : サンズ 11号、パク・トンウォン 4号

 ハンファは1回表にキウムの先発アン・ウジンから3番ホイングのタイムリーで2点を先制し、 2回表に1番チョン・ウヌォンのタイムリーで2点を追加した。キウムは2回裏にハンファの先発チャン・ミンジェから4番サンズの本塁打、相手のエラーで2点を返した。ハンファは3回表に5番イ・ソンヨルの本塁打で1点を追加した。キウムは4回裏に8番パク・トンウォンの本塁打で5-5の同点に追いついた。ハンファは7回表にキウムの2番手ユン・ヨンサムからイ・ソンヨルのこの試合2本目の本塁打、7番チャン・ジンヒョクのタイムリーで2点を勝ち越した。

 キウムは7回裏にハンファの3番手パク・チュホン、4番手アン・ヨンミョンからチャンスを作ると、代わった5番手イ・テヤンからサンズの犠牲フライ、5番キム・ギュミンと6番チャン・ヨンソクのタイムリーで8-7と逆転した。キウムの3番手キム・サンスは8回表を無失点に抑えた。ハンファの6番手パク・サンウォンは追加点を与えなかった。4番手オ・ジュウォンは9回表に相手の反撃を断ち、4位キウムが勝利した。キウム打線はチャン・ヨンソクが3安打1打点と活躍。ハンファは3連敗で7位に後退。ハンファ打線ではイ・ソンヨルが3安打2本塁打2打点と活躍。

 

 

KT 4-7 サムソン  (大邱
(勝)ユン・ソンファン 4勝3敗  (セーブ)チェ・ジグァン 3勝4敗2S  (敗)ペ・ジェソン 1勝5敗

本塁打)KT : パク・スンウク 2号  サムソン : ラフ 8号、チェ・ヨンジン 3号

 KTは1回表にサムソンの先発ユン・ソンファンから4番ユ・ハンジュンのタイムリーで1点を先制した。サムソンは3回裏にKTの先発ペ・ジェソンから2番キム・ソンフンのタイムリーで1-1の同点に追いつき、4回裏に4番ラフと6番チェ・ヨンジンの本塁打で4点を勝ち越した。KTは5回表に8番パク・スンウクのSKからの移籍後初本塁打で1点、6回表に4番ユ・ハンジュンのタイムリーで1点を返した。さらにこの回代わったサムソンの2番手イ・スンヒョンから6番ロハスへの押し出しの四球でもう1点を返した。

 KTの2番手オム・サンベクは6回裏まで、3番手キム・ミンスは7回裏に追加点を与えなかった。サムソンの3番手チャン・ピルジュン、4番手ウ・ギュミンは8回表まで無失点に抑えた。サムソンは8回裏にKTの4番手チョン・ソンゴンから5番キム・ホンゴンと7番ソン・ジュインのタイムリーで2点を追加した。KTの5番手イ・サンドンは追加点を与えなかった。5番手チェ・ジグァンが9回表に相手の反撃を断ち、6位サムソンが勝利し3連敗から脱出した。6回途中まで4失点に抑えたユン・ソンファンは4勝目。先発ペ・ジェソンが4回5失点で降板したKTは9位に後退。

 

【レギュラーシーズン 順位表】
(6月14日時点)
         試合  勝   敗   分  勝率

1.SK     69  45  23  1  .662

2.トゥサン   70  44  26  0  .629

3.LG     68  39  28  1  .582

4.キウム    71  39  32  0  .549

5.NC     68  36  32  0  .529

6.サムソン   68  30  38  0  .441

7.ハンファ   68  29  39  0     .426

8.キア     68  28  39  1  .418

9.KT        70  29  41     0    .414

10.ロッテ    68  23  44  1  .343

 

(文責 : ふるりん