DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2020年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(6.12) 結果

4位キウム4連勝

 

SK 6-3 KT  (水原
(勝)チョン・ヨンイル 1勝1敗  (セーブ)ハ・ジェフン 5勝1敗15S  (敗)クム・ミンチョル 1勝4敗

本塁打)SK : チェ・ジョン 15号

 SKは1回表にKTの先発クム・ミンチョルから3番チェ・ジョンの本塁打、6番キム・ガンミンのタイムリーで4点を先制した。KTは1回裏にSKの先発パク・チョンフンから相手のエラー、4番ユ・ハンジュンのタイムリーで2点を返し、2回表から2番手イ・デウン(元千葉ロッテ)を登板させた。SKの2番手チョン・ヨンイルは5回裏、3番手パク・ミンホは6回裏を無失点に抑えた。

 SKは7回表にKTの3番手キム・ミンスから2番ハン・ドンミンのタイムリーで1点を追加し、4番手キム・テフンは7回裏を無失点に抑えた。SKは8回表にKTの4番手チョン・ユスから7番イ・ウォンジェの犠牲フライで1点を追加した。KTは8回裏にSKの5番手ソ・ジニョンから6番パク・キョンスの犠牲フライで1点を返し、5番手イ・サンドンは追加点を与えなかった。

 6番手ハ・ジェフン(元東京ヤクルト)は9回裏に相手の反撃を断ち、首位SKが勝利した。SK打線ではハン・ドンミンとキム・ガンミンが3安打1打点と活躍。8位KTでは先発クム・ミンチョルが1回4失点で降板した。KT打線ではユ・ハンジュンが3安打1打点と活躍。

 

 

トゥサン 9-6 ハンファ  (大田)
(勝)キム・スンフェ 2勝2敗  (セーブ)イ・ヒョンボム 5勝1敗3S  (敗)キム・ミヌ 2勝6敗

本塁打)ハンファ : ホイング 8号、キム・テギュン 3号

 ハンファは1回裏にトゥサンの先発イ・ヨンチャンから3番ホイングの本塁打、6番キム・インファンの犠牲フライで3点を先制した。トゥサンは2回表にハンファの先発キム・ミヌから7番オ・ジェイルのタイムリー、8番パク・セヒョクの犠牲フライ、1番チョン・スビンのタイムリーで3-3の同点に追いつくと、代わったハンファの2番手キム・ソンフンから2番フェルナンデスの2点タイムリーで逆転し、6番キム・ジェホへの押し出しの四球、7番オ・ジェイルのタイムリーなどでこの回は計9点を奪った。

 ハンファは3回裏に4番キム・テギュンの2試合連続本塁打で2点、4回裏に1番チョン・ウヌォンのタイムリーで1点を返した。トゥサンは4回裏途中から2番手キム・スンフェ、ハンファは5回表途中から3番手パク・チュホンを登板させた。トゥサンの3番手クォン・ヒョクは6回裏を無失点に抑えた。さらに7回裏には4番手ハム・トクチュ、5番手パク・チグクの継投で無失点に抑えた。トゥサンの6番手ユン・ミョンジュンは8回裏を無失点に抑えた。ハンファの4番手ムン・ドンウクは9回表に追加点を与えなかった。

 7番手イ・ヒョンボムは9回裏に相手の反撃を断ち、2位トゥサンが勝利し3連敗から脱出した。トゥサン打線ではフェルナンデスが4安打2打点、オ・ジェイルが3安打3打点と活躍。6位ハンファでは先発キム・ミヌが2回途中6失点で降板した。

f:id:takefumif:20190613044514j:plain

3セーブ目を記録したトゥサンのイ・ヒョンボム(http://www.osen.co.kr/article/G1111162517 より)。

 

  
ロッテ 3-4 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)コ・ウソク 5勝2敗12S  (敗)コ・ヒョジュン 1勝5敗

本塁打)LG : キム・ヒョンス 5号

 LGは1回裏にロッテの先発キム・ゴングクから3番キム・ヒョンスの犠牲フライで1点を先制し、3回裏にキム・ヒョンスの本塁打で2点を追加した。2番手パク・シヨンは5回裏途中から6回裏まで無失点に抑え、ロッテは7回表にLGの先発チャ・ウチャンから代打ムン・ギュヒョンの犠牲フライで1点を返すと、3番手ホン・ソンミンは7回裏を無失点に抑えた。ロッテは8回表にLGの2番手イム・チャンギュの暴投や相手の送球が遅れるなどで3-3の同点に追いついた。

