DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

  首位トゥサン、2位ハンファ相譲らず


 KT−LG(ソウル・蚕室)、キア−SK(仁川)は雨天中止。


トゥサン 9−0 NC  (馬山)
(勝)イ・ヨンチャン 8勝2敗  (敗)ノ・ソンホ 2敗
本塁打) トゥサン : オ・ジェウォン 7号、チェ・ジュファン 12号
 トゥサンは2回表にNCの先発ノ・ソンホから6番オ・ジェウォンの本塁打で3点を先制し、この回代わったNCの2番手イ・ヒョンボムから2番チェ・ジュファンの本塁打で3点を追加し、先発イ・ヨンチャンは無失点を続けた。トゥサンは4回表にチェ・ジュファンと4番キム・ジェファンのタイムリーで3点を追加し、7回裏から2番手キム・スンフェを登板させた。
 NCの3番手ユ・ウォンサンは追加点を与えなかった。3番手イ・ヒョンホが相手の反撃を断ち、首位トゥサンは完封リレーで勝利した。6回を無失点に抑えたイ・ヨンチャンは8勝目。トゥサン打線ではチェ・ジュファンが1本塁打4打点と活躍。最下位NCはノ・ソンホが2回途中で降板し打線もチャンスを生かしきれなかった。


サムソン 3−8 ハンファ  (大田)
(勝)チャン・ミンジェ 4勝1敗  (敗)ボニーヤ 4勝6敗
本塁打) サムソン : ラフ 18号  ハンファ : ソン・グァンミン 11号、ホイング 21号
 サムソンは1回表にハンファの先発ユン・ギュジンから4番ラフのタイムリーで1点を先制した。ハンファは4回裏にサムソンの先発ボニーヤから3番ソン・グァンミンの本塁打で1-1の同点に追いつき、6回表から2番手パク・サンウォン、7回表から3番手チャン・ミンジェを登板させた。ハンファは7回裏に9番チェ・ジェフンのタイムリーで1点を勝ち越しボニーヤをノックアウトすると、代わったサムソンの2番手チャン・ピルジュンからソン・グァンミンへの押し出しの四球、3番手パク・クンホンから4番ホイングの満塁本塁打で計5点を追加した。
 4番手イ・テヤンは8回表を無失点に抑え、ハンファは8回裏にサムソンの4番手チェ・ジグァンから1番イ・ヨンギュのタイムリーで1点を追加した。サムソンは9回表にハンファの5番手キム・ボムスからラフの本塁打で2点を返したが、6番手ソン・チャンシクが相手の反撃を断ち2位ハンファが勝利した。8位サムソンでは7回途中まで3失点に抑えたボニーヤを打線が援護できなかった。サムソン打線ではラフが1本塁打3打点、2番キム・サンスが3安打、8番イ・ジヨンが4安打と活躍。


ネクセン 6−8 ロッテ  (釜山・社稷
(勝)ク・スンミン 3勝1敗  (セーブ)ソン・スンナク 1勝3敗11S  (敗)オ・ジュウォン 3敗
本塁打) ロッテ : チェ・テイン 9号  
 ネクセンは1回表にロッテの先発ラリーから3番キム・ハソンと5番チョイスのタイムリー、6番キム・ミンソンの犠牲フライで3点を先制すると、2回表に4番パク・ピョンホへの押し出しの四球、チョイスの犠牲フライで2点を追加した。ネクセンは5回表にロッテの2番手ペ・ジャンホから1番キム・ヘェソンのタイムリーで1点を追加した。ロッテは5回裏にネクセンの先発ハン・ヒョンヒィから7番シン・ボンギのタイムリーで1点を返した。
 ロッテは6回裏に4番チェ・テインの犠牲フライ、5番ミン・ビョンホンのタイムリーと相手のエラーで3点を返し、3番手ク・スンミンは7回表を無失点に抑えた。ロッテは7回裏にネクセンの2番手オ・ジュウォンからチェ・テインの満塁本塁打で逆転し、4番手オ・ヒョンテクは8回表を無失点に抑えた。ネクセンの3番手ユン・ヨンサムは追加点を与えなかった。5番手ソン・スンナクが9回表を無失点に抑え、7位ロッテが逆転勝ちした。ロッテ打線ではチェ・テインが1本塁打5打点と活躍.6点差を逆転されたネクセンは6位に後退。ネクセン打線ではキム・ヘェソンが3安打1打点と活躍。