DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

  4位ネクセン7連勝  5位LG8連敗から脱出

トゥサン 1−7 KT  (水原)
(勝)フィアベンド 5勝6敗  (敗)イ・ヨンハ 5勝3敗
本塁打) KT : オ・テゴン 10号
 KTは3回裏にトゥサンの先発イ・ヨンハから2番オ・テゴンの内野ゴロの間に1点を先制し、5回裏に9番シム・ウジュンのタイムリーで1点を追加した。さらにこの回代わったトゥサンの2番手キム・スンフェからオ・テゴンの満塁本塁打で4点を追加した。トゥサンの3番手ユン・スホ、4番手ハン・ジュソンは追加点を与えなかった。トゥサンは8回表にKTの先発フィアベンドから4番キム・ジェファンのタイムリーで1点を返した。
 9位KTは8回裏にトゥサンの4番手の高卒新人パク・シンジから8番チャン・ソンウのタイムリーで1点を追加し、2番手シム・ジェミンが相手の反撃を断ち勝利した。8回を1失点に抑えたフィアベンドは5勝目。KT打線ではオ・テゴンが1本塁打5打点、チャン・ソンウが3安打1打点と活躍。首位トゥサンではイ・ヨンハが5回途中5失点で降板し、打線もつながらなかった。


SK 12−8 NC  (馬山)
(勝)ユン・ヒィサン 1勝1敗1S   (敗)ユ・ウォンサン 1勝4敗
本塁打) SK : ロマック 36号、ハン・ドンミン 28号、キム・ソンヒョン 2号  NC : ノ・ジンヒョク 9号、パク・ソンミン 11号
 NCは1回裏にSKの先発ムン・スンウォンから1番ノ・ジンヒョクの2試合連続本塁打、6番イ・ウソンのタイムリーで3点を先制した。SKは2回表にNCの先発イ・ヒョンボムから5番イ・ジェウォンのタイムリーで1点を返した。NCは2回裏にノ・ジンヒョクのタイムリーで1点を追加した。SKは3回表に3番ロマック(元横浜DeNA)、4番ハン・ドンミンの2者連続本塁打で4-4の同点に追いついた。NCは3回裏にSKの2番手キム・テフンから7番モ・チャンミンの内野ゴロの間に1点を勝ち越し、4回裏に5番パク・ソンミンの本塁打で3点を追加した。
 SKは5回表に6番チェ・ハンの走者一掃のタイムリーで3点を返し、代わったNCの2番手ユ・ウォンサンから8番キム・ソンヒョンの本塁打で10-8と逆転した。SKは5回裏から3番手イ・スンジンに代わって4番手ユン・ヒィサンを登板させた。NCの3番手チャン・ヒョンシクは8回表に追加点を与えなかった。SKは9回表にNCの5番手ミン・テホから7番チョン・ウィユンのタイムリーで2点を追加した。5番手シン・ジェウンは9回裏に相手の反撃を断ち、2位SKが勝利した。最下位NCはチャンスを生かしきれなかった。


ネクセン 9−4 ハンファ  (清州)
(勝)ハッカー 2勝2敗  (敗)パク・サンウォン 3勝2敗
本塁打) ネクセン : キム・ハソン 16号  ハンファ : ホイング 26号、チョン・グヌ 7号
 ネクセンは1回表にハンファの先発キム・ミヌから2番キム・ヘェソンのタイムリーで1点を先制した。ハンファは1回裏にネクセンの先発ハッカーから4番ホイングのタイムリーで1-1の同点に追いついた。ハンファは4回裏に8番ハ・ジュソクのタイムリーで1点を返し、5回裏にホイングの本塁打で3-3の同点に追いついた。ネクセンは6回表にハンファの2番手パク・サンウォンから1番イ・ジョンフの犠牲フライで1点を勝ち越した。
 ハンファは7回表から3番手ソ・ギュンを登板させた。ネクセンの2番手イ・スンホは7回裏をそれぞれ無失点に抑えた。ネクセンは8回表にハンファの4番手アン・ヨンミョンから相手のエラー、1番イ・ジョンフのタイムリー、代わった5番手キム・ソンフンからキム・ヘェソンのタイムリーで3点を追加した。3番手イ・ボグンは8回裏を無失点に抑え、ネクセンは9回表にハンファの6番手チャン・ミンジェから6番キム・ハソンの本塁打で2点を追加した。
 ハンファは9回裏にネクセンの4番手キム・ドンジュンから3番チョン・グヌの本塁打で1点を返したが、4位ネクセンが7連勝となった。6回を3失点に抑えたハッカーは2勝目。ネクセン打線ではイ・ジョンフが4安打1打点、キム・ヘェソンが3安打2打点と活躍。3位ハンファでは継投が機能しなかった。ハンファ打線ではホイングが3安打1本塁打2打点と活躍。


サムソン 10−12 LG  (ソウル・蚕室)
(勝)チェ・ドンファン 1勝  (セーブ)チョン・チャンホン 5勝3敗22S  (敗)クォン・オジュン 2勝1敗1S
本塁打) サムソン : キム・ホンゴン 9号 
 サムソンは1回表にLGの先発チャ・ウチャンから2番ク・ジャウクのタイムリーで1点を先制した。LGは2回裏にサムソンの先発ボニーヤから7番オ・ジファン、8番ユ・ガンナム、1番パク・ヨンテクのタイムリーで3-1と逆転した。サムソンは3回表に相手のエラー、7番イ・ジヨンへの押し出しの四球、8番ソン・ジュインの犠牲フライで4-3と逆転した。LGは3回裏に4番チェ・ウンソンのタイムリーで4-4の同点に追いついた。サムソンは4回表に4番ラフのタイムリー、6番キム・ホンゴンの本塁打で4点を勝ち越しチャ・ウチャンをノックアウトした。
 LGは6回裏にユ・ガンナムのタイムリーで1点を返すと、代わったサムソンの2番手クォン・オジュンから2番イ・ヒョンジョンへの押し出しの四球、3番キム・ヒョンスとチェ・ウンソンのタイムリーで10-8と逆転した。LGの2番手チェ・ドンファンは7回表途中まで無失点に抑えた。LGの4番手コ・ウソクは無失点に抑えた。LGは8回裏にサムソンの3番手チョン・イヌクからキム・ヒョンスの内野ゴロの間に1点、代わったサムソンの4番手イ・スンヒョンの暴投でさらに1点を追加した。
 サムソンは9回表にLGの5番手チョン・チャンホンからク・ジャウクと代打カン・ミンホのタイムリーで2点を返したが、反撃もここまでで5位LGが8連敗から脱出した。LG打線ではチェ・ウンソンが3安打3打点、キム・ヒョンスが3打点と活躍。6位サムソンでは継投が失敗した。サムソン打線ではク・ジャウクが4安打2打点と活躍。