DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2020年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

  首位キア4連勝

キア 7−5 ロッテ  (釜山・社稷
(勝)ヤン・ヒョンジョン 8勝3敗  (セーブ)キム・ユンドン 2勝1敗7S  (敗)キム・ウォンジュン 3勝5敗
本塁打) キア : アン・チホン 7号  ロッテ : カン・ミンホ 11号、チェ・ジュンソク 7号、ソン・アソプ 7号
 キアは3回表にロッテの先発キム・ウォンジュンから2番キム・ジュチャンのタイムリーで1点を先制し、4回表に5番アン・チホンの本塁打で1点を先制した。キアは6回表に9番キム・ソンビンのタイムリーで1点を追加しキム・ウォンジュンをノックアウトすると、代わったロッテの2番手イ・ミョンウは代打ナ・ジワンに死球を与え、両チームベンチ総出の騒ぎとなった。この回代わった3番手の大卒新人カン・ドンホからキム・ジュチャン、4番チェ・ヒョンウのタイムリーで4点を追加した。ロッテは7回裏にキアの先発ヤン・ヒョンジョンから7番カン・ミンホの4試合連続本塁打で1点を返した。
 ロッテは8回裏にキアの2番手キム・グァンスから5番チェ・ジュンソクの本塁打などで2点、9回裏にキアの3番手コ・ヒョジュンから1番ソン・アソプの本塁打で1点を返した。さらにキアの4番手ソン・ヨンミンからチャンスを作り、代わった5番手キム・ユンドンから6番キム・サンホへの押し出しの四球でもう1点を返したが、首位キアが逃げ切り4連勝となった。7回を1失点に抑えたヤン・ヒョンジョンは8勝目。キア打線ではキム・ジュチャンが3打点、キム・ソンビンが3安打1打点、3連敗となった7位ロッテ打線では3番チョン・ジュヌが3安打と活躍。


NC 9−8 ネクセン  (ソウル・高尺)
(勝)ウォン・ジョンヒョン 2勝2敗  (セーブ)イム・チャンミン 1勝20S  (敗)ハ・ヨンミン 1勝1敗
本塁打) ネクセン : コ・ジョンウク 2号
 NCは2回表にネクセンの先発シン・ジェヨンから8番キム・ソンウクの犠牲フライで1点を先制し、4回表にネクセンの2番手キム・セヒョンからキム・ソンウク、9番キム・テグンのタイムリー、4番パク・ソンミンのタイムリー、代わった3番手ユン・ヨンサムから5番モ・チャンミン、6番クォン・ヒィドンのタイムリーで計6点を追加した。ネクセンは4回裏にNCの先発ハッカーから相手のエラー、6番コ・ジョンウクのタイムリー、7番キム・ミンソンの犠牲フライで3点を返した。ネクセンは6回裏にキム・ミンソンのタイムリーで2点を返し、7回裏にNCの2番手イ・ミンホから2番キム・ウンビンのタイムリーで1点差とし、5番ユン・ソンミンの併殺打の間に7-7の同点に追いついた。
 NCの3番手ウォン・ジョンヒョンは9回裏まで無失点に抑え、試合は延長戦に突入した。NCは10回表にネクセンの3番手ハ・ヨンミンからチャンスを作り、代わった4番手キム・サンスから3番パク・ミヌ、パク・ソンミンのタイムリーで2点を追加した。ネクセンは10回裏にNCの4番手イム・チャンミンからコ・ジョンウクの本塁打で1点差としたが、2位NCが逃げ切り勝利した。イム・チャンミン最多セーブ争い単独トップの20セーブ目。先発全員安打の15安打を記録したNC打線ではパク・ソンミンが3安打3打点、6位ネクセン打線ではキム・ミンソンが3安打3打点と活躍。

