DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

レギュラーシーズン(3.27) 結果

キア、シーズン初勝利  KT開幕4連敗

 

LG 1-2 SK  (仁川)

(勝)パク・チョンベ 2勝1敗  (敗)チン・ヘス 1敗

 (本塁打)SK : イ・ジェウォン 1号

 SKは2回裏にLGの先発ペ・ジェジュンから5番イ・ジェウォンの本塁打で1点を先制し、先発パク・チョンフンは6回表まで無失点に抑えた。SKの2番手キム・テッキョンは7回表を無失点に抑えた。LGは8回表にSKの3番手ハ・ジェフン(元東京ヤクルト)から6番パク・ヨンテクの併殺打の間に1-1の同点に追いつき、2番手コ・ウソクは8回裏途中まで無失点に抑えた。

 SKの4番手キム・テフンは9回表を無失点に抑えた。LGの3番手イ・ウチャンと4番手シン・ジョンナクは9回裏を無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。SKの5番手ソ・ジニョンは10回表、6番手パク・チョンベは11回表を無失点に抑えた。SKは11回裏にLGの5番手チン・ヘスからチャンスを作り、代わった6番手ヨ・ゴヌクから3番チェ・ジョンのタイムリーでサヨナラ勝ちした。LGは開幕からの連勝が3で止まった。

 

キウム 2-3 トゥサン  (ソウル・蚕室)

 (勝)ハム・トクチュ 1勝1S  (敗)ハン・ヒョンヒィ 1敗

 (本塁打)キウム : イ・ジヨン 1号 

 トゥサンは4回裏にキウムの先発イ・スンホから2番の新外国人フェルナンデスと3番パク・コヌのタイムリーで2点を先制し、キウムは5回表にトゥサンの先発ユ・ヒィグァンから8番イ・ジヨンのネクセンからの移籍後初本塁打で2-2の同点に追いついた。キウムの2番手オ・ジュウォンは8回裏を無失点に抑えた。トゥサンの2番手キム・スンフェは9回表途中まで無失点に抑えた。

 キウムの3番手キム・サンスと4番手キム・ソンミンは9回裏を無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。3番手ハム・トクチュは10回表まで無失点に抑えると、トゥサンは10回裏にキウムの5番手ハン・ヒョンヒィから途中出場の2番チョン・スビンのタイムリーでサヨナラ勝ちした。トゥサン打線ではフェルナンデスが3安打1打点、1番ホ・ギョンミンが3安打と活躍。 キウムは継投策でしのぐも打線の援護がなく力尽き3連敗。

 

 

ハンファ 4-9 キア  (光州)

(勝)ウィーランド 1勝  (敗)キム・ソンフン 1敗

本塁打) ハンファ : イ・ソンヨル 3号  キア : ヘイゼルベイカー 1号

 キアは1回裏にハンファの先発キム・ソンフンから2番の新外国人ヘイゼルベイカーの韓国初本塁打、8番キム・ミンシクのタイムリーで4点を先制した。ハンファは4回表にキアの先発の新外国人ウィーランド(元横浜DeNA)から5番イ・ソンヨルの2試合連続本塁打で2点を返した。キアは5回裏にハンファの2番手イム・ジュンソプからキム・ミンシクと9番チェ・ウォンジュンのタイムリーで3点を追加した。ハンファは6回表に9番チャン・ジンヒョクのタイムリーで1点を返した。

 キアは6回裏にハンファの3番手チャン・ミンジェから6番イ・ミョンギのタイムリーで1点を追加した。キアの2番手コ・ヨンチャンは7回表、3番手ハ・ジュニョンは8回表をそれぞれ無失点に抑えた。キアは8回裏にハンファの4番手ソ・ギュンからキム・ミンシクの内野ゴロの間に1点を追加し、4番手キム・ユンドンは9回表に相手の反撃を断ち勝利し、開幕3連敗から脱出した。6回を3失点に抑えたウィーランドは韓国初勝利。キア打線ではキム・ミンシクが5打点、5番キム・ジュチャンが3安打と活躍。ハンファでは先発キム・ソンフンが4回途中4失点で降板し、反撃も及ばなかった。

