DAILY KOREAN PRO BASEBALL 2

1982年に発足し、2019年時点で10球団が加盟する韓国野球委員会(KBO)による韓国のプロ野球リーグ(通称KBOリーグ)に関するブログ。レギュラーシーズン、ポストシーズン(韓国シリーズなど)の試合速報や球団別の情報、現役プロ選手が含まれる野球韓国代表が出場する国際大会の情報などもお伝えします。 twitter : @kbodigest

  第6回 SKワイバーンズ

 2013年は前半出遅れたことで、7年ぶりにポストシーズン進出に失敗し韓国シリーズ連続出場も6年で途切れてしまった。2013年最多勝投手となったが日本プロ野球・読売へと移籍した外国人左腕セッドンのみならず、オフには長年トップバッターとして3度の優勝に貢献してきたチョン・グヌもハンファへFA(フリーエージェント)で移籍し、戦力の低下が心配されている。


【投手陣】

〈先発〉 
△キム・グァンヒョン、ユン・ヒィサン、△レイエス、◎ウルフ、ペク・インシク
〈中継ぎ〉
イ・ジェヨン、パク・チョンベ、チョン・ユス、イム・ギョンワン、ヨ・ゴヌク、△チン・ヘス、◎パク・ミンホ
〈抑え〉
△パク・ヒィス

注 : ◎は新加入、△は左腕
 毎年病気や故障などで開幕に間に合わなかったエース格のキム・グァンヒョンがすでに29日の開幕戦(対ネクセン)で開幕投手に指名されるなど、例年になく状態がよい。ただ2013年14勝した最多勝左腕セッドン(読売での登録名はセドン)の代役となる外国人投手となると厳しく、新外国人ウルフは示範競技などで結果を残せていない。そうなると2年目の外国人左腕レイエスへの期待が高まる。また右腕のユン・ヒィサンも安定した成績を残すだろう。
 リリーフ陣は右腕ばかりで左腕が少ない。以前と比べて層が薄くなっていて、2014年も投手陣のやりくりには苦労しそうだが、パク・ヒィスの球威が衰えていなければ何とかそこまでつなぐ必勝リレーを確立したい。


【打撃陣】

〈ベストオーダー〉
1.キム・ガンミン(中) 
2.パク・チェサン(右) △ 
3.チェ・ジョン(三)   
4.スコット(指) △◎ 
5.ナ・ジュファン(二)
6.パク・チョングォン(一)△ 
7.キム・サンヒョン(左)
8.チョン・サンホ(捕)
9.パク・チンマン(遊)

〈控え〉
(捕手) チョ・インソン、イ・ジェウォン
(内野手) キム・ソンヒョン、シン・ヒョンチョル、△パク・ケェヒョン、チョ・ソンウ、キム・ヨンフン
(外野手) △チョ・ドンファ、△キム・ジェヒョン、イム・フン、△ハン・ドンミン

注 : △は左打者。

 チョン・グヌの代役となるセカンドは、以前ショートのレギュラーだったナ・ジュファンがつとめることになりそうだ。代わりに1番打者は長年外野のレギュラーとして活躍してきたキム・ガンミンで、パンチ力と確実性を備えている。2013年チームの二冠王(28本塁打、83打点)だったチェ・ジョンが3番に回り、メジャーリーグ通算135本塁打の左の大砲スコットが4番に座ると、破壊力のある打線となる。また2009年本塁打・打点の二冠王だったキム・サンヒョンも、キアからSKに来て1年近くたちかつての打撃を取り戻しつつある。
 上位から下位まで切れ目のない打線ができあがりつつあるが、反面控えの層がかなり薄く、主力に故障者が出た場合はかなり苦しい戦いを強いられそうだ。



 2012年よりSKを率いるイ・マンス監督にとって、3年目の2014年シーズンは自身の進退をかけた1年となる。ようやく自分好みの攻撃的な野球で、2年ぶりのポストシーズン進出なるか、そして新たな黄金時代への第一歩となるか注目したい。


【本拠地】 仁川・文鶴野球場

 2002年に開場した、総天然芝の美しい野球場。2007年から「Spo-tainment」のキャッチフレーズを掲げ、球場のテーマパーク化を進め、球場内の通路には子供のための遊戯施設もある。球場の南側に小高い山があり、緑豊かな環境のため、レフト外野に芝生席の「グリーンゾーン」も設置されるなど、地球にやさしい「グリーンスポーツ」もテーマとしている。2014年は選手のロッカールームがメジャーリーグ式のゆったりしたものに改装された。
 また、2014年9月後半には仁川アジア大会の会場となる予定で、プロ選手からなる野球韓国代表が大会2連覇をかけて他のアジアのライバルたちと戦うことになっている(出場国・試合日程などは3月24日現在未定)。優勝すればまだ軍へ入隊していない選手たちは兵役免除の恩典を受けられるため、プロ野球は9月中旬でいったん公式戦を中断することになっている。

 2014年シーズンの入場料金は一般席9000ウォン、椅子指定席15000ウォン、テーブル指定席は上部25000ウォン・下部30000ウォン、応援指定席12000ウォンなど。内野ファミリーゾーンは1人当たり20000ウォン)、外野ファミリーゾーンは1人当たり15000ウォン。ファミリーゾーンは内外野ともに4人席か5人席。バーベキューゾーンは1人当たり20000ウォン(4人から8人席)。外野パーティデッキは1人当たり15000ウォン(4人・6人・8人)。カップル席(2人)は30000ウォン。外野グリーンゾーンの8人テーブル席は96000ウォン。
(3月24日現在の為替レート:1万ウォンが約951円。)











[交通アクセス]
 仁川地下鉄1号線・文鶴競技場(ムナクキョンギジャン)駅から徒歩5分。すぐ裏には文鶴競技場があり、周囲にはパク・テファン水泳場など2014年9-10月に予定されている仁川アジア大会の競技会場建設が進んでいる。
 ソウル駅からは仁川方面への首都圏電鉄線の電車に乗り、富平(プピョン)駅で仁川地下鉄1号線に乗り換えて1時間程度で到着。仁川国際空港からは、空港鉄道(A`REX)に乗り桂陽(ケェヤン)駅で仁川地下鉄1号線に乗り換え、1時間10分程度で到着。また、文鶴競技場前のバス停留所に止まる仁川空港からのバスもある(所要時間1時間前後)。ソウル・金浦(キムポ)空港からも空港鉄道と仁川地下鉄1号線で行くことができ、所要時間45分程度。
 また、国内各都市から近くの仁川総合バスターミナルまで高速バスの便があり、同ターミナルから文鶴競技場駅までは仁川地下鉄1号線で1駅しか離れていないため、大田や光州などの地方都市へのアクセスがよい。また球場周辺には目だった飲食店や店舗はなく、文鶴競技場駅付近には野球開催日になると屋台などが軒を並べる。

(文責:ふるりん