 ロッテの4番手パク・チンヒョンは無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。3番手コ・ウソクは10回表を無失点に抑え、3位LGは10回裏にロッテの5番手コ・ヒョジュンからチャンスを作ると、代わった6番手ク・スンミンから相手の暴投でサヨナラ勝ちし、引き分け1つを挟み3連勝となった。LG打線では1番イ・チョヌンが4安打、キム・ヒョンスが1本塁打3打点と活躍。同点に追いつく粘りを見せるも最下位ロッテは引き分け1つを挟んで6連敗。

 

 

キウム 5-4 NC  (昌原
(勝)オ・ジュウォン 1勝2敗1S  (セーブ)ユン・ヨンサム 1勝2敗1S  (敗)ユ・ウォンサン 3敗1S

本塁打)キウム : パク・トンウォン 3号  NC : モ・チャンミン 6号

 キウムは2回表にNCの先発バトラーから8番イ・ジヨンの内野ゴロの間に1点を先制した。NCは4回裏にキウムの先発イ・スンホから5番モ・チャンミン本塁打で2-1と逆転した。さらに6回裏に4番ヤン・ウィジのタイムリーでイ・スンホをノックアウトし、代わったキウムの2番手キム・ソンミンからモ・チャンミンのタイムリーで計2点を追加した。キウムは7回表にNCの2番手キム・ジンソンから代打パク・トンウォンの本塁打で4-4の同点に追いついた。

 NCの3番手キム・ヨンギュは8回表、キウムの3番手ハン・ヒョンヒィは8回裏、NCの4番手チャン・ヒョンシクから9回表、キウムの4番手キム・サンスは9回裏をそれぞれ無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。NCの5番手カン・ユングは10回表、キウムの5番手オ・ジュウォンは10回裏を無失点に抑えた。4位キウムは11回表にNCの6番手ユ・ウォンサンから7番キム・ギュミンのタイムリーで1点を勝ち越し、6番手ユン・ヨンサムは11回裏に相手の反撃を断ち勝利し4連勝となった。5位NC打線ではモ・チャンミンが3安打1本塁打3打点と活躍。

f:id:takefumif:20190613045039j:plain

11回表にキウムのキム・ギュミンが決勝タイムリーを打った(http://sports.khan.co.kr/sports/sk_index.html?art_id=201906122239003&sec_id=510201&pt=nv より)。

 

 

サムソン 3-7 キア  (光州

(勝)ヤン・ヒョンジョン 6勝7敗  (敗)ペク・チョンヒョン 2勝7敗 

 サムソンは1回表にキアの先発ヤン・ヒョンジョンから3番キム・ホンゴンの内野ゴロの間に1点を先制した。キアは2回裏にサムソンの先発ペク・チョンヒョンから7番キム・ソンビンのタイムリー、相手のエラーで2-1と逆転し、3回裏に4番チェ・ヒョンウの犠牲フライ、5番アン・チホンのタイムリーで2点を追加した。サムソンは6回表に1番キム・サンスのタイムリーで1点を返した。キアは6回裏にサムソンの2番手チェ・チュンヨンから9番パク・チャンホのタイムリー、1番イ・ミョンギへの押し出しの四球で2点を追加した。

 2番手パク・チュンピョは7回表を無失点に抑え、キアは7回裏にサムソンの3番手チャン・ピルジュンから途中出場の6番チェ・ウォンジュンのタイムリーで1点を追加した。キアの3番手イム・ギジュンは8回表から登板した。4番手キム・デウは8回裏を無失点に抑え、サムソンは9回表にキアの4番手チョン・サンヒョンから4番ラフのタイムリーで1点を帰したが、反撃もここまでで9位キアが勝利した。6回を2失点に抑えたヤン・ヒョンジョンは6勝目。キア打線ではアン・チホンが3安打1打点と活躍。6位サムソンでは先発ペク・チョンヒョンが5回4失点で降板した。サムソン打線ではキム・サンスが3安打1打点、8番チェ・ヨンジンが3安打と活躍。

 

【レギュラーシーズン 順位表】
(6月12日時点)
         試合  勝   敗   分  勝率

1.SK     67  44  22  1  .667

2.トゥサン   68  42  26  0  .618

3.LG     66  38  27  1  .585

4.キウム    69  38  31  0  .551

5.NC     66  35  31  0  .530

6.ハンファ   66  29  37  0     .439

6.サムソン   66  29  37  0  .439

8.KT        68  28  40     0    .412

9.キア     67  27  39  1  .409

10.ロッテ    67  23  43  1  .348

 

(文責 : ふるりん