DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

   ハンファ単独2位浮上  4位キア4連勝

トゥサン 7−8 ハンファ  (大田)
(勝)チョン・ウラム 2勝17S  (敗)キム・ジョンフ 1敗
本塁打) ハンファ : ホイング 13,14号、キム・テギュン 5号
 トゥサンは2回表にハンファの先発キム・ジェヨンから8番パラデス(元千葉ロッテ)のタイムリーで1点を先制した。ハンファは3回裏にトゥサンの先発フランコフから相手の暴投、3番ソン・グァンミンのタイムリー、4番ホイングと5番キム・テギュン(元千葉ロッテ)の2者連続本塁打で5-1と逆転すると、4回裏に2番チョン・グヌのタイムリーで1点を追加しフランコフをノックアウトした。トゥサンは7回表に代打リュ・ジヒョクのタイムリーなどで2点を返し、2番手ヒョン・ドフンは7回裏まで無失点に抑えた。
 トゥサンは8回表にハンファの2番手アン・ヨンミョン、3番手ソ・ギュンからチャンスを作り、代わった4番手ソン・ウンボムから6番オ・ジェウォン、7番オ・ジェイルのタイムリーで7-6と逆転し、3番手キム・スンフェ、4番手イ・ヒョンスンと継投策をとった。ハンファは9回裏にトゥサンの5番手パク・チグクからホイングのこの試合2本目の本塁打で7-7の同点に追いつき、試合は延長戦に突入した。ハンファの5番手パク・サンウォンは10回表途中まで、6番手チョン・ウラムは11回表まで無失点に抑えた。
 ハンファは11回裏にトゥサンの6番手キム・ジョンフから3番ソン・グァンミンのタイムリーでサヨナラ勝ちし、同率だったSKが敗れたため単独2位に浮上した。ハンファ打線ではホイングが3安打2本塁打3打点と活躍。首位トゥサン打線ではオ・ジェウォンが3安打3打点と活躍。


ネクセン 10−4 SK  (仁川)
(勝)シン・ジェヨン 3勝4敗  (セーブ)キム・ドンジュン 1勝1S  (敗)サンチェス 4勝2敗
本塁打) ネクセン : パク・トンウォン 6号、チョイス 10号、イ・テックン 2号  SK : ロマック 15号、キム・ドンヨプ 11号
 ネクセンは1回表にSKの先発サンチェスから相手のエラーなどで2点を先制し、2回表に9番パク・トンウォンの本塁打で1点、3回表に4番チョイスの本塁打で1点を追加した。SKは4回裏にネクセンの先発シン・ジェヨンから4番ロマック(元横浜DeNA)の本塁打で3点を返した。ネクセンは7回表にSKの2番手ペク・インシクから3番イ・テックンの本塁打、代わった3番手イ・スンジンから代打パク・ピョンホと1番キム・ギュミンへの押し出しの四球で計3点を追加した。
 ネクセンは8回表にSKの4番手イム・ジュンヒョクから6番キム・ミンソンと7番ソン・ソンムンのタイムリーで2点を追加した。SKは8回裏にネクセンの2番手キム・ドンジュンから代打キム・ドンヨプの本塁打で1点を返した。ネクセンは9回表にSKの5番手パク・チョンべから2番イム・ビョンウクのタイムリーで1点を追加して勝利し、LGと同率5位に浮上した。6回を3失点に抑えたシン・ジェヨンは3勝目。ネクセン打線ではチョイスが3安打1本塁打1打点、イム・ビョンウクが3安打1打点と活躍。サンチェスが6回4失点に抑えるもSKは6連敗で単独3位に後退。
 

