DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2022年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

   6位キア4連敗

トゥサン 6−0 KT  (水原)
(勝)イ・ヨンチャン 10勝2敗  (敗)ニッパート 6勝5敗
本塁打) トゥサン : キム・ジェホ 8号、チェ・ジュファン 14号
 トゥサンは1回表にKTの先発ニッパートから5番ヤン・ウィジのタイムリーで1点を先制し、2回表に9番キム・ジェホの本塁打で1点、3回表に2番チェ・ジュファンの本塁打で1点を追加した。トゥサンの先発イ・ヨンチャンは7回裏まで無失点に抑えた。ニッパートは4回表以降追加点を与えなかった。トゥサンは8回裏から2番手キム・スンフェを登板させた。
 首位トゥサンは9回表にKTの2番手ユン・グニョンからキム・ジェホ、1番ホ・ギョンミン、4番キム・ジェファンのタイムリーで3点を追加し、3番手ハム・トクチュが9回裏に相手の反撃を断ち完封リレーで勝利した。7回を無失点に抑えたイ・ヨンチャンは2012年以来のシーズン10勝目。トゥサン打線ではキム・ジェファンとヤン・ウィジが3安打1打点と活躍。9位KTでは8回を3失点に抑えたニッパートに対して打線が沈黙した。


ネクセン 22−8 ハンファ  (大田)
(勝)チェ・ウォンテ 11勝6敗  (セーブ)ユン・ヨンサム 1勝1S  (敗)サンプソン 9勝6敗
本塁打) ネクセン : コ・ジョンウク 5号、イム・ビョンウク 9,10号、キム・ハソン 12号、パク・ピョンホ 19号、チョイス 15号
 ネクセンは2回表にハンファの先発サンプソンから5番コ・ジョンウクと8番イム・ビョンウクの本塁打で3点、3回表に相手のパスボールで1点、4回表に2番キム・ギュミンのタイムリー、3番キム・ハソンの本塁打で5点を追加しサンプソンをノックアウトした。さらにこの回代わったハンファの2番手チャン・ミンジェから6番キム・ミンソン、7番チョイス、イム・ビョンウクのタイムリーで4点を追加した。ハンファは4回裏にネクセンの先発チェ・ウォンテから6番イ・ソンヨルと7番ハ・ジュソクのタイムリーで2点を返した。
 ネクセンは5回表にコ・ジョンウクの犠牲フライで1点を追加した。ハンファは5回裏に途中出場の3番キム・フェソン、途中出場の5番の高卒新人チョン・ウヌォンのタイムリーで2点を返した。ネクセンは6回表にハンファの3番手キム・ギョンテから相手の暴投で1点、7回表に4番パク・ピョンホとチョイスの本塁打で4点を追加した。ハンファの4番手パク・サンウォンは8回表に追加点を与えなかった。ネクセンは9回表にハンファの5番手ソ・ギュンからイム・ビョンウクのこの試合2本目の本塁打で3点を追加した。
 ハンファは9回裏にネクセンの2番手ユン・ヨンサムからチョン・ウヌォンと7番ハ・ジュソクのタイムリーなどで4点を返したが、5位ネクセンが2008年の球団創設以降の新記録となる22得点で勝利した。6回を4失点に抑えたチェ・ウォンテは11勝目。ネクセン打線ではイム・ビョンウクが3安打2本塁打7打点、チョイスが4安打1本塁打3打点と活躍。2位ハンファはサンプソンが4回途中9失点で降板などまさかの大量失点を喫した。ハンファ打線ではハ・ジュソクが3安打3打点と活躍。


SK 1−3 LG  (ソウル・蚕室)
(勝)ソーサ 8勝5敗  (セーブ)チョン・チャンホン 4勝3敗19S  (敗)キム・グァンヒョン 7勝4敗
本塁打) SK : ハン・ドンミン 23号  LG : チェ・ウンソン 15号 
 LGは2回裏にSKの先発キム・グァンヒョンから5番チェ・ウンソンの本塁打で2点を先制し、5回裏に1番イ・ヒョンジョンのタイムリーで1点を追加した。SKは6回表にLGの先発ソーサから2番ハン・ドンミンの本塁打で1点を返した。SKは7回裏から2番手チョン・ヨンイル、8回裏から3番手パク・ヒィスの継投で追加点を与えなかった。
 2番手チョン・チャンホンが9回表に相手の反撃を断ち、4位LGが勝利した。8回を1失点に抑えたソーサは8勝目。3位SKはキム・グァンヒョンが6回を3失点に抑えたが打線の援護がなかった。
 

キア 1−5 NC  (馬山)
(勝)王維中 6勝6敗  (敗)ヘクター 8勝5敗
本塁打) キア : アン・チホン 16号  NC : クォン・ヒィドン 2号
 NCの先発王維中、キアの先発ヘクターは5回まで互いに無失点に抑えた。NCは6回裏に3番ナ・ソンボムの犠牲フライで1点を先制し、7回表から2番手ウォン・ジョンヒョンを登板させた。NCは7回裏に代打イ・ウォンジェ、2番手イ・サンホのタイムリーで3点を追加しヘクターをノックアウトした。キアの2番手イム・ギジュンは追加点を与えなかった。
 3番手カン・ユングは8回表を無失点に抑え、NCは8回裏にキアの3番手キム・セヒョンから5番クォン・ヒィドンの本塁打で1点を追加した。4番手イ・ミンホは9回表に相手の反撃を断ち、最下位NCが3連勝となった。6回を無失点に抑えた王維中は6勝目。ヘクターが12奪三振も7回途中4失点で降板した6位キアは4連敗。


ロッテ 2−4 サムソン  (浦項
(勝)ボニーヤ 5勝6敗  (セーブ)シム・チャンミン 4勝12S  (敗)デュブロント 5勝6敗
本塁打)  ロッテ : チョン・ジュヌ 15号  サムソン : ク・ジャウク 4号
 ロッテは1回表にサムソンの先発ボニーヤから1番チョン・ジュヌの3試合連続本塁打、4番イ・デホのタイムリーで2点を先制した。サムソンは4回裏にロッテの先発デュブロントから相手のエラー、5番キム・ホンゴンのタイムリーで2-2の同点に追いつき、6回裏に2番ク・ジャウクの本塁打で1点を勝ち越しデュブロントをノックアウトした。ロッテの2番手オ・ヒョンテクは追加点を与えなかった。
 サムソンは7回裏にロッテの3番手イ・ミョンウからチャンスを作り、代わった4番手ノ・ギョンウンからイ・ウォンソクの犠牲フライで1点を追加した。サムソンの2番手チャン・ピルジュンは8回表まで無失点に抑え、ロッテの5番手ク・スンミンは8回裏に追加点を与えなかった。3番手シム・チャンミンは9回表を無失点に抑え、8位サムソンが3連勝となった。7回途中まで2失点に抑えたボニーヤは5勝目。7位ロッテでは5回を3失点に抑えたデュブロントを打線が援護できなかった。