 
LG 12−6 トゥサン  (ソウル・蚕室)
(勝)チャ・ウチャン 6勝4敗  (敗)ハム・トクチュ 3勝5敗
本塁打) LG : イ・ヒョンジョン 4号、パク・ヨンテク 3号  トゥサン : チェ・ジュファン 4号
 トゥサンは1回裏にLGの先発チャ・ウチャンから3番パク・コヌ、4番キム・ジェファンのタイムリー、6番チェ・ジュファンの本塁打で4点を先制した。LGは2回表にトゥサンの先発ハム・トクチュから8番チョ・ユンジュン、9番ソン・ジュインのタイムリーで3点を返すと、3回表に7番オ・ジファンのタイムリーで5-4と逆転し、4回表に1番イ・ヒョンジョンの本塁打で1点を追加した。トゥサンは5回表から2番手の高卒新人パク・チグクを登板させた。LGは6回表にトゥサンの3番手キム・ガンニュルからイ・ヒョンジョンのタイムリーで1点を追加した。
 LGは7回表にトゥサンの4番手キム・スンフェからチョ・ユンジュンのタイムリーで2点、8回表にトゥサンの5番手キム・ソンベから3番パク・ヨンテクの本塁打で1点を追加した。トゥサンも8回裏にLGの2番手イ・ドンヒョンからチェ・ジュファン、7番オ・ジェイルのタイムリーで2点を返した。LGは9回表にトゥサンの6番手アン・ギュヨンからヤン・ソックァンの犠牲フライ、5番チェ・ウンソンのタイムリーで2点を追加した。3番手チョン・チャンホン、4番手ユン・ジウンの継投で相手の反撃を断ち、4位LGが勝利した。
 6回4失点ながら打線の援護を受けたチャ・ウチャンは6勝目。18安打を記録したLG打線ではチェ・ウンソンが4安打1打点、イ・ヒョンジョンが3安打1本塁打2打点、オ・ジファンが3安打2打点、チョ・ユンジュンが3打点、3位トゥサン打線ではチェ・ジュファンが1本塁打3打点と活躍。


ハンファ 3−4 SK  (仁川)
(勝)パク・チョンフン 6勝3敗  (セーブ)キム・ジュハン 3勝1敗3S  (敗)キム・ジェヨン 1勝2敗
本塁打) SK : チェ・ジョン 21,22号 
 SKは1回裏にハンファの先発キム・ジェヨンから3番チェ・ジョンの3試合連続本塁打で3点を先制した。ハンファは2回表にSKの先発パク・チョンフンから6番ソン・グァンミン、7番ヤン・ソンウのタイムリーで2点を返した。SKは3回裏にチェ・ジョンの2打席連続本塁打で1点を追加した。ハンファは6回裏から2番手カン・スンヒョン、7回裏から3番手パク・チョンジンを登板させ追加点を与えなかった。SKの2番手パク・チョンべは7回表途中から8回表まで無失点に抑えた。
 ハンファの4番手シム・スチャンは8回裏を無失点に抑え、9回表にSKの3番手キム・ジュハンからヤン・ソンウのタイムリーで1点を返した。だが5位SKが逃げ切り勝利した。7回途中まで2失点に抑えたパク・チョンフンは6勝目。SK打線ではチェ・ジョンが本塁打王争いトップの22号など2本塁打4打点、4番ハン・ドンミンが3安打、8位ハンファ打線ではヤン・ソンウが3安打2打点、ソン・グァンミンが3安打1打点と活躍。


KT 2−6 サムソン  (浦項
(勝)キム・デウ 1勝3敗  (セーブ)チャン・ピルジュン 2勝5敗6S  (敗)フィアベンド 7勝4敗
本塁打) サムソン : ク・ジャウク 14号
 サムソンは1回裏にKTの先発フィアベンドから4番ラフのタイムリーで2点を先制し、3回裏に3番ク・ジャウクの本塁打で2点を追加した。KTは5回表にサムソンの先発キム・デウから7番チャン・ソンウのタイムリーで1点、6回表にサムソンの2番手イム・ヒョンジュンからチャンスを作り、代わった3番手シム・チャンミンから4番の新外国人ロハスのタイムリーで1点を返した。サムソンは6回裏に6番キム・ジョンヒョクのタイムリーで1点を追加した。
 サムソンは7回裏にKTの2番手カン・ジャンサンからラフへの押し出しの四球で1点を追加し、4番手チェ・チュンヨンは8回表を無失点に抑えた。KTの3番手イ・サンファは追加点を与えなかった。5番手チャン・ピルジュンは9回表に相手の反撃を断ち、最下位サムソンが勝利した。5回まで1失点に抑えたキム・デウは、ネクセン在籍時の2014年8月以来となる先発勝利。サムソン打線ではラフが3打点と活躍。9位KTでは先発フィアベンドが6回5失点と不調だった。