DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2021年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

  首位トゥサン9連勝  最下位NC4連勝

トゥサン 13−4 ハンファ  (大田)
(勝)フランコフ 10勝  (敗)キム・ミヌ 2勝3敗
本塁打) トゥサン : ホ・ギョンミン 5号、パク・コヌ 3号、キム・ジェファン 23号  ハンファ : キム・ミンハ 1号 
 トゥサンは1回表にハンファの先発キム・ミヌから1番ホ・ギョンミンの先頭打者本塁打、4番キム・ジェファンのタイムリーで2点を先制し、3回表に2番チェ・ジュファンのタイムリーで1点、4回表にホ・ギョンミンとチェ・ジュファンのタイムリー、3番パク・コヌの本塁打で6点を追加した。トゥサンは6回表にハンファの2番手チャン・ミンジェから4番キム・ジェファンの2試合連続本塁打で1点を追加し、先発フランコフは6回裏まで無失点に抑えた。
 ハンファは7回裏にトゥサンの2番手の高卒新人クァク・ピンから途中出場の9番チ・ソンジュンのタイムリー、途中出場の1番キム・ミンハのロッテ在籍時の2016年7月以来となる本塁打で3点を返した。ハンファの3番手ソ・ギュンは8回表、トゥサンの3番手イ・ヨンハは8回裏まで無失点に抑えた。トゥサンは9回表にハンファの4番手パク・サンウォンからホ・ギョンミン、途中出場の4番チョン・ジンホのタイムリーで3点を追加した。
 ハンファは9回裏にトゥサンの4番手ユ・ジェユからキム・ミンハのタイムリーで1点を返したが、首位トゥサンが9連勝となった。フランコフは最多勝の10勝目で開幕10連勝。トゥサン打線ではホ・ギョンミンが5安打1本塁打4打点、チェ・ジュファンが4安打2打点、キム・ジェファンが3安打1本塁打2打点と活躍。2位ハンファではキム・ミヌが4回9失点で降板した。ハンファ打線ではキム・ミンハが1本塁打3打点と活躍。


ロッテ 14−6 SK  (仁川)
(勝)ソン・スンジュン 1勝1敗  (敗)パク・チョンフン 6勝4敗
本塁打) ロッテ : チェ・テイン 7号、バーンズ 8,9号  SK : チェ・ハン 2号
 SKは1回裏にロッテの先発パク・セウンから2番ハン・ドンミンのタイムリーで1点を先制した。ロッテは3回表にSKの先発パク・チョンフンから3番チェ・テインの本塁打で1-1の同点に追いついた。SKは3回裏に5番パク・チョングォンへの押し出しの四球で1点を勝ち越した。ロッテは4回表に8番バーンズの本塁打で3-2と逆転したが、SKは5回裏に4番キム・ドンヨプのタイムリーで同点に追いつくと、代わったロッテの2番手ソン・スンジュンから6番イ・ジェウォンの犠牲フライで4-3と逆転した。
 ロッテは6回表にパク・チョンフンからチャンスを作ると、代わったSKの2番手キム・テフンからバーンズの2打席連続本塁打で6-4と逆転した。ロッテは7回表にSKの3番手チョン・ヨンイルから6番シン・ボンギ、7番ムン・ギュヒョンのタイムリー、代わった4番手イ・スンジンから相手のエラー、2番ソン・アソプのタイムリーで計6点を追加した。SKは8回裏に途中出場の6番チェ・ハンの本塁打で1点を返した。ロッテは9回表にSKの5番手イム・ジュンヒョクから1番チョン・ジュヌ、チェ・テインのタイムリーで2点を追加した。
 SKは9回裏にロッテの3番手パク・シヨンから途中出場の1番キム・ジェヒョンのタイムリーで1点を返したが、8位ロッテが勝利した。ロッテ打線ではバーンズが3安打2本塁打5打点、6番ミン・ビョンホンが3安打と活躍。3位SKではパク・チョンフンが6回途中6失点など投手陣が失点を重ねた。