 

 

サムソン 23-4 ロッテ  (釜山・社稷

(勝)キム・デウ 1勝  (敗)チャン・シファン 1敗

本塁打) サムソン : イ・ハクチュ 1,2号、キム・ホンゴン 1号、パク・ハニ 1,2号、カン・ミンホ 1号、チェ・ヨンジン 1号、ク・ジャウク 1号  ロッテ : チェ・テイン 1号、チョン・ジュヌ 2号

 ロッテは1回裏にサムソンの先発チェ・チュンヨンから4番イ・デホ(元福岡ソフトバンク)の内野ゴロの間に1点を先制した。サムソンは3回表にロッテの先発チャン・シファンから8番イ・ハクチュの韓国初打点・初本塁打、5番キム・ホンゴンの満塁本塁打で6-1と逆転した。ロッテは3回裏に5番チェ・テインのタイムリー、7番の新外国人アスアヘの韓国初打点となるタイムリーで2点を返した。サムソンは4回表にロッテの2番手チャ・ジェヨンからチャンスを作ると、代わった3番手オ・ヒョンテクから4番ラフの内野ゴロの間に1点を追加した。

 ロッテは4回裏にサムソンの2番手キム・デウから3番チョン・ジュヌの本塁打で1点を返した。サムソンは5回表にロッテの3番手オ・ヒョンテクから代打パク・ハニ、7番カン・ミンホ、9番チェ・ヨンジンの本塁打で3点、6回表に4番手チョン・ソンジョンからチェ・ヨンジンへの押し出しの四球で1点を追加し、2番手キム・デウは6回裏まで無失点に抑えた。サムソンは7回表に3番ク・ジャウクの本塁打で2点を追加した。

 サムソンは8回表にロッテの5番手イ・インボクから4番ラフとキム・ホンゴンのタイムリー、パク・ハニの満塁本塁打、イ・ハクチュのこの試合2本目の本塁打、1番パク・ヘミンと2番キム・サンスのタイムリーで10点を追加した。3番手イ・スンヒョンと4番手チェ・ジグァンは相手の反撃を断ち、サムソンが勝利した。24安打を記録したサムソン打線ではパク・ハニが3安打2本塁打5打点、イ・ハクチュが3安打2本塁打4打点、キム・ホンゴンが3安打1本塁打5打点、ク・ジャウクが3安打1本塁打2打点、カン・ミンホが3安打1本塁打1打点と活躍。ロッテでは先発チャン・シファンが3回途中6失点で降板すると他の投手も失点を重ねた。

 

f:id:takefumif:20190328043345j:plain

韓国初本塁打を記録したサムソンのイ・ハクチュ(http://www.spotvnews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=276287 より)。

 

KT 1-4 NC  (昌原)

(勝)キム・ヨンギュ 1勝  (セーブ)ウォン・ジョンヒョン 1S  (敗)キム・ミン 1敗

本塁打) NC : ヤン・ウィジ 3号

 NCは3回裏にKTの先発キム・ミンから8番チ・ソックンのタイムリーで1点を先制し、1番イ・サンホの内野ゴロの間に1点を追加した。KTは6回表にNCの先発キム・ヨンギュから6番チャン・ソンウの犠牲フライで1点を返した。NCは6回裏に4番ヤン・ウィジの2試合連続本塁打で2点を追加し、2番手ぺ・ジェファンは7回表を無失点に抑えた。

 NCの3番手カン・ユングは8回表、KTの2番手チュ・グォンは8回裏をそれぞれ無失点に抑えた。4番手ウォン・ジョンヒョンは9回表に相手の反撃を断ち、NCが勝利した。6回を1失点に抑えたプロ2年目のキム・ヨンギュは一軍初登板にして初勝利。NC打線ではヤン・ウィジが3安打1本塁打2打点と活躍。打線がつながらなかったKTは開幕4連敗。

f:id:takefumif:20190327182821j:plain

プロ初勝利をあげた19歳の左腕キム・ヨンギュ(http://www.knnews.co.kr/news/articleView.php?idxno=1281723 より)。

 

(文責 : ふるりん