DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2020年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

  4位ネクセン、チーム新記録の11連勝

 ハンファ−ロッテ(釜山・社稷)は雨天中止。


SK 12−2 トゥサン  (ソウル・蚕室)
(勝)キム・グァンヒョン 9勝5敗  (セーブ)ムン・スンウォン 6勝7敗1S  (敗)ユン・スホ 1敗
本塁打) SK : キム・ドンヨプ 24号
 トゥサンの先発イ・ヨンチャンは1回表にSKの2番キム・ガンミンの打球を受けて負傷により降板した。SKは2回表にトゥサンの2番手ユン・スホから6番チェ・ハンのタイムリー、7番キム・ドンヨプの本塁打で3点を先制すると、代わった3番手ハン・ジュソンから3番ロマック(元横浜DeNA)のタイムリーで2点を追加した。SKは3回表に9番カン・スンホのタイムリーで2点、5回表にロマックの犠牲フライで1点を追加し、先発キム・グァンヒョンは5回まで無失点に抑えた。
 SKは6回表にトゥサンの4番手チェ・ドンヒョンから1番ノ・スグァンのタイムリーで1点を追加し、6回裏から2番手チェ・ビョンニョンを登板させた。SKは7回表にトゥサンの5番手の高卒新人パク・シンジから相手の暴投と途中出場の8番パク・スンウクの内野ゴロの間に3点を追加した。トゥサンは7回裏にSKの3番手ムン・スンウォンから7番バンスライクの併殺打の間に1点を返した。
 トゥサンは9回裏にバンスライクの内野ゴロの間に1点を返したが反撃もここまでで、2位SKが3連敗から脱出した。キム・グァンヒョンは9勝目。先発全員安打を記録したSK打線ではカン・スンホが3安打2打点、チェ・ハンが3安打1打点と活躍。首位トゥサンは先発イ・ヨンチャンが1回表で降板する不運に見舞われてしまった。


ネクセン 3−2 サムソン  (大邱
(勝)ハッカー 3勝2敗  (セーブ)オ・ジュウォン 3勝5敗1S  (敗)ボニーヤ 6勝7敗
本塁打) サムソン : ク・ジャウク 13号
 ネクセンは1回表にサムソンの先発ボニーヤから3番ソ・ゴンチャンのタイムリーで1点を先制した。サムソンは1回裏にネクセンの先発ハッカーから2番ク・ジャウクの本塁打で1-1の同点に追いついた。ネクセンは4回表に7番イム・ビョンウクのタイムリーで1点を勝ち越し、7回表に9番キム・ジェヒョンのタイムリーで1点を追加した。サムソンは7回裏に4番ラフのタイムリーで1点を返した。
 サムソンの2番手チャン・ピルジュンは8回表、3番手チェ・チュンヨンは9回表に追加点を与えなかった。2番手オ・ジュウォンは9回裏に相手の反撃を断ち、4位ネクセンが2008年の球団創設以来の連勝記録を11に伸ばした。8回を2失点に抑えたハッカーは3勝目。7位サムソンは7回を3失点に抑えたボニーヤを打線が援護できなかった。


LG 13−4 キア  (光州)
(勝)ペ・ジェジュン 1勝  (敗)イム・チャンヨン 3勝4敗4S
本塁打) LG : キム・ヒョンス 20号、パク・チギュ 1号、チェ・ウンソン 21号  キア : ナ・ジワン 18号
 LGは1回表にキアの先発イム・チャンヨン(元東京ヤクルト)から3番キム・ヒョンスの本塁打で2点を先制した。キアは1回裏にLGの先発ペ・ジェジュンから5番キム・ジュチャンのタイムリーで1点を返した。LGは2回表に9番パク・チギュのプロ4年目にしての初本塁打、2番イム・フンとキム・ヒョンスのタイムリー、4番チェ・ウンソンの本塁打で6点を追加し、イム・チャンヨンをノックアウトした。
 LGは5回表にキアの2番手の高卒新人ハ・ジュニョンから5番イ・チョヌンのタイムリーで1点を追加した。キアは5回裏に2番イ・ミョンギのタイムリーで1点を返し、3番手キム・セヒョンは6回表まで無失点に抑えた。キアは7回裏にLGの2番手チェ・ドンファン、3番手チン・ヘスからチャンスを作ると、代わった4番手コ・ウソクから4番アン・チホンのタイムリーで1点を返した。LGは8回表にキアの4番手の高卒新人キム・ユシンから途中出場の7番ユン・ジンホのタイムリー、代わった5番手ムン・ギョンチャンからパク・チギュのタイムリーで計2点を追加した。キアは8回裏に5番ナ・ジワンの本塁打で1点を返した。
 5位LGは9回表に途中出場の4番アン・イックンと6番ヤン・ソックァンのタイムリーで2点を追加し、5番手シン・ジョンナクが9回裏に相手の反撃を断ち3連敗から脱出した。5回を2失点に抑えたペ・ジェジュンはプロ6年目にして初勝利。先発全員安打を記録したLG打線ではパク・チギュとキム・ヒョンスが1本塁打3打点と活躍。7位キアではイム・チャンヨンが2回途中8失点で降板した。
 

NC 13−9 KT  (水原)
(勝)ウォン・ジョンヒョン 2勝4敗2S   (敗)ニッパート 6勝7敗
本塁打) KT : カン・ベッコ 20号、ロハス 32号  NC : ナ・ソンボム 20号、モ・チャンミン 8,9号、スクラッグス 22号、イ・ウソン 4号
 NCは1回表にKTの先発ニッパートから3番ナ・ソンボム、5番モ・チャンミン本塁打で4点を先制し、2回表に2番パク・ミヌの犠牲フライ、3番ナ・ソンボムのタイムリー、4番スクラッグスの本塁打で4点を追加した。KTは2回裏にNCの先発ク・チャンモから1番の高卒新人カン・ベッコの2試合連続本塁打で3点を返した。NCは3回表に7番イ・ウソンの本塁打で1点を追加した。KTは3回裏にNCの2番手イ・ヒョンボムから6番ファン・ジェギュンのタイムリーなどで2点、4回裏にNCの3番手カン・ユングから3番ロハス本塁打で2点を返した。
 KTの2番手チョン・ソンゴンは6回表を無失点に抑えた。NCは7回表にKTの3番手オム・サンベクからモ・チャンミンのこの試合2本目の本塁打で1点を追加した。KTは8回表から4番手ホン・ソンヨンを登板させた。4番手ウォン・ジョンヒョンは8回裏まで無失点に抑え、NCは9回表にKTの5番手チュ・グォンから途中出場の9番チョン・ボムモのタイムリーなどで3点を追加した。
 KTは9回裏にNCの6番手イ・ミンホから5番パク・キョンスのタイムリーなどで2点を返したが、反撃もここまでで最下位NCが勝利した。NC打線ではナ・ソンボムが3安打1本塁打4打点、モ・チャンミンが4安打2本塁打2打点、イ・ウソンが3安打1本塁打1打点、ノ・ジンヒョクが4安打1打点と活躍。最下位KTではニッパートが5回9失点で降板した。