DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2020年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

   SK3位浮上  

トゥサン 5−11 キア  (光州)
(勝)ヤン・ヒョンジョン 9勝3敗  (敗)ハム・トクチュ 3勝6敗
本塁打) トゥサン : チェ・ジュファン 5号  キア : アン・チホン 9号、キム・ジュチャン 3号
 キアは2回裏にトゥサンの先発ハム・トクチュから相手の暴投、8番ハン・スンテクのタイムリーで2点を先制した。トゥサンは3回表にキアの先発ヤン・ヒョンジョンから1番チェ・ジュファンの本塁打で2-2の同点に追いついたが、キアは3回裏に5番アン・チホンのタイムリーで2点を勝ち越した。トゥサンは3回表に8番エバンス(元東北楽天)の内野ゴロの間に1点を返したが、キアは5回裏にトゥサンの2番手イ・ヨンハからアン・チホンの本塁打、代わった3番手キム・ガンニュルから9番キム・ソンビンのタイムリーで計2点を追加した。
 キアは7回裏にトゥサンの4番手キム・ソンベからキム・ソンビン、1番イ・ミョンギのタイムリー、2番キム・ジュチャンの本塁打で5点を追加した。トゥサンは8回表にキアの2番手ハン・スンヒョクから6番ミン・ビョンホンの犠牲フライ、7番オ・ジェイルのタイムリーで2点を返し、5番手アン・ギュヨンは追加点を与えなかった。3番手シム・ドンソプが9回表に相手の反撃を断ち、首位キアが勝利した。7回を3失点に抑えたヤン・ヒョンジョンは9勝目。18安打を記録したキア打線ではアン・チホンが4安打1本塁打3打点、キム・ジュチャンが4安打1本塁打2打点、キム・ソンビンが3安打2打点、6番ナ・ジワンが3安打と活躍。トゥサンは4位に後退したが、打線ではチェ・ジュファンが4安打1本塁打2打点と活躍。


NC 6−13 SK  (仁川)
(勝)ケリー 9勝3敗  (敗)イ・ジェハク 3勝4敗
本塁打) NC : キム・ソンウク 1号、ナ・ソンボム 11号、チ・ソックン 5号  SK : ハン・ドンミン 22号、イ・ジェウォン 5号、チェ・ジョン 25号
 NCは1回表にSKの先発ケリーから2番キム・ソンウクの本塁打、4番ナ・ソンボムのタイムリーで2点を先制した。SKは2回裏にNCの先発イ・ジェハクから1番ノ・スグァンへの押し出しの四球、2番ナ・ジュファン、3番チェ・ジョンのタイムリー、4番ハン・ドンミンの本塁打で7-2と逆転した。さらに3回裏に8番イ・ジェウォンの本塁打で2点を追加しイ・ジェハクをノックアウトすると、代わったNCの2番手チョン・スミンからナ・ジュファンのタイムリー、チェ・ジョンの本塁打(個人通算250本塁打)で13-2とリードを広げた。ケリーは2回表以降無失点に抑え、7回表から2番手チェ・ビョンニョンが登板した。
 NCは8回表にSKの3番手キム・デユからナ・ソンボムの2試合連続本塁打で2点を返した。この回代わったSKの4番手チョン・ユスは無失点に抑えたが、NCはSKの?番手ソ・ジニョンから8番チ・ソックンの本塁打でもう2点を返し、3番手イム・ジョンホ、4番手ウォン・ジョンヒョンは追加点を与えなかった。6番手キム・ジュハンが9回表に相手の反撃を断ち、SKが勝利し3位に浮上した。6回を2失点に抑えたケリーは9勝目。SK打線ではチェ・ジョンが3安打1本塁打4打点、ナ・ジュファンが3打点、7番チョン・ウィユンが3安打、2位NC打線ではナ・ソンボムが3安打1本塁打3打点、チ・ソックンが3安打1本塁打2打点と活躍。
 

サムソン 5−1 LG  (ソウル・蚕室)
(勝)ラナウド 2勝  (セーブ)チャン・ピルジュン 2勝5敗8S  (敗)リュ・ジェグク 7勝4敗
本塁打) サムソン : ラフ 13号
 LGは1回裏にサムソンの先発ラナウドから3番パク・ヨンテクの犠牲フライで1点を先制した。サムソンは3回表にLGの先発リュ・ジェグクから4番ラフのタイムリー、相手の暴投、6番イ・ウォンソクのタイムリーで3-1と逆転し、5回表にラフの2試合連続本塁打で1点を追加した。サムソンは6回裏から2番手チェ・チュンヨンを登板させ、7回表にLGの2番手シン・ジョンナクからチャンスを作り、代わった3番手チン・ヘスから3番ク・ジャウクのタイムリーで1点を追加した。
 LGの4番手チョン・チャンホンは追加点を与えなかった。3番手チャン・ピルジュンが相手の反撃を断ち、9位サムソンが勝利した。5回を1失点に抑えたラナウドは2勝目。サムソン打線ではク・ジャウクが3安打1打点、1番パク・ヘミンが3安打と活躍。LGは打線が沈黙し5位に後退。