キア 3−4 LG  (ソウル・蚕室)
(勝)チョン・チャンホン 4勝3敗15S  (敗)キム・ユンドン 3勝3敗2S
本塁打) キア : チェ・ヒョンウ 9号  LG : イ・ヒョンジョン 7号
 LGは1回裏にキアの先発パット・ディーンから1番イ・ヒョンジョンの先頭打者本塁打で1点を先制し、3回裏に2番オ・ジファンの犠牲フライで1点を追加した。キアは8回表にLGの先発ウィルソンから9番キム・ミンシクの内野ゴロの間に1点を返した。LGは8回裏にキアの2番手ユ・スンチョルからイ・ヒョンジョンのタイムリーで1点を追加した。キアの3番手イム・ギジュンは追加点を与えなかった。
 キアは9回表にLGの2番手チョン・チャンホンから4番チェ・ヒョンウの本塁打、8番チェ・ウォンジュンのタイムリーで3-3の同点に追いついた。4位LGは9回裏にキアの4番手キム・ユンドンから9番チョン・ジュヒョンのタイムリーでサヨナラ勝ちし、4連敗から脱出した。LG打線ではイ・ヒョンジョンが3安打1本塁打2打点と活躍。5位キアは3連敗。キア打線ではチェ・ヒョンウが3安打1本塁打1打点、チェ・ウォンジュンが3安打1打点と活躍。


サムソン 2−9 ネクセン  (ソウル・高尺)
(勝)キム・ドンジュン 2勝1S  (敗)ハン・ギジュ 1勝4敗
本塁打) ネクセン : パク・ピョンホ 11号
 ネクセンは1回裏にサムソンの先発ハン・ギジュから4番パク・ピョンホ、5番コ・ジョンウク、8番キム・ヘェソンのタイムリーで5点を先制し、2回裏にサムソンの2番手チョン・イヌクからコ・ジョンウクの犠牲フライで1点を追加した。サムソンは4回表にネクセンの先発キム・ドンジュンから7番ぺ・ヨンソプのタイムリーで1点を返した。ネクセンは4回裏にパク・ピョンホの本塁打で2点を追加した。サムソンの3番手イム・ヒョンジュンは7回裏を無失点に抑えた。
 2番手キム・ソンミンは8回表まで無失点に抑え、ネクセンは8回裏にサムソンの4番手キム・スンヒョンからコ・ジョンウクのタイムリーで1点を追加した。3番手チョ・ドッキルは9回表に相手の反撃を断ち、ネクセンが勝利し6位に浮上した。5回を1失点に抑えたキム・ドンジュンはプロ7年目にして先発初勝利の2勝目。ネクセン打線ではパク・ピョンホが3安打1本塁打4打点、コ・ジョンウクが3安打3打点、3番キム・ハソンが3安打と活躍。ハン・ギジュが1回5失点で降板したサムソンは7位に後退。サムソン打線では1番キム・ホンゴンが3安打と活躍。


KT 4−5 NC  (馬山)
(勝)ミン・テホ 1勝  (セーブ)イ・ミンホ 1勝1敗5S  (敗)イ・ジョンヒョク 3敗1S
本塁打) KT : パク・キョンス 13号  NC : キム・ソンウク 10号、クォン・ヒィドン 1号
 NCは1回裏にKTの先発ニッパートから2番ノ・ジンヒョクと3番ナ・ソンボムのタイムリーで2点を先制した。KTは2回表にNCの先発ク・チャンモから6番イ・ジニョンの内野ゴロの間に1点を返し、相手のエラーと8番チャン・ソンウのタイムリーで3-2と逆転した。KTは6回表にパク・キョンスの本塁打で1点を追加し、NCは6回裏に7番キム・ソンウクの本塁打で1点を返した。NCの2番手ユン・スホ、3番手ミン・テホは追加点を与えなかった。
 NCは8回裏にKTの2番手シム・ジェミンから5番クォン・ヒィドンの本塁打で4-4の同点に追いつき、代わった3番手イ・ジョンヒョクから代打イ・サンホの内野ゴロの間に逆転した。4番手イ・ミンホは9回表に相手の反撃を断ち、最下位NCは4連勝となった。ミン・テホは2016年6月以来の勝利。NC打線ではクォン・ヒィドンとキム・ソンウクが3安打1本塁打1打点と活躍。9位KTは5連敗。