KT 5−8 キア  (光州)
(勝)ハン・スンヒョク 2勝2敗  (セーブ)イム・チャンヨン 3S  (敗)チュ・グォン 1勝3敗
本塁打) KT : カン・ベッコ 7号  キア : イ・ボムホ 6号、キム・ジュチャン 7号
 KTは1回表にキアの先発ハン・スンヒョクから4番ファン・ジェギュンの内野ゴロの間に1点を先制した。キアは3回裏にKTの先発チュ・グォンから相手のミスや5番イ・ボムホ(元福岡ソフトバンク)の本塁打で5-1と逆転し、4回裏に3番キム・ジュチャンの本塁打で3点を追加した。KTは5回表に8番チャン・ソンウのタイムリー、1番カン・ベッコの2試合連続本塁打で3点を返し、2番手キム・サユルは7回裏まで無失点に抑えた。
 キアは7回表から2番手ユ・スンチョル、8回表途中から3番手シム・ドンソプを登板させた。KTの3番手リュ・ヒィウンは追加点を与えなかった。KTは9回表にキアの4番手イム・チャンヨン(元東京ヤクルト)から相手の暴投で1点を返したが、4位キアが4連勝となった。6回を3失点に抑えたハン・スンヒョクは2勝目。キア打線ではキム・ジュチャンが3安打1本塁打4打点、2番チェ・ジョンミンが3安打1打点、1番イ・ミョンギが3安打と活躍。8位KTではチュ・グォンが5回7失点と振るわなかった。

 
ロッテ 4−10 サムソン  (大邱
(勝)キム・スンヒョン 1勝3敗   (敗)オ・ヒョンテク 1勝1敗
本塁打) ロッテ : チョン・ジュヌ 3号、ソン・アソプ 6号  サムソン : カン・ミンホ 8号
 ロッテは1回表にサムソンの先発ユン・ソンファンから1番チョン・ジュヌの先頭打者本塁打、3番ソン・アソプの本塁打で2点を先制した。ロッテの先発デュブロントは無失点を続け、6回表に5番イ・ビョンギュのタイムリー、6番チョン・フンの犠牲フライで2点を追加した。サムソンは7回表から2番手キム・スンヒョンを登板させ、7回裏にロッテの2番手チン・ミョンホから3番イ・ウォンソクのタイムリーなどで2点を返し、代わった3番手オ・ヒョンテクから4番ラフのタイムリー、5番カン・ミンホの本塁打で5-4と逆転した。
 3番手ウ・ギュミン、4番手チェ・チュンヨンは無失点に抑え、サムソンは8回裏にロッテの4番手イ・ミョンウからチャンスを作り、代わった5番手ペ・ジャンホからイ・ウォンソクのタイムリー、6番手の大卒新人チョン・ソンジョンからカン・ミンホの犠牲フライなどで計5点を追加した。5番手チャン・ピルジュンは9回裏に相手の反撃を断ち、9位サムソンが勝利した。キム・スンヒョンはプロ3年目にして初勝利。サムソン打線ではカン・ミンホが1本塁打3打点、イ・ウォンソクが3打点と活躍。ロッテは7位に後退。


NC 1−6 LG  (ソウル・蚕室)
(勝)イム・チャンギュ 6勝3敗  (敗)ク・チャンモ 1勝4敗
 NCは3回表にLGの先発イム・チャンギュから3番パク・ミヌの犠牲フライで1点を先制した。LGは4回裏にNCの先発ク・チャンモから4番キム・ヒョンスの犠牲フライで1-1の同点に追いつき、6回裏にキム・ヒョンスの犠牲フライ、5番チェ・ウンソンのタイムリーで3-1と逆転した。LGは7回表から2番手チェ・ソンフンを登板させ、7回裏にNCの2番手ウォン・ジョンヒョンから3番パク・ヨンテクのタイムリー、代わった3番手ノ・ソンホから5番チェ・ウンソン、6番ヤン・ソックァンのタイムリーで計3点を追加した。
 LGの3番手キム・ジヨンは8回表を無失点に抑えた。NCの4番手ユ・ウォンサンは追加点を与えなかった。4番手チェ・ドンファンは9回表に相手の反撃を断ち、LGが勝利しネクセンと同率5位に浮上した。6回を1失点に抑えたイム・チャンギュは6勝目。LG打線ではチェ・ウンソンが3安打2打点と活躍。ク・チャンモが6回を3失点に抑えたが、打線が援護できなかった最下位NCは3連敗。