ネクセン 12−13 ハンファ  (大田)
(勝)チョン・ウラム 4勝2敗11S  (敗)キム・サンス 2敗8S
本塁打) ネクセン : キム・ミンソン 8号、キム・ハソン 10号  ハンファ : ロサリオ 18号、チョン・グヌ 6号、ハ・ジュソク 6号、チェ・ジェフン 1号、イ・ソンヨル 9号
 ネクセンは1回表にハンファの先発ペ・ヨンスから4番キム・ハソン、5番キム・ミンソンのタイムリーで2点を先制した。ハンファは1回裏にネクセンの先発ブリガム(元東北楽天)から4番ロサリオの本塁打で2-2の同点に追いついた。ネクセンは2回表に2番ソ・ゴンチャンのタイムリーで1点を勝ち越し、3回表にキム・ミンソンの本塁打で1点を追加した。ハンファは3回裏に2番ハ・ジュソク、6番キム・ギョンオンのタイムリーで5-4と逆転した。ネクセンは4回表にハンファの2番手チャン・ミンジェから3番ユン・ソンミンへの押し出しの四球、キム・ハソンの満塁本塁打で9-5と逆転した。ハンファも4回裏に1番チョン・グヌの本塁打で1点を返した。
 ネクセンは5回表にハンファの3番手シム・スチャンから1番の高卒新人イ・ジョンフ、ソ・ゴンチャンのタイムリーで2点を追加し、ハンファは5回裏に9番ヤン・ソンウのタイムリーで1点を返した。ネクセンは6回表に8番パク・トンウォンのタイムリーで1点を追加し、2番手チョ・サンウは6回裏まで無失点に抑えた。ハンファは7回裏にネクセンの3番手オ・ジュウォンからハ・ジュソクの本塁打で2点を返し、8回裏にネクセンの4番手ハ・ヨンミンから途中出場の8番チェ・ジェフンのトゥサン在籍時の2014年7月以来となる本塁打で12-12の同点に追いついた。ハンファの4番手イ・ドンゴルは9回表まで無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。
 5番手チョン・ウラムが10回表を無失点に抑え、8位ハンファは10回裏にネクセンの5番手キム・サンスから5番イ・ソンヨルの本塁打で逆転サヨナラ勝ちした。16安打を記録したハンファ打線ではハ・ジュソクが4安打1本塁打3打点、イ・ソンヨルが3安打1本塁打1打点と活躍。20安打を記録するもリリーフが機能しなかった6位ネクセン打線ではソ・ゴンチャンが5安打2打点、イ・ジョンフが4安打1打点、キム・ハソンが1本塁打5打点、キム・ミンソンが3安打1本塁打2打点、パク・トンウォンが3安打1打点と活躍。
 

ロッテ 3−10 KT  (水原)
(勝)リュ・ヒィウン 2勝2敗  (敗)ノ・ギョンウン 2敗
本塁打) KT : ユ・ハンジュン 8号  ロッテ : イ・ウミン 4号
 ロッテは1回表にKTの先発リュ・ヒィウンから2番ソン・アソプ、5番キム・ムンホのタイムリーで2点を先制した。KTは1回裏にロッテの先発ノ・ギョンウンから3番ユ・ハンジュンの2試合連続本塁打、6番シム・ウジュン、7番オ・テゴンのタイムリーで5-2と逆転し、3回裏にロッテの2番手アディトンから1番の新外国人ロハスの犠牲フライなどで2点を追加した。ロッテは4回表に代打イ・ウミンの本塁打で1点を返した。KTは6回表から2番手チュ・グォン、3番手シム・ジェミンを登板させ、7回裏にロッテの3番手ペ・ジャンホからオ・テゴンのタイムリーで1点を追加した。
 KTの4番手イ・サンファは8回表を無失点に抑え、8回裏にロッテの4番手パク・チンヒョンから途中出場の2番ハ・ジュンホ、途中出場の5番イ・デヒョンのタイムリーで2点を追加した。5番手キム・ジェユンが9回表に相手の反撃を断ち、最下位KTが6連敗から脱出した。5回を3失点に抑えたリュ・ヒィウンが2勝目。KT打線ではオ・テゴンが3安打3打点、5番イ・ジニョンが3安打と活躍。7位ロッテは先発ノ・ギョンウンが1回5失点で降板し主導権を握れなかった。